ミャンマーの美人・美女厳選35人!女優・モデル〜SNSの有名一般人まで!

ミャンマーという隠れ美人王国について、厳選したミャンマー美人・美女〈女優〉〈モデル〉〈歌手〉〈アイドル〉〈SNS素人〉などをそれぞれに分けて解説します。ミャンマー美人・美女が美しい理由や、ミャンマー美人の特徴も紹介します。

目次

  1. ミャンマーはASEANの隠れ美人王国!
  2. ミャンマーってどんな国?美人が多い理由は多民族国家だから?
  3. ミャンマー美人・美女の特徴5選
  4. 〈女優〉ミャンマー美人・美女11選
  5. 〈モデル〉ミャンマー美人・美女9選
  6. 〈歌手〉ミャンマー美人・美女9選
  7. 〈アイドル〉ミャンマー美人・美女4選
  8. 〈SNS素人〉ミャンマー美人・美女7選
  9. 〈その他〉ミャンマー美人・美女5選
  10. ミャンマーは美人・美女ばっかりでした

ミャンマーはASEANの隠れ美人王国!

ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国の中で、美人・美女が多い国ランキングでは、ミャンマー(旧ビルマ)はタイとともに常に1位と2位を争う美女大国です。ミャンマー美人は他国と違って、穏やかな性格で働き者ですが、男性に媚びてビクビクすることはありません。女性の社会進出率は高く、働かないミャンマー男性と対照的によく働きます。

ミャンマーってどんな国?美人が多い理由は多民族国家だから?

ミャンマーは、ASEANと呼ばれる協力機構に属しています。ASEANの人口は6億人ほどですが、ASEAN諸国中の人口ランキングでは、ASEAN10カ国の中でタイに次ぐ5位。EUの5億人、NAFTAの4.5億人を上回る市場です。ASEAN加盟国は増える予定であり、ASEANはさらなる成長を遂げると思われます。

ミャンマーは、ASEAN結成の1967年から30年経ってようやく加盟しました。現在、ロヒンギャと呼ばれるイスラム系少数民族の難民問題を抱えるミャンマーに対して、ASEANは積極的に人道支援してます。

中国による80カ国ほどにまたがる経済構想圏「一帯一路」構想の下、中国企業によるASEAN10カ国への投資額ランキングでは、ミャンマーは5位となっています。

ミャンマーは経済制裁を受けていた軍事政権時代に中国が急接近したこともあり、貧しい国であることもあり、ASEAN諸国の中でも中国による大型のインフラを整備して行きました。

近年の国の成り立ちとしては、イギリス統治や日本の後押しによるビルマ建国を経た後、長らく軍事政権でした。その後の民主化を主導したアウン・サン・スー・チー国家顧問が政治家として有名です。

ミャンマーは、中国系、インドなどの南アジア系などの多民族国家です。また、仏教、イスラム教、キリスト教など宗教もさまざま。また、長くイギリスによる統治が続き、西洋文化の影響も加え、当然、混血による美人が多いことになります。

ビルマ語で言う国名は建国時よりMyanmar(ミャンマー)です。英語名称は、Burma(バーマ)でしたが、1988年に誕生した軍事政権にてミャンマーに変更されました。元々、文語はミャンマー、口語はビルマが使われてましたが、オランダ語でBirma(ビルマ)と表記されたことから、日本ではビルマと呼ばれ、漢字では緬甸と表記されるようになったのです。

ビルマ(バマーやバーマ)もミャンマーも民族や地域を指す言葉であり、ミャンマーとビルマのどちらが正しい呼び名ということではないのです。

ミャンマー美人・美女の特徴5選

ミャンマー美人・美女の特徴①:謙虚

目と鼻立ちがしっかりしていて色が白く、日本人のように勤勉で働き者で謙虚な姿勢が、国内外の男性にとって、その性格を含めて美人と思いたい要素となっているのです。

ミャンマー美人・美女の特徴②:貞操観念が高い

貞操観念が高いミャンマー美人は、男性と付き合う時は、ひと昔の日本と同様、人前でイチャイチャしたり、ミャンマー美人が恥ずかしいと思うことしません。付き合う時は結婚を意識しますし、男女1対1ではなく家族同伴で行動したがる麺もあります。また「離婚は女の恥」というほど結婚生活は我慢強いです。

ミャンマー美人・美女の特徴③:精神的に強い

関連する記事