髪を触る癖に隠された心理11個!男性・女性・触り方で真意が違う?癖をやめる方法も!

髪を触るという癖には、単に癖というだけでなく、様々な心理が考えられます。髪の毛を触る人の特徴・性格・心理や、毛先をいじる・掻き毟る・かきあげるなど髪の毛の触り方別に深層心理を紹介します。髪を触る癖のやめ方・改善方法も紹介します。

目次

  1. 髪を触る癖に隠された心理とは?
  2. 髪を触る癖のある人の特徴・性格
  3. 髪を触る11個の心理
  4. 男女によって違う髪を触る心理
  5. 髪の毛の触り方で分かる深層心理
  6. やさしく髪を撫でる人の深層心理
  7. 髪を整える人の深層心理
  8. 毛先をいじる人の深層心理
  9. 髪の毛を掻き毟る人の深層心理
  10. 髪の毛をかきあげる人の深層心理
  11. 髪の毛を強く引っ張る・抜く人は要注意
  12. いつも触っている人も要注意
  13. 髪を触る癖のやめ方・改善方法
  14. 髪を触る癖の心理を理解しよう

髪型を気にして触ったり、つい髪の毛を触るという事はよくある癖ですので、あまり気にする必要はありませんが、人に指摘されるくらい触っていたり、気が付いたら触っているなど、度を越えて髪の毛を触っている、髪を触り続けている場合は注意が必要です。

髪を触ることで自分を安心させる効果があるので、それ自体は悪いことではありませんが、髪をあまりに触っていると「子供っぽい」というイメージを与え、あまりいい印象を相手に与えません。会話中やビジネスシーンなどの場面では気をつけたほうがいいでしょう。

また、髪をあまりに触り続けることは、髪や頭皮を痛めることになります。「抜け毛」「切れ毛」「薄毛」の原因になることもあります。男性女性共に、髪の悩みは精神的にもダメージを与える原因にもなりますので、気になる場合は、何度も触ってしまう癖を治すことを考えたほうがいいでしょう。

髪を触る癖のやめ方・改善方法

髪の毛の触り方や触る事に潜在している心理などをみてきましたが、触りすぎる、抜くなどの触り方が要注意なケースは癖を治した方がよいです。しかし、癖を治すのはなかなか難しいものです。触らないようにするにはどのような方法があるのでしょうか。髪を触る癖のやめ方・改善方法を紹介します。

癖のやめ方・改善方法①:誰かに注意してもらう

髪の毛を触る癖がある人は、意識せずに手で髪をいじったり触れたりしているので自分では気が付きにくいです。そこで、誰かに注意してもらうのも一つの方法です。友達や同僚などに「触っていたら注意してほしい」とお願いしてみましょう。言われてみると、自分でも注意するようになりますよ。

癖のやめ方・改善方法②:自分で意識して治す

自分で髪を触らないよう意識するしてみましょう。髪の毛を触ることが癖になっているので自分で治すことは少し難しいかもしれません。しかし、髪が長ければ結んでみたり、髪を短くしてみたり、帽子をかぶってみる、集中したいときはタオルを頭に巻くなどして、髪を触る機会を強制的に減らすように心がけると、少しずつですが触る場面が減っていくはずですよ。

癖のやめ方・改善方法③:心療内科を受診する

もし、髪を触る原因にストレスなどの心当たりがある人は心療内科を受診するのも一つの方法です。特に髪を抜くなど髪とって悪い触り方をしている場合、ストレスや心的要因になっている物を特定し排除する必要が出てきます。自分で原因を排除することが難しい場合は専門家の意見が必要な場合があります。気になる人は病院で相談してみましょう。

癖のやめ方・改善方法④:潜在意識を利用して治す

髪を触る事をやめたいと思ってもなかなか難しいものです。意識してもなかなかやめられないのは、あるあるですよね。そういった場合は潜在意識を利用してみるのも一つの方法です。髪を触るのはいけない事だと書かれてある本や映像などを繰り返し見ることで脳に教えます。そうすることで、触ることが段々嫌になってきますよ。

髪を触る癖の心理を理解しよう

髪を触る癖の心理を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。髪の毛を触るのはあるあるな癖ですが、複雑な心理が隠れている場合があり、また、会話中にされるとあまりいい印象のある癖ではありません。心的な要因で触っている場合は専門家の知識が必要になります。癖と侮らず、どんな心理があるか知り、必要であれば治していきましょう。

関連する記事