【女性】オフィスカジュアルのお手本コーデ〈春夏秋冬別〉20選!基本ポイントやNGも!

オフィスカジュアルってどこまでが許されるの?と鏡の前で悩むことってありますよね。そんな女性へ向けて、オフィスカジュアルの見本となるようなお手本コーデをパンツ・スカート・ワンピースなどスタイル別にご紹介します!基本ポイントやNGファッションも解説しています。

目次

  1. オフィスカジュアルの定義とは?
  2. オフィスカジュアルの3つの基本ポイント
  3. オフィスカジュアルの季節別お手本コーデ20選
  4. オフィスカジュアル コーデ例〈春〉
  5. オフィスカジュアル コーデ例〈夏〉
  6. オフィスカジュアル コーデ例〈秋〉
  7. オフィスカジュアル コーデ例〈冬〉
  8. スタイル別コーデ例 きれいめパンツのオフィスカジュアル
  9. スタイル別コーデ例 きちんとスカートのオフィスカジュアル
  10. スタイル別コーデ例 上品ワンピースのオフィスカジュアル
  11. オフィスカジュアルのマストアイテム
  12. オフィスカジュアルの3つのNGファッション例
  13. 自分に合ったオフィスカジュアルを見つけよう!
NEW ! 冬のオフィスカジュアルコーデの記事はこちら⤵︎
【女性】冬のオフィスカジュアルコーデ25選!ユニクロ・GUなどプチプラ着こなし術も!

オフィスカジュアルの定義とは?

一口にオフィスカジュアルと言っても、社風や仕事の内容によってその定義はさまざまなのが実情です。同じ会社なのに、部署によって全く服装ルールが違うということもよくある話。どこまでがOKなのか先輩に直接聞いてしまうのが一番ですが、それができない状況だと本当に困ってしまいますよね。

ただ確実に言えることは”私服勤務”と”オフィスカジュアル”は違うということ。好きな服を自由に着てもよい私服とは違い、オフィスカジュアルはあくまでオフィスで仕事をするための服装なのです。

スーツの方が楽?オフィスカジュアルのメリット

「いっそ毎日スーツならコーディネートに迷う必要ないのに」と思うこともあるかもしれません。実際、オフィスカジュアルの職場にスーツで出勤しても問題ありませんし、勤務初日など職場の様子が全くわからない時にはスーツで出勤した方が無難なこともあります。ですが見方を変えれば、オフィスカジュアルで仕事をすることには多くのメリットがあります。

saya🍎*さん(@saya_wear)がシェアした投稿 -

例えば、季節の変わり目など気温が不安定な時にも微調整がしやすいことや、動きやすくスーツほど丁重に扱う必要がないため、仕事の効率が上がることなど。せっかくオフィスカジュアルが許される環境なら、このようなメリットを活かしながら楽しく快適に働きたいですよね。

オフィスカジュアルの3つの基本ポイント

オフィスコーデのよくある失敗は、カジュアルすぎると言われてしまうこと。ではそのラインはどこからなのか。社風や世代によって多少の差があるので混乱しそうになりますが、オフィスカジュアルの”基本ポイント”を押さえれば、ほとんどの人に受け入れられるファッションが自然と完成します。後にご紹介するNGファッション例とあわせて参考にしてみて下さいね。

基本ポイント①清潔感を第一に

オフィスカジュアルで特に気を付けなければならないことは、清潔感を保つこと。これはスーツであっても変わらない、仕事場での必須事項ですね。襟つきのトップスは清潔感を引き出すのに最適なアイテムです。トップスに迷ったらスキッパーシャツやボウタイブラウスを選べば間違いがないでしょう。女性らしく凛とした印象を与えることができます。

出典:https://wear.jp/pearl3028/10133339/

シワ、シミ、色あせ、毛玉なども清潔感の大敵ですが、オフィスカジュアルなら扱いやすい素材や色を自分で選択することができます。スーツはきちんとケアをしないとシワや色あせが起こりやすく、一着の価格も高いので頻繁には買い替えられません。そういった手間やコストが軽減できるのもオフィスカジュアルの魅力と言えます。

関連する記事