カラーバターの使い方【動画】!シルバー・ピンク・アッシュなど色別に仕上がりも!

【美容師監修】カラーバターの色は豊富でシルバーやピンク、アッシュ系のカラーも揃っています。カラーバターの使い方を動画でご紹介します。また、シルバー・ピンク・アッシュ・ダークシルバーなど色別にヘアスタイルをご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カラーバターとは?
  2. カラーバターの特徴
  3. グラデやインナーカラーも思いのまま
  4. カラーバターの使い方
  5. カラーバターの注意点
  6. カラーバターの発色を良くするには?
  7. カラーバターの仕上がりを色別で紹介
  8. カラーバター【シルバー】
  9. カラーバター【ピンク】
  10. カラーバター【アッシュ】
  11. カラーバター【ダークシルバー】
  12. カラーバター【その他のカラー】
  13. 番外編!カラーバターでこんなアレンジも
  14. カラーバターで髪色を自由自在に

カラーバターとは?

カラーバターとは、髪をケアしながらヘアカラーできるトリートメント。なんと主成分の約90%が毛髪補修成分なので髪をいたわりながら色んなカラーが楽しめます。ヘアカラーやマニキュアと同じく色を混ぜて使うこともできます。使い方も簡単なので気軽にチャレンジできます。

カラーバターの使い方動画はもちろん、シルバー・ピンク・アッシュ・ダークシルバーなどの色別に仕上がりのヘアスタイルも紹介します。カラーバターを使ってみたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

カラーバターの特徴

トリートメントタイプのヘアカラー

カラーバターは髪をいたわりながらカラーリングできるトリートメント。ヘアカラー剤ではなくトリートメントなので髪をケアしながら好みの髪色を楽しむことができます。髪の毛1本1本の表面に色素が付いて発色するのでトーンアップ効果はありません。

カラーバターのカラーバリエーションはシルバーやピンク、アッシュ系などかなり豊富!絵の具のようにカラーバターをミックスして自分の好きなカラーを作ってから髪を染めることができます。さらにクリアクリームやトリートメントで薄めることで好きな色の濃さを作ることが可能です。

もちろん混ぜずに単色で使ってもOKです。ヘアカラー剤ではなかなか出せないパキッとした発色もカラーバターならではです。はっきり発色させたい場合はブリーチでベースの髪を白~金髪にしておくとベターです。

カラーバターで自分好みの色が作れる

カラーバターのいいところは何種類も色をミックスして好きなカラーが作れるところ。薄めの発色にしたいときはクリアクリームもしくは普段お使いのトリートメントを混ぜて色を薄くできます。

派手髪が気軽に楽しめる

カラーバターの色持ちはだいたい1か月くらい。色素が髪の表面に付いているので、シャンプーするたびに自然と色落ちしていきます。色落ちの過程を楽しんだり、少し色が残った状態でまたカラーバターを重ねて色味を楽しんでいる方もたくさんいます。

茶髪の退色ケアにも!

関連する記事