付き合う前のLINEのベスト作法!〈年代別〉連絡頻度・内容・話題など徹底解説!

付き合う前のLINE(ライン)は、恋を成就させるための重要な要因です!この記事では、付き合う前のLINEの頻度・内容・話題について紹介をしていきます。また後半ではもう少し深堀って、〈中学生〉〈高校生〉〈大学生〉〈社会人〉の年代別に、恋を上手に進める例文もご紹介!是非参考にしてくみてください。

目次

  1. 付き合う前のLINE(ライン)は色々迷いがち…!
  2. 付き合う前なのに頻繁にLINE連絡くれる人の心理は?
  3. 付き合う前のLINEで送りたい〈内容〉
  4. 付き合う前のLINEを送る〈タイミング〉
  5. 付き合う前のLINEを送る〈頻度〉
  6. 相手に上手に自分を意識させるLINEメッセージって…?
  7. 付き合う前の上手なLINEメッセージ・例文〈中学生・高校生〉
  8. 付き合う前の上手なLINEメッセージ・例文〈大学生〉
  9. 付き合う前の上手なLINEメッセージ・例文〈社会人〉
  10. 付き合う前のLINEは重要なツール!

付き合う前のLINE(ライン)は色々迷いがち…!

LINE(ライン)は本当に便利ですが、好きな人ほど判断に迷うことが多いです。特に、意識し始めの好きな人へのLINEなら「こんなことを送っていいのかな?」と不安になっても仕方ありません。付き合う前のLINEでは誰もが色々と迷うものなのです。

LINE(ライン)は恋愛を発展させる上で重要かつ必要なツールです。片思いをラブラブにできるよう、これからLINEの内容や頻度、話題について様々なことを紹介していきます。まず最初は、頻繁にLINE連絡をくれる人の心理についてです。

カップルのLINEって何話す?一挙30組のラインのやりとりをご紹介!

付き合う前なのに頻繁にLINE連絡くれる人の心理は?

気軽に送れるLINE(ライン)は本当に便利です。ただ女性と比べ男性はあまりLINEを利用しないことが多く、返事も必要最低限なことが多いもの。そこで頻繁にLINEで連絡をしてくる心理について男女比較しながら紹介をしていきたいと思います。

付き合う前の心理1.男女で異なる長時間のLINEへの考え

会話好きな女性はLINEや電話で長時間の会話を楽しみます。時には楽しみ過ぎて連絡目的がわからなくなっていたり、抜けていたりと会話が脱線しがちです。仲が良い友達ならば会話自体を楽しむためだけにLINEを長時間利用もします。

男性は短いLINEのやりとりを頻繁にはできますが、長時間ダラダラは好みません。会話を楽しむ女性と違い、男性は要件が伝わればよいからです。男性が付き合う前に頻繁にLINEを返してくれる場合、脈ありの可能性が高くなります。

付き合う前の心理2.男性は目的を女性は会話をLINEに求める

男性は会話は内容があってこそすべきという考えの人が多いです。LINEも連絡用ツールの一つよ考えるため、無駄な会話がなくスッキリと簡潔です。男性はLINEの連絡が苦手なのではなく、連絡する必要がなければ使わないという考えが常にあります。

女性にとってはLINEも会話を楽しむ延長線上のツールです。そのため、素っ気ない返信に脈ありかどうかなどと悩みやすくなります。付き合う前の男性が、簡単にでもLINEを返してくるのは、多少なりとも恋愛感情があり、その女性に対して脈ありだと考えられます。

付き合う前の心理3.男女で異なる頻繁なLINEへの判断基準

目的や連絡すべすべきことがあってLINEを使うのが男性。些細なことでも会話を楽しむためにLINEするのが女性。この違いを理解していれば、素気ないLINEでも、頻繁だが無目的なLINEでも脈あり、恋愛感情のあるなしの判断を間違うことがなくなります。

些細なことを頻繁にLINEする女性、要件のみのLINEをパッと送る男性、両者とも脈ありの人々と考えられます。女性と男性のLINEの頻繁さは単純に数だけで測ることはできないのです。付き合う前でまだ好きな人との距離も少ないため、難しい判断となります。

付き合う前の心理4.LINEでの気遣いはポイントが高い

相手との距離やスケジュールを把握していない場合、電話を掛ける前のメールやLINEは大事です。これから電話しても良いか確認した方が相手の好感度があがるからです。特に男性はこういったことを好み、好きな人とのLINEへの効果が期待できます。

LINEを頻繁にしたいのならば、ちょっとした気遣いは本当に大切です。特に片思い中の付き合う前の男女ならば、その後の関係にも大きな影響を及ぼすでしょう。ダラダラとLINEや電話をするより、LINEを次のデートにつなげる手段となる気遣いの方が大事です。

付き合う前の心理5.LINEでの脈ありの判断基準が異なる

付き合う前であろうとなかろうと、男性のLINEは短めや簡素である傾向にあります。顔が見えれば脈ありかどうかの判断は視野すでしょう。しかしLINEは顔を合わせない状態で話をしているので、男女で判断基準が異なってくるのです。

用事がなくても来るLINEを女性は脈ありと喜び、頻繁なLINEは失礼だと考え遠慮するが男性です。頻繁でなくてもLINEを返す男性、目的のないLINEでも毎日送ってくれる女性は脈ありかもしれません。悲観的になりすぎず、冷静に判断をしてください。

付き合う前の心理6.目的があれば頻繁なLINEになる

相手を困惑させないためにも男女とも目的を決めてLINEをしましょう。内容がブレ相手を困惑させるのが女性、連絡事項がないから回数が減るのが男性です。距離のつかめない付き合う前の男女はこういったすれ違いで脈ありの判断に迷います。

目的がしっかりしていてこそ片思い中のLINEは成功するのです。週末のデートでも仕事の相談でも、なんでも良いので目的を決めてからLINEをしてください。頻繁である「自然な」理由を作るのです。このように目的があれば恋愛への道もそう遠くはないはずです。

LINEで分かる女性の脈ありサイン15選!内容・頻度〜スタンプなど分かりにくいものも!?
男性が見せる脈ありサイン35個!分かりやすい順に態度・行動〜LINEまで徹底紹介!

付き合う前のLINEで送りたい〈内容〉

次が付き合う前のLINE(ライン)で送りたい内容についてです。片思い中はLINEの内容は気をつけなければいけません。ちょっとしたミスがラブラブな関係に進めなくするかもしれないからです。上品かつ、親しみやすい、付き合う前のLINEの内容について紹介していきます。

付き合う前のLINEの内容1.さりげなく好きな人の存在を確認しよう

好きな人に相手がいたら、と考えるのは付き合う前の誰もが持つ悩み。まだ片思いかラブラブかがわからなければ、LINEで相手に好きな人がいないかを聞いてみましょう。さりげなく「好きな子いないの?」「え?今フリー」と答えてくれたら次に進むチャンス。

ただこの時、気持ちを押し付けるような文面にしては逆効果です。相手からの告白を強要するようなものもダメです。付き合う前の「なんとなくいい雰囲気」が崩れてしまいます。片思いからラブラブへ昇格する大切な時期です。焦らないよう気を付けてください。

付き合う前のLINEの内容2.自分アピールと好意を伝える場にする

付き合う前とは、まだ互いに理解をしていない状態でもあります。面と向かってアピールできないことはLINEで、さりげなく伝えましょう。反応がうれしくての即レスは、がっついているように見えるので、行間を読むかのように少し時間をおいて、でも丁寧に。

即レスしないと相手に失礼、と思うのは間違いです。友人がいない、もしくは恋愛には重いかまってちゃんと相手の男性に引かれる可能性が。丁寧と言いましたが、長文ではなく短めで的確に。好きな人の時間を邪魔しないことも絶好のアピールなのです。

付き合う前のLINEの内容3.絵文字の多用は避ける

片思い中は、好きな人の存在の有無や自分の好意を伝えるためにLINEを使いましょう。冷たい印象を与えないようにと絵文字を使うのはOKです。ただ、多く使いすぎると内容がブレてしまいます。パッと見てLINEの内容がわからないと興味を失わせることになりかねません。

絵文字は見た目が可愛らしく会話も盛り上げるものとして重宝します。なので男性でも好きな人へのアピールで可愛らしい絵文字を使用することもあります。そのような時、女性は絵文字に興味を示せばLINEは盛り上がります。何事もやりすぎは禁物なのです。

付き合う前のLINEの内容4.相手の得意分野や興味のある話題に触れる

女性にありがちなのが自分アピールのしすぎ。相手にウザがられるので注意してください。LINEの目的は好きな人の得意分野や興味を知るための方法です。男性だって興味がある話題ならLINEも弾みやすくなります。自分アピールは情報収集の方法でもあるのです。

男女とも自分アピールをしつつ、相手が話したいことを話させ興味のあるものや得意分野を見つけるのです。自分に得意なことならLINEの苦手な男性でも盛り上がれます。返事の頻度もあがるでしょう。男女とも相手の話を聞くことで自己アピールも成功となるのです。

付き合う前のLINEの内容5.共通の話題・趣味・体験を選ぶ

何度かデートをする仲なのならば、LINEでデートの話をすると盛り上がります。デートでの体験は共通の話題として盛り上りやすいです。映画楽しかったね、あの店美味しかったと盛り上がれば、次はどこにというデートの約束にもつながりやすくなります。

相手のオススメを一緒に体験をし、同じ趣味にしてしまえばLINEで盛り上がれます。自分の趣味に誘うのもOKです。同じ趣味を持てれば、LINEの頻度も多くなり会う回数も自然と増えます。趣味が目的でデートの回数も自然と増えると、良いことばかりです。

また、手料理が趣味で共通の話題であるという男女は今や珍しくありません。料理の話でLINEが盛り上がれば、頻繁なLINEにもなります。「それ好き」「食べてみる?」とデートの約束にも発展しそうです。

学校や職場が同じなら、共通の話題をLINEで取り上げましょう。LINEが盛り上がらない時は共通の話題が一番です。「それなー」と盛り上がり、付き合う前でもラブラブな雰囲気が楽しめます。共通の話題は好きな人でも緊張せずLINEができ、使わない手はありません。

付き合う前のLINEの内容6.行ってみたい場所を提案する

面と向かって言いづらくてもLINEなら、行ってみたい場所を提案できるものです。その反応で相手が脈ありかどうかがわかることも。付き合う前は好きな人の性格も気持ちもわからず不安にもなります。しかし、LINEでデートの提案は反応次第で、色々な面が見えるものです。

付き合う前のLINEの内容7.友達と遊んだ話を話題にする

友達と遊んだんだけどすごく楽しかった、今度行かない?この一行をLINEに打つことで「いいよ」の返事がもらえるかもしれません。この話題は友達の多さ自慢ではありません。友達だけではなく「あなたとも楽しみたい」という恋愛感情を伝えることが大事なのです。

付き合う前のLINEの内容8.元カレ元カノの話題は厳禁

共有体験をしたいということで、友達と遊んだ話をするのはいいです。でも元交際相手の話は避けてください。楽しかった話題は「今楽しくない?」と卑屈にさせ、辛かった話題は「まだ引きずっている?」と疑われます。元交際相手との比較と受け止められてしまいます。

過去の失敗から今度は絶対成功、と思うのは自由です。しかしこの考えは、これからラブラブになりたい人達には障害としか言いようがありません。LINEで元カレや元カノの内容を今現在、好きな人にLINEするのは賢い判断ではないのです。

ただ、相手が聞きたがるのであれば、必要最低限を話してください。頑なな固辞はあらぬ疑いの元です。さじ加減が非常に難しいところですが、片思い脱却には必要な処世術です。相手の性格をLINEで分析し、ラブラブにつながる道を探してください。

付き合う前のLINEの内容9.恋愛・家族・将来の話はLINEに適している

男女の思考は異なります。でも将来、同じ道を長く歩むかもしれない好きな人に出会ったら。恋愛観が気になるはずです。LINEでの会話でタイミング測り、相手の恋愛観についてを聞いてみましょう。ラブラブな関係が可能かどうか脈ありかを見分けるのにLINEは便利です。

さりげなくLINEで家族の話もしてみましょう。家族構成が相手に伝わり、あなたの人となりを理解してもらえます。家族あるあるは、意外とLINEで盛り上がれる鉄板ネタ。自分自身の話題は照れくさくても家族なら、男女関係なく楽しい話題となります。

将来の話といっても重いものではありません。猫が欲しいとか、あの老夫婦素敵みたいな気軽な感じで話題にするのです。ペットの好き嫌い仕事への価値観、将来の話から恋愛感情は読み取れることがあります。好きな人の思考が自然とわかりとても便利です。

付き合う前のLINEの内容10.楽しく使うことを常に意識して

付き合う前の独特な高揚感でLINEは失敗を招きがちです。内容は相手が楽しめるもの、ということを決して忘れないでください。楽しさからカップルであると錯覚をしてしまうと失敗してしまいます。常に相手を気遣う、これだけは絶対忘れてはいけません。

付き合う前のLINEを送る〈タイミング〉

LINE(ライン)の内容も気になりますが、タイミングも付き合う前ではかなり悩む問題です。既読スルーは嫌だし、すぐに返事が欲しいと思うのならば、LINEのタイミングは大切にしましょう。そこで次はLINEを送るタイミングについての紹介です。

1.相手の都合を直接聞いてタイミングをはかる

好きな人にはすぐに返事をだしたくなる女子に比べ、「了解」と心の中で完結し、と既読スルーしてしまう男子。LINEの返事を確実にもらうには男女で注意のしどころが微妙に違います。LINEはタイミングを読み間違うと気持ちのすれ違いまで起こしかねません。

直接話せる環境にいるのなら相手の都合を確認するために「この後、LINE送ってもいい?」と聞きましょう。嫌でなければ、LINEがOKな時間を教えてくれるはずです。「ちょっと長めでもいいかな?」とゆっくりLINEをしたいこと伝え相手の反応も確かめましょう。

女子は気のない人には、頻繁にLINEを返しません。男子は返信を確実にすることを重要視しない傾向にあります。女子からLINEが来ないのは脈ありでないサインの場合が多いですが、男子は一概にそうとは判断できないのです。最適なタイミングを計る観察力を大切にしてください。

2.まず短めのLINEを送り相手の都合を確認しタイミングをはかる

会う機会がなければ、メールやLINEでまず「話があるんだけど、時間ある?」と確認をしてください。直接でも間接でもまずは相手の都合を思いやるのが大切です。返事を必ずもらうための準備とは、好きな人を思いやることでもあるのです。

こういった思いやりは相手に自然と伝わります。脈ありならばすぐにでもLINEを返す気持ちになるでしょう。ただこの確認のメールやLINEは、世間一般の常識的な時間の範囲内で行ってください。非常識と誤解され、片思いから恋愛に発展できなくなります。

3.自ら時間を指定しタイミングをはかる

時間を指定し相手の都合を確認するのも良い方法です。具体的な内容だと男女とも答えやすいので、自分の都合の良い時間ならOKをしてくれるでしょう。都合がつかなければ、他の時間を提案するために相手がLINEを送ってきてくれ、やりとりを楽しめます。

ただ、ここまで具体的なLINEを送ったのにすぐに返信がない場合もあります。その時、何度も返事を催促するような行為は厳禁です。たまたま忙しくて返信のタイミングが合わなかいという状況も察せないといけません。

相手を気遣うLINEを最初に送ってもその後の催促で相手をウンザリさせてしまってはラブラブへの道は遠のいてしまいます。こちらが時間を指定するのは、あくまでも相手の空いている時間を聞き出すのが目的です。返信を強要するものではありません。

仕事が優先、という人はプライベートを後回しにします。もし、その日のうちに返事がなくても脈ありじゃないと、ヘコむ必要はありません。改めて時間指定をするなど、しつこくならないようLINEで相手の気持ちを探ってください。

LINE可能な時間を教えてもらえたら、絶対守ってください。守らないのは相手に失礼ですし、他の予定が入り、LINEのチャンスがつぶれることも考えられます。相手の時間を少しだけもらう、という謙虚さを忘れずLINEのタイミングを外さないようにしましょう。

4.決まった時間での送信はタイミングを気にしなくて良い

毎日気軽に送りたい、と思うのならば朝晩など決まった時間に送るのがオススメです。朝の通勤電車の中や寝る前なら「おやよう、おやすみ」のような挨拶メールは毎日送っても自然です。さほどタイミング云々で悩む必要もないでしょう。

気軽な挨拶程度ならば、脈ありかどうかなんて気にせず送れます。「今日も良い天気。仕事がんばろうね」「お疲れ様、ゆっくり休んでね」などから盛り上がり「週末デートしない?」なんて誘いのLINEが来るかもしれません。

決まった時間の毎日のLINEが習慣になれば、相手も心の準備が整います。LINEの返信にも慣れるでしょう。毎日の習慣が途切れると「どうしたんだろう?」と意識し始めます。片思いだと思っていた相手が脈ありとわかるキッカケにもなるかもしれないのです。

5.電話可能な時間をLINEなどで必ず確認する

LINEのタイミングも大事ですが、電話のタイミングはもっと大切です。自分の都合に合わせて確認できるLINEとは違い、片思い中の相手の状況に関係なくかけられるので更に注意が必要となります。電話の前には必ずLINEなどでかけてもOKか確認をしましょう。

サプライズで電話、というアイデアも時にはいいでしょう。しかし、付き合う前は節度や常識が一番大事です。カップルと間違えるような距離の近すぎる行動は絶対避けてください。ダラダラとした会話を電話でするのも印象が良くありません。

要件をあらかじめ考え電話をし、話がブレなければお互いを分かり合える一歩にもなります。こちらから電話をかけ、時間を作ってくれたのならば、感謝の言葉も伝えてください。脈ありならば必ず好意を持ってくれるでしょう。

好きな人へ送るLINEのきっかけ17個!〈年代別〉おすすめの話題や例文も!
LINEで告白はあり?〈年代〉で意見が真っ二つ!成功例&失敗例も!

付き合う前のLINEを送る〈頻度〉

内容やタイミングがわかってきたら、次はLINE(ライン)を送る頻度です。恋愛前だからこそ、しつこ過ぎて嫌われるのも遠慮して疎遠になるのも避けたいですよね。そこでカップル未満の恋愛前の男女のLINEの適正な頻度について紹介をしていきます。

LINEの頻度は1日数通

恋愛前でなんとなくラブラブになりそうと思うのならば、頻繁なLINEもOKです。ただ、相手の生活リズム考慮し1日数通程度にしましょう。返事を欲しがってLINEの頻度を増やすのはNGです。数通でLINEを止められるよう自制の心を忘れないでください。

付き合う前だからこそ毎日のLINEはOK

毎日LINEってウザく思われない?と考えるのは大間違い。週に1回の長文過ぎる近況報告より、簡潔で短い毎日のLINEの方が読みやすいものなのです。親近感を湧かせ恋愛を意識させてくれます。簡単なやりとりを毎日することで、お互いの距離を縮めましょう。

親近感を高める毎日のLINEでは、相手のプライベートを決して邪魔してはいけません。気遣いを忘れると毎日のLINEはウザく思われてしまいます。1日数回の頻度で毎日のLINEを楽しみましょう。ゆっくりと恋愛を温めていくような感覚は忘れてはいけません。

恋愛前の毎日のLINEはOKでも、相手の性格次第では毎日はダメなこともあります。まだ十分性格が分からないなら、週3日など相手が疲れないペースで続けしょう。片思いを打破するためなら毎日もOKと言われますが、こればかりは人それぞれの性格で判断してください。

毎日のLINEが大歓迎、とわかったら、頻度よりも相手が会いたいと思える内容を送るよう心がけましょう。毎日のLINEで距離を縮めるのも良いですが、恋愛前の男女からカップルに昇格するためには会う頻度も多くするべきです。

毎日顔を会わせられる、ということは片思い中ならとてもうれしいことです。自分の顔を相手に印象づける、自分をもっと知ってもらうためにも会う機会を多く作りましょう。2人の時間を作るために毎日送るLINEは上手に活用してください。

ペースを把握し毎日のLINEを楽しむ

LINEの頻度は相手と自分のペースを狂わせない程度が一番です。相手のペースを把握してLINEを楽しめれば、ラブラブになるキッカケにもなるでしょう。相手がどのようなタイプかを見極め、2人に適したLINEの頻度を探してください。

こういう関係が築ければ、付き合い始めた途端いきなりLINの頻度が増えて、相手を驚かせることも起きません。付き合う前とは、相手に遠慮し合わせるだけの時期ではありません。正しくラブラブになるためにも交際前からの連絡ペースの把握はとても重要なのです。

彼氏とのLINE(ライン)完全攻略!長続きカップルの連絡の内容・頻度など!

相手に上手に自分を意識させるLINEメッセージって…?

付き合う前のLINE(ライン)は片思いをラブラブに進展させる重要なアイテムです。ダラダラと続け友達のまま終わる、なんてことは誰もが避けたいはず。上手に自分を意識させる、それがラブラブな関係を築く大変重要なことなのです。

1.LINEの話題は相手が喜ぶものを選ぶ

会話のようにLINEを楽しむことは大切ですが、好意を伝えることが一番大事です。そのためにも相手が興味を持っている話題を探し、LINEで送ってみましょう。相手が自分の好きな分野に興味を示してくれれば、誰でも嬉しく感じます。

そうやって質問と回答を繰り返すうち、LINEは自然と続くようになります。そのまま2人の共通の趣味になれば、LINEは更に盛り上がれます。LINEは相手が答えたくなるような質問で終わらせてみてください。返信も必ずもらえるはずですよ。

2.LINEを通してデートに誘う

デートは男女どちらから誘ってもOKということを肝に銘じましょう。デートに誘うのが恥ずかしいならば、LINEで気軽にデートに誘いましょう。LINEは恥ずかしがり屋の男女がデートに誘う最適のツールであり、好意を伝えるのに一番効果がある方法です。

電話やLINEはあくまでも連絡ツールです。LINEを長時間続けるのは楽しいでしょう。しかしそれでは、お互いの関係は深まりません。相手の好意がわかっても永久に片思のままです。デートの時間を増やして、初めて恋愛は成立することを忘れないでください。

3.あえて他の人から告白されたことを相談する

脈ありかどうかがイマイチかわからない場合は、他の人から告白されたことをあえて相談してみましょう。その場合、好きな人がいるのに違う人から告白された、ということを強調しましょう。もしかして好きな人って俺?と相手に思わせるのです。

真剣に答えてくれ前に、告白されたことにヤキモキして欲しいと思うかもしれません。そう思うなら、LINEで顔が見えないことを活用し、違う人から告白されたけど、本命はあなただよ、とそっと匂わせれば良いのです。

ピンと来てくれれば、LINEをやりとりが続くうちに気がつくでしょう。あなたへの興味も深まるはずです。ラブラブになりたいけれど相手からの告白して欲しいと思うのならば、こういった相談を甲は腐れるチャンスに変えましょう。

付き合う前の上手なLINEメッセージ・例文〈中学生・高校生〉

ここからは年代別のLINE(ライン)について紹介していきます。まずは中学生・高校生編です。まだ初々しいLINEのラブラブ体験談でいっぱいです。当事者は「ふむふむ」と参考に、経験者は「あるある」と心温まってくださいね。

中学生

よく質問をする子だから「次の時間は〇〇がいるよー」といつの間にかLINEを送るようになってた。気づいたら好きになってた。

中学生

ある日「好き」って言われた。「えっ」と焦っていると何回もLINEで「好き」って言ってくる。気づいたら好きになっていた。

中学生

LINE交換したらずっと「好き」「守りたい」「幸せにする」って送ってくる。もう!って思ったけど次会うときはその子のこと好きになっていた。

恋愛経験の少ない中学生ならではの初々しい体験です。ラブラブぶりにキュンとしちゃいます。LINEにも柔軟に対応できるからこそ、ストレートなアプローチができるのでしょう。しかし、この純粋さゆえ、別れも早いとの話もチラホラ聞きます。

高校生

いつもは30分で返信してくれる子から何時間も来ない。忙しいのかな、誰かと遊びにいってるのかな、と考えていた時に「ごめんねー」と返信が。俺の心の中で彼女の存在が大きくなっていた。

高校生

「今日試合だったんだよね?」という言葉の後に「おつかれー」のスタンプを送信。「覚えててくれたんだ!」の短い返信に、距離が縮まったことを確信!

高校生

「ねーねー」「なに?」「〇〇って好きな人いる?」直後に冗談か本気かわかりにくいようにテヘヘって感じのスタンプ送信!私の気持ちわかってくれたかな?

中学生よりも恋愛にだいぶ慣れてきた感じがします。気遣いも日常生活を絡めなら上手くLINEを活用していて素晴らしいですね。片思いの気持ちを伝えるのもても上手です。初々しい体験談に応援したくなります。

付き合う前の上手なLINEメッセージ・例文〈大学生〉

大学生となると男性とのLINE(ライン)をする機会も増えてくるでしょう。好きな人、単なる知り合いと送る相手は様々です。その中でも恋愛関係にこぎつけたい人へは上手なLINEを送りいと思うのは当然。これから上手なLINEメッセージを紹介していきます。

大学生

短いんだけど飲み会やバイトの後、必ず「おつかれさま」「気をつけて帰れよ」ってLINEをくれる。これって私に脈ありってこと?

大学生

俺が前にオススメした場所を覚えていたらしく「ここだよね?この前のとこ」って写真を送ってきてくれた。話を覚えてくれていたことに感動。ホントに行ってくれたのかってことに感動。

大学生

「サークル終わってこれから暇なんだ」「今見てる「〇〇」って番組面白いよ」ってよくLINEをくれるので、そのまま盛り上がってしまった。

大学生

「で、〇〇君は?」って聞くから答えたのに一向に返信無し。おいおいって気になったら次の朝「ごめーん、寝ちゃった…」って。可愛いじゃねえか。

さりげない気遣いは男女関係なく好印象になる、ということがわかる体験談が多く参考になります。LINEの途中で寝落ちしてしまう女子の話、可愛いですね。素直に「ごめん」って返されたら男子の心がグラっとなり、片思いがラブラブになってもおかしくありません。

大学生

サークル仲間のLINEって男子はたいてい連絡用だから短い言葉だけ。でも一人だけスタンプを送ってくれるの。文打つの面倒なのかな、とも思うけど、意外と可愛いとこあるなって。

大学生

いつもは文章だけなのに、時々ハートマークを語尾につけてくるA子。すっごい気になるんですけど。

まだまだ学生ということで男女ともスタンプや絵文字を抵抗感なく使い、その方法が自然でいいです。他の人からのLINEとはちょっと違うぞ、程度の使い方はウザさも感じさせず、好意をさりげなくアピールするのにてきしています。

付き合う前の上手なLINEメッセージ・例文〈社会人〉

社会人ともなると付き合う前の男性は、意味合いが違ってきます。どうしても恋愛以外に結婚も意識してしまうからです。そんな大事な存在である付き合う前の男性へのLINE(ライン)は成功させたいはず。上手なLINE(ライン)メッセージを集めてみました。

会社員

デートの後に必ず「会えてうれしかった。今日はありがとう」って丁寧にLINEをくれる。その日のお礼ってうれしいものだとシミジミ。

会社員

「水曜は仕事早いです。次のデート、この日はどう?」ってLINEがきて。私への気遣いにキュンときました。大人の男性って素敵です。

社会人

流れで髪の毛を切ったって話になったら「見たい!」と。写真を送ったら「いいじゃん!すっごい、いい!」って褒められた。

社会人ともなると相手への気遣い方が洗練されてきますね。男女ともその大人な対応にキュンとくることが伝わる体験談が多いです。特別視してもらえる幸せを相手に伝えられたら付き合う前のLINEは大成功でしょう。

社会人

もう少しLINEしたかったんだけど、夜も遅いしと思って「また明日LINEしていい?」って送って寝ました。唐突だったかな?

社会人

相談があると言われてしばしLINE。「長くなるから、続きは明日会って話してもいい?」って言われた。いつも明るい子なのに。大丈夫かな?

社会人

可愛いスタンプが意外過ぎて受けた。私も次のLINEで返信に使ったら「あれ?」って。「えへへ、使って見たくて」とその後しばらくLINEが続いた。ラッキー。

大人だからこそLINEを自制する姿勢、素敵です。相手にもその気遣い絶対伝わってます。まだ続けたいでも我慢、という姿は健気と相手は感じてくれるでしょう。スタンプで相手の以外な一面を見つけ、それを話題に持っていくテクは見習いたいものです。

付き合う前のLINEは重要なツール!

女性と男性とのLINE(ライン)の違い、おわかりいただけましたか?付き合う前のLINE(ライン)は、色々と不安もあるでしょう。しかし、相手を気遣う気持ちさえ忘れなければ楽しい時を共有することができます。固くならずに付き合う前のLINEを楽しんでくださいね。

関連する記事