彼氏と同棲したい!上手な伝え方は?男が同棲を決意する瞬間&条件9つも!

彼氏と同棲したい彼女必見!彼氏に「同棲したい」気持ちを上手に伝える方法や同棲体験者が教えるメリット・デメリットを紹介します。彼氏に同棲OKをもらいやすいタイミングや、男が同棲を決意する瞬間・条件のほか「同棲したくない」と感じる女性の特徴も紹介します。同棲の注意点や、決めておきたいルールも紹介していきますよ。

専門家監修 | ゲイバーのママ バンザイきょう子
InstagramTwitter
ドラァグクイーンやってます。自分なりの美を服やメイクに反映してます。美や快楽なんて人それぞれ! コンプレックスも強さに出来たらいいよね。...
Instagram   Twitter
ドラァグクイーンやってます。自分なりの美を服やメイクに反映してます。美や快楽なんて人それぞれ! コンプレックスも強さに出来たらいいよね。どんなお話でもドンと来いっ!人生落ち込んでばかりじゃいられないわっ!

目次

  1. 彼氏と同棲したい!OKしてもらうコツは?
  2. 同棲したい!メリット・デメリットは?
  3. 同棲したい!気持ちを上手に伝える方法3選
  4. 同棲したい!彼氏にOKをもらいやすいタイミングは?
  5. 同棲したい!…って、みんな思ってるの?
  6. 彼氏が同棲を決意する瞬間&条件9つ【男の本音】
  7. 彼氏が「同棲したくない」と感じる女性の特徴
  8. 同棲したい!部屋決めのコツは?
  9. 同棲したい!決めるべきルール9選
  10. 同棲後結婚につなげるコツ5選
  11. 同棲は慎重に!

彼氏と同棲したい!OKしてもらうコツは?

同棲したいと思っても、彼にその気持をアピールするタイミングはなかなか難しいものです。勇気を出してアピールしても「同棲したくない」と拒否されたらどうしようという不安もあるでしょう。しかし、彼も同棲したがっているのかもしれません。

実は彼氏に同棲をOKしてもらうにはコツがあるのです。そのコツを掴むには同棲のメリットや注意点を把握した上でアプローチしましょう。

(同棲あるあるについては以下の記事も参考にしてみてください)

同棲あるある15選!楽しい&イライラな瞬間や円満の秘訣!経験者の声も多数!

同棲したい!メリット・デメリットは?

同棲生活には精神的な安定の他に金銭面の負担が減るなどたくさんのメリットがあります。しかし残念ながらメリットばかりではありません。メリットとデメリット、注意点をしっかり理解することが、彼氏に同棲したいと思わせる秘訣です。

メリット1. 一緒にいられる時間が多くなる

生活空間を共有することになるので、文字通り一緒にいる時間が長くなります。テレビを見る時もご飯を食べるときも、そして寝るときも一緒ですから会えない寂しさなんて過去のものになるでしょう。

メリット2. 経済的に楽になる

生活費をお互いに出し合うメリットとして、金銭面の負担が減るということがあります。家賃は一人で暮らしても二人で暮らしても同じですから、お互いに協力することで経済的に有利になるのです。

メリット3. 生活が充実する

好きな人と気持ちを寄り添わせて暮らすのは癒やされるものです。テレビを見るのもご飯を食べるのも、一人から二人になるので「生活を守らなきゃいけない」といった心理も働くようになります。

メリット4. 生活に刺激がある

一緒に暮らすことで彼、彼女の新しい一面を発見できます。テレビを見たり食事をするときも会話があり、常にお互いを意識しているので刺激のある生活が送れるでしょう。相手の素敵な一面を発見することができれば、愛情がさらに深まっていくのが感じられるはずです。

メリット5. 結婚生活のトライアルになる

彼、彼女との結婚生活が、どのようなものなのかという事を体験できます。生活習慣の違いや価値観の違いに気がつくこともあるでしょう。そういう事も含めて話し合いをし、お互いに歩み寄ることができるのです。同棲は結婚のお試し期間ともいえるでしょう。

メリット6. お互いに助け合える

お互いに助け合うというのは、お互いに心の支えがいるという事です。気持ちを寄り添わせることで、常に彼、彼女から勇気をもらえます。これは何よりも大きなメリットでしょう。また、家事を分担したり生活費を二人で出し合うことで負担が減ります。

メリット7. 愛情が深まる

一緒に生活をしていると、さまざまなシーンで細やかな気配りに気がつくことも多くなるでしょう。その気配りに愛されている実感がより強くなり、お互いの愛情が深まっていきます。お互いに触れ合い支え合って生きる喜びが彼、彼女との絆を強くするのです。

メリット8. 生活が楽しい

彼、彼女とのデートの時間が楽しかったように、共有する時間が増えるので会話やスキンシップも増えます。好きな人が隣にいるというだけで幸せを感じられるでしょう。彼、彼女のために何かをしてあげたいという気持ちが、幸せと楽しさに繋がっていきます。

デメリット1. 自分だけの時間が少なくなる

共有できる時間が長くなる一方で、一人になれる時間も少なくなります。趣味に費やしていた時間や、友達と遊ぶ時間も削られるという不便な一面もあるでしょう。同棲したくないと思う男性の多くは「自由」を奪われる不安を抱えているのです。

デメリット2. 自由なお金が少なくなる

同棲前は金欠になっても食費を削ったりして凌げますが、同棲するとお互いに金銭管理に責任をもたなくてはいけません。そのため自分の都合だけでお金を管理できなくなります。

デメリット3. 友達付き合いが少なくなる

同棲すれば二人の生活ルールを優先する必要があるので、友達と会える機会が減ってしまいます。二人の生活の邪魔をしてはいけないからと、友達が訪ねてくることも減ってしまうでしょう。特に異性の友達の場合、誤解を招きかねないので疎遠になることが多くなります。

デメリット4. マンネリ化する

最初は刺激を覚え毎日が新鮮に感じますが、やがて日常化して当たり前に思えてしまうのも当然の心理です。変化の無さから同棲をする意味に疑問を感じるようになってしまいます。新鮮な気持ちを忘れないために、積極的に変化を取り入れるよう心がけましょう。

デメリット5. 価値観や好みの違いで我慢をすることが増える

違う環境で生きてきた二人が一緒に暮らすのですから、当然価値観や習慣の違いが出てきます。話し合いでお互いに歩み寄ることもできますが、完全に自分の思い通りに進めるということはできません。そのために我慢も必要になります。これは自分だけではなく相手も同じことなのです。

デメリット6. 気を使ったりストレスが溜まることがある

相手の行動でストレスを感じることもありますが、相手に不快感を与えないようにと常に意識することもストレスにつながる場合があります。それは愛情で乗り切るというほど簡単なものではありません。共同生活である以上、一人の時と全く同じ感覚ではなくなるということを理解しておくことが大切です。

デメリット7. エッチの回数が減る

毎日のようにラブラブなエッチというのは最初だけです。同棲前は会える時間が限られているので、お互いの気持ちを確かめ合うようなエッチもできました。しかし、同棲をするとしたい時にできるという事で、彼氏が疲れていると拒否されることもあるでしょう。だからといって、相手を責めるのではなく受け入れる度量が必要なのです。

デメリット8. ケンカが増える

デートの時にケンカをしてしまったという事はないでしょうか。一緒にいる時間が増えると些細なことでケンカをしてしまう事も出てきます。破局を迎えてしまわないためにも、ケンカをしてしまったときのルールを決めておきましょう。

(同棲におけるケンカやストレスについては以下の記事も参考にしてみてください)

同棲でケンカ・ストレスはつき物…原因&仲直り方法!別れるべき深刻な場合も?

同棲したい!気持ちを上手に伝える方法3選

男性に「同棲したい」と思わせるには、アピールの仕方やタイミングが重要です。「同棲したくない」と拒否をされても落ち込むことはありません。同棲したいと思わせるために、相手の心理を理解してタイミングよくアピールしましょう。

1. 素直に同棲したい気持ちをアピール

好きな人から「ただいま」「おかえり」と声をかけられるのは、寂しい一人暮らしでは味わえない気持ちです。些細なことでも幸福感に包まれるのは男女とも同じ心理だと言えます。そのような心理をうまく使うことで、彼に同棲したいと思わせることができます。そのためには、彼氏に同棲したい気持ちを素直にアピールするのも一つの方法です。

2. 家庭的な一面をさりげなく見せる

男性は彼女の家庭的な一面に心打たれるものです。こまめに掃除をしたり夕食の準備をすることで、彼氏に「まるで奥さんみたい」と思わせることができます。毎日温かくて美味しい料理を食べる事で、安らぎを覚えるのが男性心理なのです。そうすると、今まで同棲したくないと思っていた彼氏の心に変化が訪れ、同棲したいと思わせることができます。

3. デメリットも隠さない

彼氏に同棲することのメリットばかりアピールしても、なかなか同棲したいと思わせることはできません。メリットばかりアピールされても納得できないのが男性心理なのです。メリットとデメリットを説明した上で、デメリットを補うだけのメリットがあることをアピールしましょう。

同棲したい!彼氏にOKをもらいやすいタイミングは?

同棲をしたいと思うならアピールのタイミングも考えなくてはいけません。男性の心理をよく考えてタイミングよくアピールすることで拒否される確率も減ります。「同棲したくない」と思っている彼氏の心を「同棲したい」と思わせるタイミングや注意点を紹介します。

1. お互いが親に紹介をしたとき

お互いに親に紹介をしたなら、親も公認の正式な交際といえます。親に会うことで、今まで以上に責任感が芽生えるのが男性心理ですから、同棲したいと思わせる絶好のタイミングとなります。注意点としては、気持ちの整理がついていない彼氏を無理に親に会わせるのは逆効果になるので、タイミングをしっかりと見計らいましょう。

2. 仕事や生活が充実してきたとき

同棲とはお互いに生活に対する責任が伴ってきます。今の生活が安定していない状況では、いくらアピールしても男性は「同棲したくない」と拒否するでしょう。彼氏の仕事や生活が安定すれば、精神的にも余裕も出てきます。その時期を見計らってアピールすれば拒否される確率は低くなるでしょう。

サービス業

30歳

彼はずっと同棲に消極的だったんだけど、彼が昇進した時に思い切って告白したらやっとOKしてくれた!仕事が安定しないとカッコつかないってずっと思ってたらしくて。変なとこにこだわるなとは思ったけど、それだけ私のことを大切に思ってくれたんだって嬉しかったな。

彼氏の昇進は、二人で同棲に踏み切るチャンスです。昇進したことで彼氏に達成感が生まれ、一つの区切りとして同棲することを考えるきっかけになるでしょう。

3. 一人暮らしにデメリットを感じてきたとき

自由気ままな一人暮らしでも彼女との交際が順調であるなら、ずっと一緒にいたいと思うのが男性心理です。一人での食事や家事をすることに寂しさも感じ、一人暮らしのデメリットを感じるようになるでしょう。彼氏がこういったデメリットを感じるようになったら、拒否されることはまずありません。同棲を積極的にアピールする絶好のタイミングです。

4. 経済的に安定してきたとき

「同棲するなら彼女に金銭的な負担をかけたくない」というのが男性心理です。金銭面な不安がある場合は同棲したいと思っても拒否するしかありません。こういった場合は、必要になる生活費や双方の分担を明確にすることで、彼氏に同棲できると思わせることができるでしょう。注意点は、彼氏の自尊心を傷つけないよう分担を決めることです。

5. 彼が病気で寝込んだとき

彼氏が風邪など病気で寝込んでいるときは、同棲をアピールする絶好のチャンスです。普段は同棲をしたくないと拒否している彼氏でも、看病してくれる優しい彼女にすがりたいという心理が働きます。注意点としては、彼氏の病気がしっかりと治ってからアピールすることです。

(彼氏に「同棲したい」と言われた時の心理については以下の記事も参考にしてみてください)

彼氏に「同棲したい」と言われた…その心理は?するべきかの判断方法も!

同棲したい!…って、みんな思ってるの?

デートを重ねているだけで幸せを感じていたカップルが同棲をするには、二人の想いが一致することが前提になります。いくら仲の良いカップルでも、必ずしも同棲には発展しないのです。では、実際にみんなが同棲についてどう思っているのかを見ていきましょう。

実は同棲したいと思っているのは男性?

「同棲に関しては女性の方が積極的」と思う人も多いのではないでしょうか?しかし実際には、20代~30代の男女のうち「同棲したい」と考えている人の割合は、男性で90%、女性で65%となっています。意外にも同棲したくない男性は少数派なのです。

同棲したいと思う理由

カップルが同棲したいと思う理由として最も多い2つが「もっと長い時間を一緒に過ごしたい」「結婚前に相手をよく知りたい」というものです。つまり、多くのカップルが結婚を前提として同棲していることがわかります。反対に同棲したくない理由は「結婚した時に新鮮味がない」「ボロが出る」といった意見があるようです。

同棲したいのは結婚が前提だから?

男性が同棲を拒否するのには理由があり、同棲したくないのは少数派であることがわかりました。また、男女とも結婚を前提として同棲を始めていることも明らかです。

実際に、結婚したカップルのうち70%は結婚前に同棲を経験しています。また結婚したカップルの同棲期間は半年~1年以上が多く、長く同棲したカップルほど結婚する確率が高くなっています。同棲の期間が長くなれば、おのずと相手のことを深く理解し結婚につながっているのが実態なのです。

(同棲のタイミングについては以下の記事も参考にしてみてください)

同棲のタイミングは付き合ってどれぐらい?きっかけは?皆の実体験多数!

彼氏が同棲を決意する瞬間&条件9つ【男の本音】

本心では同棲したいと思っていても、様々な事情によってなかなか決意できない男性も少なくないのが実情です。男性に決意する気持ちがなければ、いくらアプローチしてもOKはもらえません。そこで、彼氏が同棲を決意する瞬間や相手に求める条件をまとめてみました。

1. 結婚を見据えて付き合うと決めたとき

男性は彼女と真剣に付き合っていると、一緒にいたいと思う気持ちが強くなり、結婚を意識するようになります。その反面、責任の重さを感じて同棲には踏み込めないこともあります。

会社員

34歳

彼女とは付き合って3年になるけど、いよいよ結婚を意識しはじめたので同棲することに。いきなり結婚となると失敗したら怖いし…。一緒に暮らすとお互いに今まで気づかなかったところもわかるから、結婚を考えるなら同棲した方がいいんじゃないかな。

しかし、同棲を始めることが結婚を決意させるタイミングにもなり得るのです。結婚前に同棲することでお互いの気持や価値観を再確認して、結婚したいと思うのが男性心理なのです。

2. 経済的な余裕が出てきたとき

男性は仕事に翻弄されていた時期が過ぎると、周りのことがよく見えるようになります。そうすると経済的にも余裕が出てくるので、彼氏に同棲したいと思わせる絶好のタイミングです。

サービス業

28歳

ずっと彼女から同棲を迫られてたけど、断り続けてたのはお金がなかったから。彼女の方が稼ぎも良かったから生活はできたんだけど、ヒモみたいで嫌だし。最近、少し余裕も出てきたから来月から同棲する!もちろん、彼女も喜んでくれてるよ。

金銭的な余裕が出てくれば、彼氏としても拒否する理由はなく同棲を決意できますね。ただし、早く彼氏と同棲したいからといって、仕事の事に口出しをして焦らせないように注意しましょう。

3. 仕事やプライベート・遊びに余裕があるとき

男性は仕事やプライベートが充実してくると、ふと一人で生活をしている事に寂しさを感じることがあります。このタイミングで彼女からアピールされれば拒否できなくなります。注意点としては、タイミングを逃してしまうと男性は仕事や趣味に没頭してしまうことです。したがって、タイミングを見計らって、女性から同棲を決意させるよう仕向けましょう。

4. 家庭的な女性であること

同棲の場合だと家事を分担する事が大半ですが、料理上手な女性は男性に「同棲したい」と思わせる上でとても有利です。いつも片付いている部屋を見ると、男性は安らぎを感じるとともに、家庭的な彼女に安心感を抱くようになります。

営業職

33歳

同棲するなら家庭的な人がいいな。一緒に暮らすってことは、当然、結婚も視野に入れてるから、家事が全くだと結婚する気にもなれないしね。手料理とか上手だったら惚れ直しちゃうし、一気に結婚ってこともあるんじゃないかな。

同棲を決意する男性の多くは結婚を意識しているので、家事ができる事は大きなポイントです。女性としては、是が非でもアピールしたいところです。注意点として、家庭的な面をアピールし過ぎると彼氏は「うざい」と感じてしまうので、さりげなくアピールしましょう。

5. お金の管理ができる女性であること

同棲はお互いに助け合って生活をすることなので、無駄遣いをする彼女との同棲を拒否するのは自然な心理です。反対にしっかりとお金の管理ができる女性なら「頼りになる」と感じ、同棲したいと思わせることができます。ただし、あまりお金に細かすぎると男性は窮屈に感じ、逆効果になることが注意点です。

6. お互いの交友関係を理解して大切にできること

同棲は二人の生活が基準ですが、これまでに支えてくれた大切な友達もいます。彼女と同じように大切な存在です。彼が彼女の友達を大切にするように、彼の友達にも理解を示す必要があります。彼の友達が部屋に来た時に、嫌な態度を示すのは最悪です。支えてくれたお互いの友達を大切にする気持ちを持ちましょう。

7. 価値観や生活習慣を押し付けないこと

同棲を始めて困るのが生活習慣の違いです。習慣ですからなかなか変われない事もありますが、共同生活である以上は譲り合いましょう。相手の価値観を拒否したり自分の価値観を押し付けるのではなく、お互いに譲り合いながら妥協点を見つけられる女性こそ、男性が同棲をしたいと思う女性の条件なのです。

エンジニア

26歳

同棲に踏み切れないのは、彼女がいちいち僕のやることに口出ししてくるからなんだ。1週間に1度のデートでこの調子じゃ、一緒に暮らし始めたら箸の上げ下ろしまで否定されそうで怖いよ。

男性は日頃から、何も言わなくとも女性の言動には注視しており、「一緒に暮らしたら…」と考えているものです。何も言われないからと安心していると、いざという時に痛い目に遭うこともあります。

8. 些細な約束でも守る女性であること

同棲生活を円満に過ごすには、様々なルールが必要であり、決めたルールは守らなければなりません。日常の些細なルールでも簡単に破っている女性とは同棲しようと思わないでしょう。反対に些細なルールでも律義に守る女性に対して、男性は愛おしさを感じるようになり同棲を決心するものです。

9. 最低限のマナーを守ること

お付き合いが長くなってくるとお互いに慣れが出てくるでしょう。そのためにマナーを守ることを怠り、相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあります。例えば、夜遅くに電話されたり、愚痴ばかり聞かされていると、彼氏に同棲したいと思わせることはできません。

派遣社員

25歳

お付き合いが長くなると、何もかもマンネリになっちゃって「一緒にいたい」って気持ちがどんどん薄らいできちゃうんだよね。特に愚痴とか延々と聞かされるちゃうと「ああ、最初の頃は良かったな」って思って同棲どころじゃなくなっちゃうよ。

彼氏に「あの頃は良かった」と思われないよう、最低限のマナーは守りましょう。そうすることで、彼氏に信頼感を与え同棲を決心させるきっかけになるのです。

彼氏が「同棲したくない」と感じる女性の特徴

同棲を始める場合、男性は彼女を「共同生活者」としても見ることになります。恋愛相手としてなら「あり」でも、同棲相手としては拒否することも少なくありません。ここでは、彼氏が「同棲したくない」と思ってしまう女性の特徴について紹介します。

1. 二人のスケジュールばかり優先させようとする女性

二人のスケジュールを優先しなければ機嫌が悪くなる女性に対して、男性は同棲したくないと感じます。同棲していても仕事上の付き合いや友達付き合いはあるのです。仕事の接待や、友達の記念日のお祝いにまで口出しされると「同棲したくない」と思ってしまうでしょう。

2. 嫉妬心が強すぎる女性

男性は女性に嫉妬されると疲れを感じます。やましいことなんか何も無いのに、嫉妬心から責め立てられると、同棲したいと思わせることはできません。自分は嫉妬心が強いと思う女性は、嫉妬もほどほどにしておくことを注意点として肝に銘じておきましょう。

3. 彼氏のものを勝手に使う女性

彼氏のものは自分のものと勘違いしている女性は、彼氏に「同棲したい」と思わせることはできません。特に勝手にスマホをチェックされたりすると、誰でも嫌悪感を感じてしまいます。もちろん、同棲をアピールされても拒否するでしょう。

学生

22歳

前に付き合ってた彼女が部屋に遊びに来たとき、何気にギターを触ったんだよね。その時、カチンときちゃって「こいつとは暮らせない!」って思ったんだ。彼女にしてみれば悪気はなかったと思うんだけど、一言「触っていい?」って言ってほしかったな。

男性には女性に理解できない「こだわり」がたくさんあるものです。特に大切にしている物は、例え彼女であっても、触られたくないという男性は少なくありません。

同棲したい!部屋決めのコツは?

同棲が決まったら、二人が暮らす部屋を探すことになります。実はこの時が一番楽しい時期かもしれません。どういった部屋を決めるかは、同棲を長続きさせるためにとても重要なポイントです。ここでは部屋を決める際のコツや注意点を紹介します。

1. 二人の職場から近い場所を選ぶ

同棲となると二人の生活が始まることにウキウキしてしまって、立地条件よりも間取りや部屋の雰囲気を優先しがちです。しかし、日々の生活や仕事があることを忘れてはなりません。

アルバイト

34歳

できるだけ広い部屋に住みたかったから、彼の職場から離れた場所に部屋を借りたら大失敗。もともと夜遅くまで仕事する人だったんだけど、さらに遅くなって二人の時間なんて同棲前より短くなったくらい。結局1年ほどで結婚したんだけど、また引越しするハメに…。

部屋の間取りも大切ですが、まずは二人の生活圏を確認しましょう。注意点としては、二人の職場や学校に通うことを考えて、お互いにとって便利な場所に部屋を探すことです。

2. 家賃で無理をしない

大好きな彼氏と一緒に生活するのだから、少しでもグレードの高い部屋に住みたいと思うのは当然のことです。しかし、生活費を切り詰めてまで家賃に回していると、経済的に苦しくなり同棲を楽しむことができません。二人の収入の3割程度を目安にして、無理のない家賃の部屋を探すのが注意点であり、同棲を長続きさせるコツです。

3. ケンカした時のことも考えて間取りを選ぶ

同棲していると、些細なことでケンカになる時もあります。そんな時はお互いに一人になって冷静に考えることが大切ですが、一部屋しかないと逃げ場がなくなってしまうのです。ケンカをしたり一人になりたいと思った時のことも考えて、間取りは2K以上を選ぶのがおすすめです。

(同棲の準備&段取りについては以下の記事も参考にしてみてください)

同棲の準備&段取り!いつから始める?必要な期間&やることリスト7選!

同棲したい!決めるべきルール9選

お互いの価値観や習慣には違いがあるので、それを補うルールが必要です。ルールを作りしっかり守ってこそ、同棲生活が円満に長続きするようになります。

1. 同棲する期間を決める

同棲をするにあたって、男性心理と女性心理に違いがあります。女性は結婚を視野に入れることが多いですが、男性は結婚とは別に考えていることも多いのです。期間を決めないとズルズルと長くなるだけで、お互いにけじめをつけるタイミングを逃してしまいます。例え同棲生活が順調でも、期間をしっかりと決めて守ることは重要です。

2.お金の分担・割合

お金のトラブルは生活に直に影響するので深刻です。お互いが負担をする割合や分担をしっかりと決めて、相手に余計な負担をかけないようにしましょう。金銭面がだらしない人とは同棲したくないですし、長続きしません。

OL

23歳

同棲を始める時に彼と一番悩んだのがお金の事。結婚を前提としてたから、二人で貯金しようと決めたんだけど、それまで二人とも貯金なんかしたことなくて…。でも同棲をきっかけに金銭感覚が身についたから、結果的に良かったかも。

同棲中に二人でしっかりと金銭感覚を身につけておけば、早く結婚資金を貯められますね。また、結婚後もお金のことで揉めることが少なくなります。

3. 生活習慣のルール

「トイレの蓋を開けっ放しにする」「便座を下ろしていない」など些細なことがストレスの原因になります。小さな事だからと我慢を重ねると大きなケンカに発展しかねません。あまりにも細かい事を毎回言うのもマイナスですが、我慢をしすぎるのも良くないので、生活習慣の違いは話し合って妥協点を探りましょう。

4. 家事のルール

彼女が専業主婦ではなく共働きであるなら、家事の役割分担は決めておかないとトラブルになります。トイレの掃除は彼女がするけど、風呂掃除は重労働なので彼がするなど分担を決めましょう。また、曜日で分担を決めるのも良い方法です。

5. お互いのスケジュールを知らせる

帰りが遅くなるときは連絡をしましょう。彼女が美味しいご飯の準備をしてくれているのに、その気持ちを無駄にしてしまいます。彼女の帰りが遅いとトラブルでもあったのかと心配もするでしょう。また、突然友達を連れてくるのも喜ばしいことではありません。共同生活なのでお互いにスケジュールを把握して、負担をかけないように配慮しましょう。

6. ケンカをしてしまった時のルール

ケンカをしてしまったときのルールは大切です。ケンカしても仲直りするためのルール作りをしましょう。家を飛び出した相手が帰ってきても「もう帰ってきたの?」など嫌味を言うのはやめましょう。

例えばケンカをしても同じ部屋で寝るというルールも効果があります。翌朝いつもどおりに「おはよう」と声をかける事で仲直りできるでしょう。

7. 避妊

同棲をしていると避妊がおろそかになるカップルも多いですよね。妊娠を機に結婚へと進むパターンもありますが、そうではない事も考えておかなければなりません。妊娠から結婚という順番も違いますが、望まない出産であれば中絶など彼女の負担は大きくなります。二人で責任をもって避妊はしっかりとしましょう。

8. 定期的にデートをする

いつも一緒にいられて幸せと思っていても、マンネリ化は訪れます。寝起きのままの彼女の姿や、パンツ一枚で過ごす彼の姿など珍しくなくなることもあるでしょう。定期的にデートをしたり記念日に出かける事で、新鮮な気持ちを持ち続けられます。

9. マナーを守る

親しき仲にも礼儀ありといいますが、同棲中のカップルも同じです。相手は所有物ではありませんから、お互いのことを尊重しましょう。小さなケンカもあるでしょうが、心無い言葉を投げたりするのはNGです。お互い嫌だと思う不快な行動については、きちんと話し合いルールを定めましょう。

同棲後結婚につなげるコツ5選

同棲を始めた女性は誰もが「結婚したい!」と思うことでしょう。しかし、あまりにもその気持ちが強すぎると、返って結婚につながらなくなってしまいます。では、同棲後に結婚につなげるコツを見ていきましょう。

1. 将来について定期的に話し合う

同棲をしていると、いつの間にかその期間が長くなってしまい「いまさら結婚なんて」といった気持ちにもなりかねません。そこで、彼とは定期的に将来について話し合う機会を持ちましょう。仕事のことや子供のことなどを重くならないよう楽しく話し合うことで、結婚という共通の目的を持つことができます。

2. 両親に「同棲したい」気持ちを打ち明ける

同棲を始めるにあたっては、両親に「同棲したい」気持ちを打ち明けるとともに、互いの両親にあいさつしましょう。両親にしてみれば、どういった相手と同棲を始めるのかはとても気になるところです。また、相手を紹介することで食料品など、思わぬ支援を受けることもあります。

OL

27歳

同棲を始めるときに、両親には打ち明けて彼にはあいさつに来てもらったよ。その方が安心すると思ったし、食べ物の援助も貰えるかと思って。彼としても私の両親と会ったことで、後ろめたさがなくなったみたい。

男性は彼女の両親にあいさつすることで、今まで以上に責任感を感じることになるでしょう。注意点としては、彼氏の気持ちを察し、両親に会ってもらうことを焦らさないことです。

3. 「同棲したい」気持ちを持ち続ける

同棲を始めると一緒にいる時間が嫌でも長くなり、相手の良いところも悪いところも目につくようになります。ライフスタイルが合わないと感じることもあるでしょう。注意点としては、互いにあまり干渉せず「同棲したい」と思った最初の気持ちを持ち続けることです。そうすれば互いに居心地が良くなり、自然と結婚というゴールが見えてくるのです。

4. 相手のことを信用する

同棲の期間が長くなると、彼の気持ちが信用できなくなる時もあるでしょう。「本当に結婚のことを考えてるの?」「もしかして浮気してる?」といったネガティブな反応が連鎖して、二人の関係が壊れる可能性もあります。相手のことを信用してどっしりと構えると、お互いの信頼関係はより深まり、結婚にもつながります。

5. 結婚を意識させ過ぎない

女性は結婚したいという気持ちが強まると相手にも意識させようとしますが、逆効果にしかなりません。もちろん互いに結婚を意識することは大切ですが、四六時中迫られては嫌な気分になってしまいます。結婚を意識させ過ぎないことも結婚への近道であることを忘れてはなりません。

(結婚前に同棲を始めるべきかについては以下の記事も参考にしてみてください)

結婚前に同棲を始めるべき?親的には入籍後がいい?理想のタイミングは?

同棲は慎重に!

好きな人と一緒に迎える朝は幸福感で満たされます。絆もより深まり、愛情をより強く感じる事もあります。しかし楽しい事ばかりではありません。お互いの嫌な部分が見えてきて破局を迎えるカップルも非常に多いのです。

お互いのライフスタイルや価値観、そして習慣の違いなど、二人で話し合って解決しなければならない問題も多く出てきます。しかし、そういった問題を乗り越えれば自然に「結婚」という幸せにつながっていくでしょう。

関連する記事