異性の友達の定義は?恋人と違いは?男女の友情を成立させる9の鉄則も!

あなたには、仲のいい異性の友達はいますか?自分では仲のいい友達だと思っていても、相手はあなたに恋愛感情を抱いていることも少なくありません。この記事では、異性の友達の定義や、男女の友情を成立させる9の鉄則を徹底解説!また、友達だと思ってた異性にいきなり告白された時の対処法もご紹介!ぜひ参考にしてみて下さいね。

目次

  1. 異性の友達の定義は?
  2. 異性の友達と友情は成立する?
  3. 異性の友達と恋人の違いは?
  4. 男友達との友情を成立させる5の鉄則
  5. 女友達との友情を成立させる4の鉄則
  6. 友達だと思ってた異性に告白された時の対処法5つ
  7. 異性の友達を好きになっちゃった人達の【体験談】
  8. 異性の友達との付き合い方に気をつけて!

異性の友達の定義は?

異性の友達とは、異性でありながら、恋人関係ではなく友情関係にある男女関係。友情関係なので、相手が異性であっても恋愛感情がなければ下心もない。そのように定義される異性の友達ですが、男にとっての女友達・女にとっての男友達について、その存在可否・恋人との違い・下心の影響・作り方や成立させるための鉄則など、多彩な観点から以下でご紹介します!

異性の友達と友情は成立する?

異性の友達・友情が成立すると思う人の割合

ある調査によれば、女友達という友情関係が成立すると思う男性は約7割を占めているようです。この7割という数字は、ちょっと意外にも多いような気もしますね。男性が考える異性の友達は、性的に女性として意識しないパターンと、チャンスがあれば一夜限りの恋といった下心を心の底に秘めたパターンもあると考えられ、この後者も含めて7割ではと考えられます。

学生

20代前半

正直言って、タイプじゃないからこの人とは絶対に恋愛関係にはならないと言える人はいるからね。でも、人間として問題がない人だったら全然友達として付き合えるから、異性の友達という関係も当然ありと思う。

一方、男友達という異性の友達関係が成立すると思う女性も約7割を占めているようです。キャバクラ・ガールズバー・クラブ・ラウンジなどのお水関係や風俗関係で働く女性は多数存在し、ある意味、恋愛関係ではなく良好な友達関係を結ぶことで売り上げの数字を残しているのですから、女性の7割というのは妥当な数字といった印象です。

サービス業

20代前半

誰にだって間違いなく好みがあるはずで、すべての男性が恋愛対象になり得るはずがない。だから、みんなで飲む機会や遊ぶ機会を持ったり、異性の友達があり得ないと考える方が不自然じゃない?

異性の友達・友情が成立すると思う理由

女友達という異性の友達が成立するとして男性が挙げる理由で多いのは、好みのタイプではないからというもの。別に何か不利益を与えられるわけでもなく、普通にいい子なので友達として付き合うことができるし有益ということですが、女性として性的に異性を意識することがないので、友人関係から恋愛関係に発展することは考えられないという主張です。

営業職

20代後半

恋愛対象じゃないからといって、人間的な付き合いまで否定するわけじゃないから、悪い子じゃなかったら異性の友達として全然付き合えるし、女心を知りたい時なんかも力になってくれてありがたい!

友情関係の男友達が成立するとして女性が挙げる理由で多いのは、悩み事などを相談する恋愛関係にない男友達が実際にいるというもの。女性の感性からすれば、成立しないと考える方が不自然という感覚かもしれません。なお、男性と女性では、答え方は異なりますが、結局は男女とも恋愛対象にならない人もいるというのがポイントになると考えられます。

保育所勤務

20代後半

異性の友達が成立するかどうかは、やっぱり相手によるかな。男心が知りたい時にはやっぱり男に聞くのが一番だし、下心のない紳士的な態度で接してくれる男性だったら積極的に男友達として付き合いたいかな。

異性の友達・友情が成立しないと思う理由

関連する記事