髪を触る癖に隠された心理11個!男性・女性・触り方で真意が違う?癖をやめる方法も!

髪を触るという癖には、単に癖というだけでなく、様々な心理が考えられます。髪の毛を触る人の特徴・性格・心理や、毛先をいじる・掻き毟る・かきあげるなど髪の毛の触り方別に深層心理を紹介します。髪を触る癖のやめ方・改善方法も紹介します。

目次

  1. 髪を触る癖に隠された心理とは?
  2. 髪を触る癖のある人の特徴・性格
  3. 髪を触る11個の心理
  4. 男女によって違う髪を触る心理
  5. 髪の毛の触り方で分かる深層心理
  6. やさしく髪を撫でる人の深層心理
  7. 髪を整える人の深層心理
  8. 毛先をいじる人の深層心理
  9. 髪の毛を掻き毟る人の深層心理
  10. 髪の毛をかきあげる人の深層心理
  11. 髪の毛を強く引っ張る・抜く人は要注意
  12. いつも触っている人も要注意
  13. 髪を触る癖のやめ方・改善方法
  14. 髪を触る癖の心理を理解しよう

女性の場合に見られる髪を触る心理

女性が髪を触る仕草をする場合、すでに紹介しているとおり、「不安」や「緊張」を和らげるためや、甘えたいという心理が働いています。好意を持っている人の前では自然に髪を触っているという事もあります。髪の毛を触ることの共通点は、触って自分を落ち着かせようとする心理が働いています。

また女性の場合、嫌悪感を抱いている人といるときにも髪を整えるような仕草をする場合があります。こういった場面での仕草は防御態勢のひとつといえます。反対に、女性としてのアピールをするためにも髪を触ります。女性の象徴である髪を触って相手にアピールするという役目があります。

髪の毛の触り方で分かる深層心理

髪の毛を触る心理を紹介してきましたが、触り方によっても心理は全く変わってきます。髪の毛を撫でるように触るのと、引っ張るように触るのとでは、隠されている心理が全く変わります。では、触り方によってどのような深層心理が隠されているのでしょうか。

(髪の毛については以下の記事も参考にしてみてください)

【美容師直伝】正しい髪の毛の洗い方&乾かし方!おすすめヘアケア用品も

やさしく髪を撫でる人の深層心理

髪を触る中で一番あるあるな仕草ではないでしょうか。撫でるように髪を撫でたり、気になって髪を整えたりするのはあるあるな行動です。単に髪のセットが気になって触ってしまう場合が多いですが、深層心理では、「安心したい」「緊張しているので落ち着きたい」という心理が働いています。撫でることで自分を安心させようとしているのですね。

髪を整える人の深層心理

髪を触る中でこちらもあるあるな仕草です。初めは髪のセットが気になって触っていたものが、だんだん癖になってしまっている場合が多いです。やはり深層心理では自分を求める仕草です。

毛先をいじる人の深層心理

次に、毛先をいじる場合の深層心理を見ていきましょう。あるあるというような場面での髪を触る癖にはいろんな心理が隠されています。同じ毛先をいじる触り方でも心理が違います。どんな心理が隠されているのでしょうか。

毛先をいじる深層心理①:髪の毛先をくるくる回す触り方

誰かとの会話中などに、毛先を指でくるくるを回す仕草をすることはありませんか。この場面の場合、「退屈だ」または「つまらない」と意識してなくても深層心理では思っています。反対に、集中している場合も無意識に毛先をくるくると触っていることがあります。意外とあるあるの仕草さなので、注意してみると面白いかもしれませんね。

しかし、会話中などに毛先をくるくる回す仕草をされると、相手はあまりいい感情を持たないことが多いです。深層心理なので無意識にしていることが多いですが、もし気が付いたときは、会話中に髪の毛を触るのは辞めたほうが無難でしょう。

毛先をいじる深層心理②:枝毛を探す触り方

会話中に毛先の枝毛を探す女性は結構あるあるではないでしょうか。毛先の枝毛を探す深層心理は「退屈」という意味があります。単に枝毛が気になり、癖になっているだけという方もいらっしゃるかもしれませんが、もし会話中にされたらいいあまりいい気分ではありません。癖になっている方は注意したほうが良いでしょう。

関連する記事