出生届の必要書類は?書き方や提出期限は?3つの注意点も!

赤ちゃんが生まれるとしなければならない手続きはたくさんあります。中でも最初にしないといけないのが出生届です。しかし、書き方や提出期限、必要なものに必要書類など初めてだと分からないことも。今回は出生届の書き方や必要書類・届けに必要なものなどについてご紹介します。

目次

  1. 出生届の必要書類や必要なものは?
  2. 出生届はどこでもらえるの?
  3. 出生届の書き方
  4. 出生届の提出期限は?
  5. 出生届はどこに、誰が提出するの?
  6. 出生届の3つの注意点
  7. 出生届と同時に申請できる手続きと必要書類
  8. こんなときどうすればいい?
  9. 出生届は親としての第一歩

出生届の必要書類や必要なものは?

出産し育児に追われる中でも産後、すぐにしないといけない手続きはたくさんあります。中でも一番初めに行う「出生届」は赤ちゃんを戸籍に載せる公的な手続きです。この手続きによって赤ちゃんが生まれたことを認められ、住民票の登録や健康保険証の取得・児童手当などの手当・マイナンバーなどの手続きをすることができます。

提出時の必要書類は?

shi_n1209さんの投稿
15338549 239278269827631 1449388017419550720 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

出生届を提出するまえの準備としては、出生届と出生証明書を用意する必要があります。これは住んでいる地域の役所でもらうこともできますし、ダウンロードのうえ自宅で印刷したものを使用することもできます。

このように事前に用意することができるので、出産がおわってからあわてておこなうよりも外出のついでや家でのネットサーフィンのついでに入手できますね。

提出時に必要なもの

出生届を申請する際には、上記の必要書類を記入し書類と一緒に以下のものをもって提出します。受付に行って、必要なものが足りずに申請できなかったということがないよう注意しましょう。

●届出人の印鑑
●母子健康手帳
●身分証明書
●国民健康保険証(加入者)

届出人の印鑑はシャチハタ以外の認印です。提出時に訂正等で使用する場合がありますので、出生届に押印したものと同じ印鑑を持っていくようにしましょう。同時に児童手当などの各手当の申請などを行う場合は追加で必要なものもあります。育児が始まると慌ただしくなるので、出産するまでに確認するとスムーズに行えます。

病院に書いてもらう必要書類も

必要書類の一つである出生証明書は出生届と一体になっていて、用紙の右側部分のことです。この部分は保護者が記入するのではなく、赤ちゃんが生まれた産院などで医師や助産師さんに記入してもらいます。記入ミスの訂正も産院にしてもらわないといけないので、出産後に出生証明書をもらったときに間違いがないかしっかり確認しましょう。

出生届はどこでもらえるの?

出生届の用紙は、前述のとおり役所でもらうことができます。出生届に窓口でたずねてみるとよいですね。用紙をもらうだけなので本人だけでなく代理人がもらうことも可能です。また、窓口でもらうだけでなく各自治体のホームページでダウンロードすることも可能なので、なかなか役所まででかける時間がないという場合はこちらをおすすめします。

また、産院のほうで準備があり出生証明書を記入したものを入院中にもらえる場合も。それについては妊婦健診の際に確認してみるのがおすすめです。産院で準備がない場合は、産院で出生証明書の記入が必要な箇所のために一度渡す必要があります。産後になってからあわてなくて済むように出産前に確認しておきましょう。

出生届の書き方

出生届は赤ちゃんのために書く大事な書類です。もし書き間違いがあれば、受け付けてもらえないことや登録が違うなどトラブルが起きる場合がありますので慎重に記入しましょう。

また、今住んでいるところと本籍地が違うなどの場合があります。住民票や戸籍謄本などは産後の準備が難しいので、出産までに準備しておくとスムーズに記入できます。詳しい書き方は次のとおりです。

「届出」に関する項目
●届出年月日…出生届を提出する日。記入した日ではないので注意
●届出先…提出先の都道府県名・市区町村名を「長殿」の前に記入

「生まれた子」に関する項目は以下のとおりです。しっかり確認して正しく記載するように気をつけましょう。

●子の氏名…子供の氏名を記入
●父母との続き柄…子供が嫡出子なのか嫡出でない子なのかをチェック
●男女…何番目の子供かを男女別の順で「長・二」など記入し、男女にチェック
●生まれたとき…赤ちゃんが生まれた年月日を出産証明欄の記載をもとに記入
●生まれたところ…出生証明欄に記載されている出産した産院の住所などを記
●生まれた子の住所…住民登録に載せる住所を記入
●世帯主の氏名…住民票に記載されている世帯主の氏名
●世帯主との続柄…世帯主との続柄(「子」や孫の場合は「子の子」)を記入

子供の名前に使用できる漢字は法律で定められているので、珍しい漢字を使用する場合は使用可能かどうか事前に確認しましょう。また「生まれたところ」と「生まれた子の住所」は間違えやすい項目なので注意が必要です。嫡出子とは結婚しているパパとママの間に生まれた子供のことで、嫡出子でない子は婚姻関係がない間柄に生まれた子供のことです。

atsuko.ayurelaxさんの投稿
25011842 346636389079870 1632919662264057856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

関連する記事