一人が好きな人の特徴・性格は?理由や心理・向いている仕事や接し方も!

一人が好きな人の特徴や性格はどのようなものなのでしょうか。一人が好きな理由や心理、向いている仕事、彼らとの上手な接し方・付き合い方などを分析しています。番外編として、一人が好きな人達の"お一人様エピソード"や"あるある"も紹介します。

目次

  1. 一人が好きな人とは
  2. 一人が好きな人の特徴
  3. 一人が好きな人の性格・心理
  4. 一人が好きな理由
  5. 一人が好きな人に向いている仕事
  6. 一人が好きな人の恋愛・結婚観
  7. 一人が好きな人との上手な接し方・付き合い方
  8. 【体験談】一人が好きな人達の"お一人様エピソード"や"あるある”
  9. 「一人が好き」も個性の時代

一人が好きな人とは

「一人が好きな人」とは、一人で行動することや一人で過ごすことを好む人を指します。一人で行動することが好きな人は一般的には女性より男性の方が多く、女性はどちらかというと集団行動を好みます。男性女性にかかわらず、生まれつき一人が好きな性格の人もいますが、一人っ子などの家族構成や、友達付き合いなどに原因があって一人が好きになる人もいます。

また、日本は「協調性」を重視する文化があり、学校や会社の中でぽつんと一人でいると目立ってしまいがちです。そのため、あまり一人が好きな性格をアピールしすぎると、日本では人間関係に支障をきたすこともあります。

一人が好きな人の特徴

一人でいることを好む人には、どんな特徴があるのでしょうか。一人で過ごすことに寂しさや苦痛を感じる人もいれば、正反対の人もいるのです。まずは具体的な特徴から紹介しましょう。

特徴①:自分で解決する

必要以上の人との接触を避けるので、悩みごとや困ったことがあると極力自分で解決しようとします。精神的な悩みなどは、スピリチュアルな世界に救いを求める人もいます。自分で問題をクリアしていこうとする性格なので、周りから見ればしっかりしていて自立しているような印象を与える人もいますし、実際に自立している人も多いでしょう。

特徴②:争いを好まない

一人が好きな性格の人は争うことが苦痛で、できるだけ避けたいと考えています。争いは意見や気持ちが食い違うことで勃発しますので、始まってしまったら心に傷を負うことは避けられません。なるべくそうならないように普段から他人に深く関わらないようにしている人もいます。

特徴③:実は気遣いの人

一人が好きな人は、一人でいることが多いからといってまったく周りが見えていないわけではありません。反対に、自分に影響を及ぼすものがないかと常にアンテナは張っているので周囲の状況には敏感です。あまり慣れていない親しくない人に対しては、特に気を遣っているでしょう。

プライベートではアンテナを張る必要もないので一人でいることは憩いの時間になりますが、社会の中、特に学校や会社などの限定的な環境下ではそのアンテナが働き、疲れてしまうことも多いです。

特徴④:信頼する人には心を開く

時間をかけて仲良くなったり、信頼できると思った相手には心を開きます。趣味が同じ人とは時間もあまりかからずに打ち解けられることもあるでしょう。ただ、打ち解けたから「一緒にいたい」とはならず、男性でも女性でもプライベートの時間や空間はしっかり確保したいという人が多いでしょう。

特徴⑤:歩くのが早い

誘われるのが嫌で、なるべく声をかけられないように早く歩く人がいます。特に男性はただでさえ歩くのが早い人が多く、同伴者がいても癖で一人で黙々と先に行ってしまうこともあるでしょう。しばらくして遅れている人がいることに気付く、というパターンがよくあります。また、誘いを断るためにいつも忙しいふりをする人もいます。

特徴⑥:一人っ子、または過干渉な親がいる

一人が好きな人は実は一人っ子である確率も高いです。一人っ子はきょうだいがいないので、家の中でも自分のものや自分のスペースが確保されています。そのため一人っ子は他人に影響を受けることに慣れておらず、一人の空間や時間をもつことを重視する傾向にあります。一人っ子のメリットが社会生活への順応を妨げるケースです。

また、一人っ子は子供時代からの親の干渉が多すぎた反動で親のいないところでは自由にしたい、一人でいたい、という欲求が出てくる人もいます。一人っ子はどうしても親の目が集中しがちで、大人になっても子離れしてくれない親もいます。一人っ子は愛情が集中して注がれる分、親の影響も大きいでしょう。

一人っ子ではなく、きょうだいが多く自分の行動が制限されすぎる環境にいる人も一人が好きになる可能性が高いです。一人っ子であるなしにかかわらず、家族からの干渉が多い人は一人でいることを好む性格になりやすいです。

一人が好きな人の性格・心理

ここからは、一人が好きな人の性格や心理を分析します。彼らの行動をうわべだけみていると分かりませんが、心の中は常に揺れ動いていることが分かります。男性も女性も繊細な人が多いのが一人が好きな人の特徴です。

性格・心理①:内向的

一人が好きな人は内向的な人が多いでしょう。人に振り回されることを嫌うので、あえて自ら人の輪の中に入ったりはせず、よほど仲の良い人以外は深く付き合おうという気持ちにはなりにくい性格です。人との付き合いは基本的に疲れるものという心理が彼らの中にはあります。

性格・心理②:人に頼りたくない

一人が好きな人は自立心も強く、人に頼らず生きていきたいという人もいます。人に借りをつくるのも嫌なので、困ったときも一人で対処しようとします。一人っ子にもよくある性格です。

性格・心理③:自分を曲げない

人の意見や行動に流されたり、自分の意志に反することはしないでしょう。ただ、社会の中では周りに合わせないといけないと分かっている人が多いので、その反動がプライベートでの自己中心的行動につながることもあります。

性格・心理④:哲学的思想の人が多い

一人が好きな人は物事を論理的に考えたり、深く追及することを好みます。スピリチュアルに精通している人もいるでしょう。仕事上では、この性格が活かされることもあります。客観的に観察することもできるので、ピンチに強く、うまく対処していける人もいるでしょう。

性格・心理⑤:一人が好きだが、孤独は好まない

一人が好きな人は、人との交流を完全に遮断した孤立や孤独を望んでいるのではなく、一人のプライベートの時間や空間を確保しておきたいのが本音です。人が嫌いなのではありません。人と付き合うことに神経を使いすぎたりして疲れやすい性格なので、パワーチャージをする自分の時間を必要としています。

(心理については以下の記事も参考にしてみてください)

髪を触る癖に隠された心理11個!男性・女性・触り方で真意が違う?癖をやめる方法も!

一人が好きな理由

一人が好きと言い、行動する理由は何なのか。彼らの発言を参考に理由を探ります。繊細な彼らの、自分が自分であるための行動が見えてきます。きちんと理由付けしようとする姿勢も、彼ららしいです。

理由①:穏やかに暮らすための栄養

一人が好きな人は自分だけの時間が無いと社会生活にも支障をきたすようです。一人が好きな人でなくとも社会の中で無理をしている人ほど、自分の時間や趣味に没頭する時間が必要です。一人が好きな人は人と交わりたくないのではなく「一人の時間が欲しい」ということになります。一人の時間を充実させることで社会の中で頑張れるのです。

理由②:人に合わせるのが面倒、気を遣う

男性でも女性でも人間関係をスムーズに進めるためには、色々と気遣いも大切です。しかし、自分に合わない人たちの中で無理をするのはとてもつらいことです。彼らは自分が置かれている環境が苦痛なものであったら、一人でいるほうがマシだと考えます。我慢できないほどの苦痛ならば逃げ出したくもなるでしょう。

理由③:集中したいから

物事に集中したいときや、考え事をしたり、頭の中の整理をしたいときは一人にならないと気が散って無理、という性格の人もいます。早くから一人暮らしなど、自立したがる人も多いでしょう。

(一人暮らしについては以下の記事も参考にしてみてください)

一人暮らしのワンルームレイアウト実例65選!部屋タイプ別に!収納術も!
一人暮らしが使い切れるコストコ食品おすすめ10選!使い切りレシピや保存法も!

一人が好きな人に向いている仕事

一人が好きなタイプに向いている仕事はどのようなものがあるでしょうか。真面目で仕事熱心な人が多いので、適応できる職種を選べば会社でも重宝されるでしょう。仕事の特徴から職業を選んでいます。

向いている仕事①:接客が多くない仕事

あまり顧客と密に接することがない仕事は特に一人が好きな人には合っているでしょう。接客でもマニュアル通りに進められるものや、あまりイレギュラーなことが起こらない仕事が良いでしょう。

・工場内での仕事
・図書館司書
・金融機関の後方事務
・タクシードライバー
・トラックやバスの運転手

向いている仕事②:分析、研究する仕事

学者肌の人が多いので、専門家として物事を研究したり、分析や集計をする仕事もおすすめです。仕事としての人とのやりとりがそんなに苦にならない人ならば、分析を行うカウンセラー的なお仕事も良いでしょう。

・税理士
・会計士
・建築士
・学者
・学芸員
・心理カウンセラー
・スピリチュアルカウンセラー

向いている仕事③:機械、自然を相手にする仕事

機械を駆使して行うパソコン関連の仕事や、自然を相手にした職業もおすすめです。修理関連の仕事もおすすめです。専門分野として確立されている仕事は自分の力を発揮できるでしょう。

・プログラマー
・電気工事関連
・農業
・酪農家
・ピアノの調律師

向いている仕事④:クリエイティブな仕事

自分の興味のある分野には高い能力を持つ人が多いので、創作することに適性や才能がある人は、プロとして活躍する人もいるでしょう。色々と感じる繊細な人なので、製作への原動力は持っています。対象物を多方面から見ることも得意でクリエイティブな仕事は彼らにぴったりです。個人としての能力を評価されるのも、やりがいになるでしょう。

・webデザイナー
・グラフィックデザイナー
・コピーライター
・ゲームクリエイター など

一人が好きな人の恋愛・結婚観

一人が好きな人が窮地に立たされる場面が多いのが恋愛や結婚でしょう。面倒なこともいっぱいです。性別関係なく、男性にも女性にも一人が好きな人はいます。本人たちや関係者の気持ちも交えながら恋愛・結婚観について紹介していきます。

恋愛・結婚観①:デートで別行動が理想

男性と女性の嗜好が違う場合や、ショッピングデートなどは別行動も許されるかもですが、毎回別行動となるとデートの意味がなくなるでしょう。男性、女性、ともに、一人が好き、もしくはその心理や性格をよく理解している場合に成り立つデート方法です。相手が別行動に対して驚きや拒否感を感じたら、続かない恋愛となりそうです。

恋愛・結婚観②:寂しいけど、束縛される不安のほうが大きい

ふと感じることもある寂しさを認めつつも、恋愛の面倒な部分をなかなか受け入れられません。恋愛、結婚、ともに相手が必要で、相手に合わせることも必要になります。男性も女性も一人が好きな人は真面目な人が多いです。恋愛や結婚の束縛に自分が対応できるだろうかという不安が、自分を臆病にさせているのかもしれません。

恋愛・結婚観③:一人が好きだから結婚には不向き、と考えている人が多数

一人が好きな人は初めから「自分は結婚には不向き」だと考えている人が多いです。男性も女性も、結婚すれば家族のために時間を捧げるわけです。自分の時間が全くなくなるような想像をしている人もいます。実際に結婚してみて落ち込む人もいるようですが、家族の協力で自分の時間がつくれる人もいます。

(恋愛運や夫婦円満の秘訣については以下の記事も参考にしてみて下さい)

【完全版】風水の恋愛運アップ術まとめ!恋がうまくいく部屋作りや色選びは?
夫婦円満の秘訣《年代・家族構成別》鉄則・10箇条!体験談多数

一人が好きな人との上手な接し方・付き合い方

一人が好きな人に対してのアプローチ方法を間違えると、逆効果で嫌われてしまうこともあります。心をひらいてもらい、スムーズに交流ができる接し方、付き合い方のポイントを紹介します。

接し方や付き合い方①:一人が好きな気持ちを受け入れる

一人が好きな人は社会の中では周りに合わせている人がほとんどです。無理をしているぶん、プライベートや休憩時間には一人の時間をつくり、精神面でも休息しています。自分の時間を持つことで日常のストレスを発散し、精神的にバランスをとっているので、一人でいることを否定してはいけません。個性のひとつとして受け入れましょう。

接し方や付き合い方②:勝手に決めつけない

自分のことを分かってないひとに、分かった風に言われたり、決めつけられたりすることをものすごく嫌います。物事を自分の考えのみで決めつける人は反論しても受け入れないことも多いので、あえて反発をしないでいることも多いでしょう。このつらさがストレスになり、一人でいたい欲求が大きくなっていきます。

勝手に決めつけず彼らの意見を聞き、人それぞれの考えの物差しがあるんだなと納得し、彼らを理解しようとする姿勢が大切です。彼らの自尊心を傷つけてしまったら、人間関係も修復不可能です。

接し方や付き合い方③:強引にアプローチしない

一人が好きな人は確固たる自分を持っている人が多いです。相手の意見を聞かず、有無を言わせず強引に話を進めていく人は苦手です。警戒されたり、ひどいときは反発心をもたれたり、仲良くするには程遠い間柄になってしまいます。時間をかけて彼らとの距離を縮めることが大切です。気長にいきましょう。

接し方や付き合い方④:スピリチュアル的アプローチも効果あり

彼らは自分を見つめるという姿勢があり、スピリチュアルにも興味がある人が多いです。スピリチュアル的観点からいうと、一人が好きな人が他人と関わる時に疲れてしまうことを「エネルギーを与える」と解釈するようです。スピリチュアルに考えれば自分一人が疲れ損ではなく、人にエネルギーを与えているという意味のある行動になりますね。

一人が好きな人はスピリチュアル的には自分の精神が充実していて、もっと上の精神世界を目指しているそうです。スピリチュアルレベル的には位が高い扱いを受けているようなのですが、現実世界では自分の一人が好きなことを短所として捉えている人も多いようです。

もしスピリチュアル的な考え方に理解がある人なら、彼らに「他人に頼らず自分一人でも楽しい、充実している、と思えるのは素晴らしいことらしいよ」など、彼らを褒めたたえるのもよいでしょう。彼らもスピリチュアルを理解したり興味があるならば、理解者が増えたと受け入れてもらえるはずです。スピリチュアルアプローチもおすすめです。

【体験談】一人が好きな人達の"お一人様エピソード"や"あるある”

一人が好きな人のエピソードやあるある話はたくさんあります。それだけ興味を持たれたり、誤解されたり、対応に困られたりすることがあるのでしょう。いくつかご紹介します。

ダメアプローチあるある

寂しいのは当たっているかもですが強引なアプローチは逆効果。波風たてるぐらいなら、そっとしておいてあげましょう。こちらはよく聞くあるあるエピソードです。

一人ご飯であるある

ご飯の席でのあるあるは数多くあります。一人で食事をしていると、本人は気にしていないのに寂しそうに見えるようです。協調性を重視する日本は、お一人様行動には理解を示してもらいにくい環境かもしれません。意識の違いあるあるです。

驚くエピソードですね。一人でいたからこそのプレゼントかもしれません。寂しそうに思われてしまったのでしょうか。一人でいる人の方が声をかけられやすいので、出会いを求めるならお一人様行動がおすすめです。

集団行動であるある

旅行あるあるの展開ですね。確かに一人なら自由です。一人が好きな人は効率的に物事を進めるのが大好きです。旅先で揉めるのは望ましくないので、一人もしくは少人数旅行がいいですね。一人旅も楽しい彼らです。

一人が好きなタイプの人間は学校はつらいと感じることも多いでしょう。一人でいる時間も受け入れてくれる理解のある先生や友達に出会えると学校も居心地が良くなるかもしれませんね。

一人が好きな人は決して薄情な人間ではありません。本人は冷たいつもりはないのですが、周囲に寂しさを感じさせてしまうことはあるのが少し罪ですね。寂しさを感じるか、別行動でもOKになるかで、相手のタイプも判明します。

決して人嫌いではないあるある

この考えに共感する人は多いでしょう。あるあるの類似発言も多く見受けられます。一人が好きな人は人嫌いとは少し違います。一人で居ることに寂しさではなく、心地よさを感じるのでしょう。人とのつながりを拒否しているのではありません。

「一人が好き」も個性の時代

一人が好きで、一人の時間を重視するのもよし、皆でワイワイ騒ぐのもよし。自分がどう生きていきたいかを考えるのは大切です。色んな価値観があって、色んな人間がいることを認識することが人生を豊かにするうえで大切なことかもしれませんね。

関連する記事