子供が喜ぶホームパーティーゲーム15選!誕生日やクリスマスに!簡単で幼児も楽しめる!

誕生日やクリスマスにおすすめの子供が喜ぶホームパーティーゲーム15選を紹介します。大人も子供も盛り上がるホームパーティーゲームのそれぞれの遊び方・ルールも詳しく解説します。皆で一緒にゲームを楽しんで素敵なパーティーにしましょう!

目次

  1. 子供が盛り上がるホームパーティーゲームとは?
  2. 子供が喜ぶホームパーティーゲーム15選!誕生日やクリスマスに!
  3. ホームパーティーのゲームに迷ったらアイデアを参考にしよう

4. 言葉探しゲーム

「古今東西」や「山手線ゲーム」とも呼ばれるゲームです。人数が多くても少なくても盛り上がる遊びです。

ルールはお題にあった言葉を言っていくという簡単なものです。前の人が言ったものと同じものは言ってはいけません。子供の年齢を考慮してお題を考えましょう。幼児でも簡単なお題は「動物」や「野菜」「果物」などです。その他子供が好きなアニメやゲームなどのキャラクターの名前でもいいかもしれません。

大人も一緒に参加する場合には、お題によって大人だけ縛りをかけるのもいいでしょう。例えば「動物」のお題で大人は5文字以上の動物の名前などです。また少し大きい幼児であれば、写真のように答えを言う人が風船を持つ、など一工夫するとより盛り上がるでしょう。言葉を探しながら、風船が萎まないようにも気を付けることでドキドキ感が増します。

5. ジェスチャーゲーム

まずはお題を出す人とジェスチャーをする人を決めます。それ以外の人は何のジェスチャーかを当てる人です。お題はジェスチャーをする人だけに教えて、ジェスチャーをする人は皆の前でそのジェスチャーだけでそのお題を皆に伝えます。声を出してはいけません。

ルールは簡単なので、お題の内容を考えれば幼児でもジェスチャー役をすることができます。もちろん大人がジェスチャー役で子どもたちが回答者でも盛り上がるでしょう。たくさん当てられた人には小さな景品やお菓子が出ると更に盛り上がる遊びです。この遊びも人数は多くても少なくても盛り上がります。

6. すごろく

市販のすごろくでもいいのですが、自分たちで作ってみても面白いでしょう。駒には幼児の好きなキャラクターの人形などを使うと盛り上がるでしょう。人数は3人以上がお勧めです。

自分で作る場合にはある程度枠組みは作っておいて、いくつか空白のマスを残しておいて、ゲームを始める前に皆でアイデアを出し合うのも楽しいです。例えば「○○先生に挨拶をほめられた。1マス進む」など知っている人の名前が出てきたり「お友達の誕生日を言えたら1マス進む」などパーティーのコンセプトに合わせた内容があると盛り上がります。

7. マンカラ

聞きなれないかもしれませんが、東南アジアや中近東、アフリカに古くから伝わるゲームです。シンプルな遊びですが奥が深いので大人も盛り上がるゲームです。人数は2人ですが、大人と子供でペアになるなどチーム戦にしてもいいかもしれません。

用意するものは簡単で、小さな皿やゼリーの容器などを14個とおはじきや大き目のビーズなどです。6枚の皿を2列並べて置き、その両端に皿を一つずつ置きます。対戦する人は自分の前にそれぞれ6枚の皿があるように座り、6枚の皿の中にはそれぞれ3個ずつおはじきを入れていきます。両端の皿は空です。これが最初の状態となります。

ルールは、先攻の人が自分の前の一つの皿選んで、そこに入っているおはじきを全部取って、自分のも相手のも含めて反時計回りにおはじきを取った隣の皿から順番におはじきを一個ずつ入れていきます。最後に入れた皿が両端だった時はもう一回自分の番、それ以外の皿の時は相手の番に移ります。先に自分の前の皿からおはじきが全部なくなった人が勝ちです。

8. 輪投げゲーム

輪投げの的は適度な大きさの子供が好きなおもちゃなどでもいいでしょう。輪投げの輪っかは新聞紙を細長くしたものを丸めるだけで簡単に作れます。大人と子供では投げる距離を替えれば一緒に盛り上がることができます。

たくさん的に輪っかを入れられた人に景品やお菓子がもらえるというルールでもいいですし、幼児の年齢によっては輪っかに入りさえすれば全員同じように景品をもらえるようにしてもいいでしょう。人数は何人でも遊べますが、順番にできるように大人が適宜誘導してあげましょう。

9. 箱の中身当てゲーム

1人の人が箱の中にモノを入れ、他の人が箱の中身を触って何かを当てるという簡単なルールです。人数に決まりはないので、箱にモノを入れた人以外皆で触って、わかった人から回答していくのでもいいでしょう。単純なルールですが大人も子供と一緒に盛り上がれる鉄板のパーティーゲームです。

子供に簡単で大人に難しいお題にするなら、子供が好きなおもちゃを入れてみたりするといいかもしれません。子供はすぐにわかっても大人には意外と難しいこともあります。

10. フルーツバスケット

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

ランキング情報が取得できませんでした。