新生児のベビーカーの選び方は?A型B型どっちがおすすめ?体験談も!

ベビーカーは月齢によって適した種類が異なります。そこで今回は、新生児をベビーカーに乗せていた人などの【体験談】とともに、新生児をベビーカーに乗せることができる時期や、新生児に安全なベビーカーの種類は《A型》《B型》どっちかなど、選ぶ際の注意点を紹介します。

目次

  1. そもそも新生児はいつからベビーに乗せてもOK?
  2. 新生児でも安全なベビーカーの種類はA型B型どっち?
  3. 新生児のベビーカーを選ぶ際の注意点!サイズ・車輪など!
  4. 新生児をベビーカーに乗せるのはやっぱり辞めるべき?【体験談】
  5. 赤ちゃんのベビーカーを購入しよう!

そもそも新生児はいつからベビーに乗せてもOK?

ベビーカーは、赤ちゃんと一緒に移動するときに必要な、現代ではなくてはならない育児アイテムの1つです。

ベビーカーは、いくつかのタイプに分かれており、サイズや対応する赤ちゃんの月齢が異なります。販売されているベビーカーの中には、新生児にも対応するタイプもあります。

この記事では、新生児をベビーカーに乗せることはできるのか、ベビーカーの種類と特徴、いつごろからいつごろまで使えるのか、人気のタイプ、選び方などを、先輩ママやパパの口コミもあわせて紹介します。ベビーカーを探す際は参考にしてみてください。

対象年齢が生後1ケ月~となっているベビーカーならOK


赤ちゃんの首がすわる(赤ちゃんの後頭部を支えなくてもグラグラしない状態になる)時期は生後3~4ケ月のころです。とくに、それ以前の新生児期には、脳や骨格に対する衝撃を防ぐために、安全性の高さに配慮された、赤ちゃんをしっかり支えるベビーカーを選ぶ必要があるでしょう。

メーカーが定めている対象月齢が、生後1ケ月~になっているベビーカーであれば、新生児を乗せても問題ありません。いつ頃使えるのかに注目すると決定しやすくなります。

新生児を乗せて移動するためには、安全性の高さに配慮して、首を支えなくても、頭が前後に倒れないように工夫されているベビーカーを選ぶようにしましょう。


新生児でも安全なベビーカーの種類はA型B型どっち?

ベビーカー売り場に行くと、いろいろな種類やサイズのベビーカーがズラリと並んでいます。ベビーカーを探していてよく見聞きするのが「A型ベビーカー」「B型ベビーカー」という言葉です。また「AB型兼用ベビーカー」というタイプも増えてきています。

では、新生児を乗せるのはどの種類のベビーカーがおすすめかについて、それぞれの特徴とともに紹介しましょう。

A型ベビーカーは新生児期の赤ちゃんを寝かせたまま乗せられる

新生児を乗せるのであれば、平たく寝かせられるA型ベビーカーがおすすめです。

A型ベビーカーは「両対面ベビーカー」とも呼ばれます。赤ちゃんを平たく寝かせることができるよう、シートのリクライニングが150°以上になるようにつくられているところが特徴です。

A型ベビーカーが使えるのは新生児生後1~24ケ月

A型ベビーカーが使用できるのは、生後1ケ月から4歳までが一般的です。ただし、赤ちゃんの体重の上限が15kg程度になっているものが多いので、月齢だけではなく、体重が使用可能な範囲かどうかも意識して安全に使用しましょう。

機能面が充実しているA型ベビーカーですが、一般的なB型ベビーカーと比較すると大型で、重量があり、価格も高めとなっていることが多いようです。

B型ベビーカーはコンパクトで持ち運びに便利

B型ベビーカーは「背面ベビーカー」と呼ばれることも多く、シートのリクライニングが100℃までのタイプです。多くのものは、軽くて、コンパクトに折りたためるので、通園の送迎や、ショッピングにも重宝するという点で人気があります。

B型ベビーカーが使えるのは生後7~48ケ月

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

ランキング情報が取得できませんでした。