おべっかの意味や例文|おべっかを使う人の特徴・心理や周囲の本音も!

おべっかに良くない印象をもつ人もいます。おべっかを使う人の特徴や、性格・心理について、おべっかの上手な使い方や、おべっかの見抜き方なども交えて紹介します。番外編として、おべっか使いな人の"やらかしエピソード"や"周囲の本音"など、みんなの声も紹介します。

目次

  1. おべっかとは?方言なの?意味は?
  2. おべっかの使い方・例文
  3. おべっかを使う人の特徴
  4. おべっかを使う人の性格・心理
  5. おべっかの長所と短所
  6. おべっかの上手な使い方
  7. おべっかの見抜き方
  8. 【体験談】おべっか使いな人のエピソード&周囲の本音
  9. おべっかも時と場合で世渡り上手に!

おべっかとは?方言なの?意味は?

おべっかという言葉を聞いたことがありますか。本当はそんなこと全く思っていないのに、言われた相手が喜ぶようなことを言ったりしたりすることをおべっかといいます。

おべっかを使う人のことを指す言葉として、太鼓持ち・腰巾着・金魚の糞・米つきバッタといった言葉がありますが、いずれも媚びる・へつらうなどという意味をもっており、言われて気持ちがいい言葉ではありません。

おべっかとは方言?

普通に話していて、おべっかという言葉が出ることは少ないですよね。人に媚びるという意味なので、たいていの場合、悪口として使う場合が多いです。堂々とは使いにくい言葉ですね。あまり聞きなれない言葉なので方言かと勘違いしている人もいますが、おべっかはれっきとした標準語です。

おべっかの由来とされているものに、御弁口(おべんこう)があります。弁というのは口の上手さを表現する言葉です。弁口に御の字がついて御弁口になったものがなまって、おべっかになったと考えられています。関東ではおべっかと言う人が多いですが、関西では「おべんちゃら」という方言があります。また、北海道では「べんこ」という方言もあります。

御弁口とは別の説もあります。おべっかを使う人のことを腰巾着といいますが、帯のように腰にくっついているということで、「御前は帯か」がなまっておべっかとなったという説もあります。おべっかの由来はほかにも諸説あります。

各地に「おべっか」を意味する方言がある

おべっかを意味する方言は全国にあるので、おべっかを使う人は全国にいると考えて良いでしょう。宮城の方言では「おずいしょ」、埼玉の方言では「おてんたら」、九州全般の方言では「まいす」という言い方もあります。ほかにも色々な方言があります。慣れない土地で暮らし始めた時は、知らず知らずのうちに悪口を言われていないかチェックしてみましょう。

おべっかの使い方・例文

おべっかの使い方を例文で説明します。権力のあるものに媚びる人を貶める場面で使われる例文を紹介します。

・あの人は部長にいつもおべっかばかりだけど、何もやってくれない。
・私が会長の息子だと知ると、周りの大人までもが私におべっかを使うようになった。
・あんな歯の浮くおべっかを堂々と使えるなんで、どんな性格をしているんだ。
・特に優れた部分がない私の場合、おべっかでも使って点を稼ぐしかない。

おべっかの例文にあるように、おべっかを使うというのは悪口に利用されたり、おべっかをいう相手をさげすんだりする意味合いがあります。また自分のことを卑屈に言う意味でも使われることがあります。

おべっかを使う人の特徴

おべっかを使う人の特徴について説明します。おべっかを言う時には、本心から褒めていると相手に勘違いさせなければいけません。人当たりの良さがおべっか使いのポイントと言って良いでしょう。特にいかなる場面でもマイナスな印象を与えないタイプは、すぐれた戦略家であることが多いです。ライバルだった場合は油断なりません。

特徴①:第一印象が明るく好印象

おべっかを使う人の特徴として、第一印象が明るいことがあります。人の印象は第一印象で大方決まるというのを、おべっか使いは自覚しています。挨拶や身だしなみ、そして笑顔は欠かせません。胡散臭い人が媚びる場合は相手にされない場合が多いですが、好印象な人がいう言葉は信じやすくなるものです。

いつも好印象をキープしているおべっか使いの場合は、おべっか以外も仕事ができたり周りを察する能力に優れていたりする場合もあります。あらゆることに秀でている中で、おべっかという言動を使いこなしていると考えればいいでしょう。おべっか使いということがばれても、周囲からは疎まれることはあれ、陰口は叩きにくいタイプです。

特徴②:二面性がある

おべっかを使うときは、本音では思っていない言動をするため、どうしてもストレスがたまります。強いメンタルを持っていて、二面性がある人が多いです。相手に気に入られて自分が有利に動けるようになるには、割り切っておべっかを使おうと考える性格なので、自分に利益をもたらさない人に対しては、冷たくあしらう言動が目立つ場合もあります。

二面性があるおべっか使いは、陰口をたたかれたり嫌われることが多いのが特徴です。特定の相手にはおべっかを使っていても、周りの意見から媚びる言動がバレてしまったり、墓穴を掘ることもあります。戦略として穴が多いので、気にしなくても自分から自滅していくことが多いでしょう。

特徴③:協調性があるように見える

一見あたりさわりがなく特徴がない人でも、おべっかを使う人がいます。本人は悪気がなかったり、利益を得ようとしているわけではないのですが、本心ではないおべっかを、自然と使ってしまう場合があります。職場やママ友、家族などのグループに波風を立てないように、とにかく相手に同意してしまうのが特徴です。

このような人は協調性があるように見えますが、自分の意見はあまり言わないことが多いです。とにかく媚びておけば、場面がうまく収まると考えていることもあります。特定の人と仲良くせず、少し距離があるように感じるのもこのタイプの特徴です。

おべっかを使う人の性格・心理

おべっかを使う人の性格・心理について説明します。おべっかを使うというと、媚びたりする悪い意味に思われがちですが、性格や心理としては必ずしも悪気があるわけではありません。

性格・心理①:人より優位に立ちたい

人より優位に立ちたいということで、戦略としておべっかを使う人がいます。おべっかがバレてしまう場合もありますが、とにかく上の者に媚びておけば自分に有利にものごとが動くと考えています。上司や先輩の人間性がどうであれ、おべっかを使うと決めているためメンタルが強い性格であると言えます。

おべっかがバレる場合もありますが、おべっかを言われた人からしたら、自分に敵意がないとわかるので悪い気はしないでしょう。また、周りから嫌われても気にせず、おべっかを使い続ける場合が多いです。人より優位に立つためには手段を択ばないという心理が、おべっかになって表れています。

性格・心理②:周りを見下している

おべっかを使う人の性格・心理として、言われた人はおべっかに気づきやしないという見下しの気持ちがある場合があります。相手が実際気がついているかはわかりませんが、本人は周りを馬鹿にしていることが多いです。面倒臭い場面に遭遇すると、適当に媚びる言動をとって、逃げていくこともあります。

上司や先輩に対しておべっかを言う時には、いつか蹴落としてやるという意味でおべっかを使っていることもあります。褒め殺しのように、絶えず褒め続けることで相手を油断させる戦略の場合もあります。したたかで油断ならないのがこのタイプの特徴です。

性格・心理③:自分に自信がない

おべっかを使う人の性格・心理として、自分に自信がないという場合もあります。イエスマンタイプで、グループ内に波風を立てるのを好まない性格の人が多いです。媚びるというより、ことを荒立てないために自然と相手に従ってしまう特徴があります。積極的におだてることはありませんが、グループで権力がある人には従う傾向にあるのが特徴です。

また、何かやましいことがある場合にも、おべっかを使って注意をそらす戦略を選ぶ人もいます。日頃そっけない人からいきなり褒められた場面では、何か隠しているのではと疑ってみても良いでしょう。あからさまな言動がなくても、やたらと笑顔が多かったりいつもより好印象にふるまっている場合は要注意です。

おべっかの長所と短所

おべっかを使う人の長所と短所について説明します。おべっかには良い面も悪い面もあるのです。

長所:気に入られやすい

おべっかを使う人は気に入られやすいです。例え相手におべっかがバレたとしても、悪い気はしない場合もあります。本心を殺してまで自分に従ってくれるのだと思う人もいます。戦略としておべっかを使うことで出世をもくろむ人もいます。仕事や人間性などほかの能力が伴ったうえでのおべっかであれば、十分に効果を発揮するでしょう。

たとえほかの能力が伴わなくても、ムードメーカーとして悪いようには思われないこともあります。意識しておべっか使いになる場合は、嫌われないようにあからさまな言動はやめましょう。周りをフォローするようなおべっか使いを目指していくのがポイントです。

短所①:信用を無くす

おべっかは本心での言動ではありません。油断すると、信用を無くしてしまいます。自分がリラックスした場面でつい本音が出てしまうことがあるので、戦略としておべっかを使っている人は、かたときも気をぬけません。いかなる場合でも媚びるというのはメンタルに強い負担をかけます。

短所②:ストレス

気を許せる相手がいなくなって、本心を打ち明けられる相手がいなくなると、ストレスのはけ口がなくなります。おべっかは口先だけでできると思っていても、実際戦略としてやってみたら、思いのほかストレスが溜まったという人がいます。

おべっかの上手な使い方

周りの空気を良くしたいという心理から、おもわずおべっかを使う人も。グループ内で誰かが一方的に自慢話をしだしたときなどに、会話が停滞することがあります。そんなときに、おべっかで気まずい場面を変えてくれる人もいます。居合わせた周囲としては、ホットすることもありますね。

気まずい場面を救ってくれたという意味では、おべっかというよりフォローという表現があっていますね。こういった優しいおべっかを使う人は、周囲の空気に敏感で優しい性格の人もいます。

おべっかの見抜き方

自分がグループ内で権力があると自覚している人は、おべっかを言われることもあるでしょう。媚びるおべっかを見分けるポイントを紹介します。

おべっかの見抜き方①:他の人を貶める言動

おべっかを使う人は戦略として自分が優位に立ちたいと思うあまり、おもわず他のライバルを貶める言動を発する場合があります。普段は尻尾を出さないタイプでも、焦りがあると不用意な言動が垣間見えることも。もし、おべっかを使っているか疑いがあるなら、カマをかけてみるのも有効です。

おべっかの見抜き方②:早口

媚びることに慣れているタイプは、よどみなく早口でしゃべる場合があります。一流営業マンのセールストークのように笑顔で早口で喋る人は、疑ったほうが良いでしょう。耳障りが良い言葉を相手の頭に流し込むことで、考える隙をなくし、相手に信じ込ませる戦略です。

このようなおべっか使いは、他の人に対してもおべっかを使い慣れていることが多いです。他の人に対する言動を客観的にみて、媚びるような言動がないかチェックしてみましょう。

おべっかの見抜き方③:口数が多い

何か気まずいことを隠したい場面で、口数が多くなるおべっか使いもいます。いきなりたとえ話をしだしたり、「正直に言ってなど」前置きが多い場合は、時間稼ぎをして言葉を選ぶ戦略の可能性があります。自分が褒められている場面で、話を遮ることが難しくなる心理を利用しています。いつのまにか、話が別の方向にそれていないか注意しましょう。

【体験談】おべっか使いな人のエピソード&周囲の本音

おべっか使いな人のエピソードや周囲の本音を紹介します。

見ている側が気まずくなる場面

飲み会、宴会の場合だと上司に気を使わねばいけないという気持ちから慣れないおべっかを使う人もいます。自分に自信がないという心理からではありますが、過剰なリアクションだと周りがハラハラする場合もありますね。媚びる気持ちがなくても、嫌味がない言い方ができるような処世術も必要です。

見知らぬ人がおべっかを使っているのに気が付くときもあります。その人は本心で言っているかもしれないのに、媚びるように聞こえてしまうこともあります。本心かおべっかかどうか見抜けなくてモヤモヤすることもありますね。

おべっかを言われた人の体験

あからさまが手のひら返しのおべっかに、呆れを通り越してただただ関心してしまった人もいます。いざ自分がおべっかを使われると、嬉しさや悲しさ以上に、びっくりすることがあるものですね。

立場が変わったことで慌てておべっかを使っても、相手に不快な思いをさせる場合が多いです。使い慣れていないおべっかは、さらに嫌われる原因になります。最初から仲が悪かった人に対して、あからさまに態度を変えるのはやめましょう。

おべっかを使う人の意見も!

過去の経験から空気を読むという処世術を身に着けた結果、おべっかを言うようになった人もいます。戦略の一つではありますが、おべっかを言ったからといって責められないタイプです。

おべっかかなと感じても、素直に受け取る心も大切ですね。疑うよりもありがたく受け取ることがお互いに幸せになれるという人もいます。

おべっかも時と場合で世渡り上手に!

おべっかという言葉は方言ではありませんが、聞いたことがない人もいますね。おべっかを使うとは悪い意味で言われることもありますが、使い方によっては波風を立てない戦略だったり、うまく場面をもりあげることもあります。出世していける人は、能力とともに自然なおべっかが使える人の場合もあります。上手なおべっかで、世渡り上手になりましょう。

関連する記事