気品の意味とは?気品がある人の特徴&〈男女別〉の習慣!上品と違いは?

気品について深く考えたことはありますか?この記事では、気品がある人の特徴や身につけるための習慣を〈男性〉〈女性〉それぞれご紹介します。後半では花言葉が「気品」な花や、身につけるために見たい映画もチェックし、教養を身に付けましょう。

目次

  1. 気品とは?どんな意味?
  2. 「気品」と「上品」の違いは?英語や類語は?
  3. 気品がある人の特徴〈男性〉7選
  4. 気品がある人の特徴〈女性〉7選
  5. 気品を身につけるための習慣〈男性〉5つ
  6. 気品を身につけるための習慣〈女性〉5つ
  7. 花言葉が「気品」な花10選
  8. 気品溢れる人が周りに与える印象は?
  9. 気品を身につけるために見たい映画3つ
  10. 気品は内側から滲み出るもの

気品とは?どんな意味?

男性、女性共に、気品溢れる人への憧れがあったり、気品を身に付けたいと思っている人は多いことでしょう。気品溢れる人は、どこか魅力的に感じたり、信頼できたりしますよね。この記事では、気品がある人の特徴や性格、気品漂う人になるための習慣などについて、ご紹介していきます。気品とひとことで言うけれど、具体的にはどういう人のことなの?そんな疑問を解決しましょう。

また後半では、気品にまつわる花言葉や、気品溢れる人が見る映画など、教養部分についてもご紹介していきます。身も心も気品漂う男性、女性になれば、少し大人になったような気がしてきます。一朝一夕で身に付くものではなく、少しずつ漂うようになってくるのが気品です。記事の内容を実践していけば、いつの間にか気品溢れる男性、女性になれて、周りからも一目置かれる存在になりますよ。

会社員

20代

上司が気品溢れる人で、同性の私でも惚れそうなぐらいしっかりしてる。見習いたいです。

営業

30代

男性に気品?って思ってたけれど、大先輩の気品を目の当たりにして、自分もしっかりしなきゃと感じました。

石田ゆり子の気品漂う私服45選!出演作品別に私服風衣装コーデも紹介!
ぱっつん前髪がヒカる髪型〈顔型×長さ別〉20選!可愛い〜大人上品なものまで!

「気品」と「上品」の違いは?英語や類語は?

「気品」に似た言葉で「上品」という言葉があります。どちらも性格を印象付ける言葉に違いはありませんが、少し意味が変わってきます。気品という言葉の中には上品という意味が含まれています。気品はどこか雰囲気を指す言葉であることに対して、上品は行動や性格のことを指すことがほとんどです。上品よりも、広範囲の意味で使われることが多いです。

また「気品」は英語で「Dignity」と言います。対して「上品」は「Elegance」となっており、似た内容の言葉でも、まったく違う言葉で表現されます。「気品」の類語は「崇高」「尊厳」などがあり、その中には「上品」も含まれています。広義の意味での上品さや、どことなく漂う感じを表現する場合、気品という言葉が使われることが多いのが特徴です。

会社員

30代

気品さを勘違いしている女性をたまに見かけて、残念な気持ちになってしまいます。それはただの高飛車だよって言いたくなります。

高島礼子の上品な髪型45選!髪の長さ別にオーダー術を解説! 和風アレンジも!
2018最新*中谷美紀の上品な髪型35選!髪の長さ別にオーダー術&アレンジも!

気品がある人の特徴〈男性〉7選

気品漂う男性には、どのような特徴があったり、印象を受けるのでしょうか?気品がある男性の特徴を、7つご紹介します。気品溢れる男性には、教養が備わっていたり、しっかりした印象を持つなど、なんとなく良いイメージがあることでしょう。気品とひとことで言えばそれまでですが、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか?

自分にあてはめて、気品ある印象が出せているか、確認してみてください。上品な振る舞いができているか、がさつになっていないか、上品さと気品さを兼ね備えた男性になるには、細かなことや性格を見つめ直す必要があります。適当な振る舞いでは、上品さや気品が漂うようになるのは難しいです。特徴を把握し、実践してみましょう。

会社員

30代

だいたい年齢と共に、気品ある人かない人かに大きく分かれていくように思います。特に男性は、だらしない人と気品ある人の差がとても激しいような気が。私もまだまだですが、気品ある行動は意識するようにしています。

気品がある人の特徴1.姿勢が良い

座っている時も立っている時も、だらしない姿勢をしないように心がけましょう。気品ある人は、いつもしゃんとした姿勢をとっています。

気品がある人の特徴2.気配りができる

周りへの配慮ができる男性は、気品の基本です。自分のことばかりでなく、他人のことにも関心を持てたり、心配や手助けができるような気配りはとても大切です。

気品がある人の特徴3.慌てない

気品溢れる男性は、めったに慌てているところを見せません。内心焦っていてもすぐに心を落ち着かせることができ、いつも冷静な判断をくだすことができます。

気品がある人の特徴4.清潔感がある

身だしなみは、上品さや気品さの基本です。爪が伸びていないか、髪の毛がぼさぼさではないか、いつも清潔感を意識して準備を怠らないようにしています。

気品がある人の特徴5.丁寧な言葉遣い

男性は厳しい言葉使いになりがちですが、意図して丁寧な言葉使いをすると、気品さを漂わせることができます。少し意識を変えるだけで実践できるので、気品ある人の言葉使いを真似してみましょう。

気品がある人の特徴6.自分の考え方を持っている

周りの意見に惑わされることなく、自分の考え方をしっかり持っている人は、気品さと強さを兼ね備えています。とはいえ柔軟な姿勢も持っているので、頑固ではありません。

気品がある人の特徴7.寛容な性格

周りの人の意見を取り入れたり、受け入れることができる寛容な性格の持ち主には、気品溢れる人が多いのが特徴です。

気品がある人の特徴〈女性〉7選

佇まいが凛としていたり、丁寧な動作や性格の持ち主は、気品さや上品さを感じることができます。気品漂う女性の特徴を、7つご紹介します。自分が気品漂う女性かどうか、特徴に当てはめながら確認していきましょう。気品がある女性は上辺だけでなく、性格も上品だったり丁寧だったりします。また教養が備わっていて、常識やマナーをわきまえることができます。

教養はなかなかすぐに身に付くものではありません。普段からのインプット量が、その人の教養を決めます。それ以外の丁寧な所作や心の持ちようは、すぐにでも実践できますので、自分が気品さや上品さに欠けていると感じる人は、その日から実践を始めてみましょう。教養も然りですが、日頃の積み重ねは性格や所作の改善に大きく繋がり、気品漂う女性になることができますよ。

会社員

30代

自分が気品あるとは思っていないけれど、プライドを持つようにはしている。でもそれをひけらかしてはダメ、と先輩に教えてもらった。気品さとか上品さ、人生のテーマです。

気品がある人の特徴1.聞き上手

自分の話ばかりする女性は、気品漂う女性とは言えません。気品溢れる女性は、聞き手に徹することができたり、相手に話を振ったり質問するのが得意だったりします。

気品がある人の特徴2.姿勢が良い

気品溢れる人は、いつも姿勢が良いです。立っているとき、座っているとき、歩いているとき、いつ見ても凛としています。とはいえ近付きがたいわけではないので、女性らしく柔らかな印象も持てます。

気品がある人の特徴3.控えめ

気品漂う女性は、基本的に控えめな性格や態度の場合が多いです。ただし、ただ控えめなだけでなく、発言するときはしっかりと発言できる教養も身に付けているので、おとなしいけれどしっかりしているという印象が強いです。

気品がある人の特徴4.きれいな笑顔

大口を開けて笑顔を見せる姿も素敵ですが、気品漂う女性は、どこか慎ましく笑顔を見せます。ニコニコという印象が強いのが、気品溢れる女性の笑顔です。

気品がある人の特徴5.整った身だしなみ

女性は身だしなみに気を使っている人が、男性に比べて多いですが、その中でも細かいところもまで気にしている人は、気品さに溢れています。全身くまなくメンテナンスすることが癖になっている女性は、気品さを持ち合わせています。

気品がある人の特徴6.時間に余裕を持った行動

せわしなく準備をしたり、遅刻している人は、気品さを感じることができません。気品のある人は、時間に余裕を持った行動を心がけています。

気品がある人の特徴7.心にゆとりがある

仕事やプライベートの問題は先延ばしせずに、しっかり問題を解決することで、心にゆとりが生まれます。ゆとりが出ると、周りの人間にも優しくなることができます。

気品を身につけるための習慣〈男性〉5つ

気品さや上品さを身に付けるためにはどのような習慣を付ければ良いのでしょうか?習慣を付ければ、自然と気品溢れる男性になることができます。気品を身につけるための習慣を、5つご紹介します。相手に自然と上品な感じを印象つけることができる習慣ですので、ぜひ実践してみてください。習慣づけるには、日頃から意識して実践を繰り返すことが大切です。

気品さ漂う男性には、清潔感があったり教養が身についていたりします。日頃から少しの努力を繰り返すことによって、気品溢れる男性になることができます。しかし、がんばりすぎて辛さが表情に出てしまっていては元も子もありません。余裕の態度も、気品漂う男性には重要なポイントのひとつです。

営業

30代

先輩に靴が汚れていると怒られた。上品さとか気品さがいかに大事か、教えてもらいました。気品とか、なかなか誰も注意してくれないので、参考になりました。

1.丁寧な言葉使い

周りに腰の低い、丁寧な言葉使いをする男性はいますか?そんな男性の言葉使いは、ぜひ真似をすることをおすすめします。正しい日本語を使うことを心がけましょう。また、だらだらと喋るのことをやめてみるのもいいですね。

2.スキンケア

男性に見逃されがちなのがスキンケアです。ケアしている男性としていない男性では、見た目の清潔感に大きく差が出てきます。日頃からのスキンケアは、すぐに結果として出にくいものの、しっかりスキンケアをしておくことで、将来の見た目に大きく差が出てきます。

3.強さを持つ

強いと言っても、相手をねじ伏せるような強さではありません。自分の考えをしっかり持ち、自分の性格や考え方を主張できる人間を目指しましょう。男性は強い言葉を使いたがりますが、ちゃんと理屈に叶った会話ができる男性は、強さを持ち合わせています。

4.しんどいアピールをしない

男性に多いのが、しんどい、疲れた、頑張ったという苦労をアピールすることです。大変さをアピールすることは誰にでもできます。でもその努力を人に見せないことで、気品ある男性になることができます。過程は後々語るとして、まずは結果を残すことを第一に考え、辛い部分はできるだけ見せないようにしましょう。

5.余裕を持った行動

いつも時間に追われている男性は、時間に余裕を持った行動を心がけてみましょう。時間にゆとりがあると、心にも余裕が生まれます。心に余裕が出てくると、雰囲気が気品溢れる男性になることができます。自分にとってプラスに働くことが多いので、時間的にも精神的にも、ゆとりや余裕のある行動をするように心がけましょう。

気品を身につけるための習慣〈女性〉5つ

気品さを身に付けるには、日常の習慣が大切です。気品のある女性だなと印象づけるためにやっておきたい習慣を、5つご紹介します。教養や性格から、気品さは出ます。見た目の清潔感もある程度大切ですが、知性も重要なポイントのひとつです。会話をしてみて、気品さを印象付けるには、ある程度の常識やマナー、教養が必要になってくるでしょう。

男性、女性ともに、気品さはすぐに身に付くものではありません。毎日の少しずつの意識改革や努力が必要になってきます。少しでも気品さを維持したり、高めていくには、日頃の意識から変えていきましょう。教養を身に付ける努力をしたり、普段から誰かに観られていることを意識しましょう。それを続けていれば、自然と気品の良さを印象付けることができます。

事務

30代

私は上品さとか気品さを、常に意識しています。人間としてもっと成長していきたいし、女性としても活躍したい。だから毎日がトレーニングのつもりで、生活するようにしています。

1.いつでも正しい姿勢を意識する

背筋を伸ばすことを意識するだけで、姿勢は随分変わります。また相手からの印象も良いものとなるので、正しい姿勢を身に付けることは、体にも心にも、周りにも良い影響を与えることができます。

2.きれいな言葉使い

言葉使いは一朝一夕で身に付くものではありません。普段から意識していないと、つい汚い言葉を使ってしまいます。一度自分が普段から使っている言葉を振り返ってみましょう。汚い言葉を使っている場合は、きれいな言葉に置き換えて喋るように、気をつけてみてください。

3.質問する習慣作り

基本的に、女性は自分のことを話すのが好きです。自分の話をしているときは楽しいものですが、気品溢れる女性は質問をするのが上手だったり、聞き上手な性格を持っています。いろいろ話してくれるような会話を心がけましょう。

4.丁寧な所作

ゆったりとした所作や行動を心がけましょう。慌てている女性を見ても、気品を感じることはできません。気品漂う女性は、スローなようで無駄のない所作をしています。ゆとりを持った行動や態度は、性格にも反映されていきます。

5.優しさやおもいやりを持つ

優しい気持ちやおもいやりの態度は、相手に喜ばれます。気品漂う女性は、心にゆとりがあるため、他人のことについて真剣に考えることができます。自分のことは気にしない、という意味ではなく、自分のことはしっかりやりつつ、かつ他人の気持ちをおもいやる女性は、気品溢れる女性の特徴です。

花言葉が「気品」な花10選

花言葉で「気品」が付く花、いくつご存知ですか?花言葉が「気品」な花を、10個ご紹介します。花言葉は教養にとても役立ちます。少し知っておくだけでも、会話のエッセンスとして成り立ったり、話題作りにも繋がります。相手を花言葉で表現したりすると、教養の高さをアピールすることができるでしょう。ただし、高飛車にならないよう、教養のひけらかしはNGです。

1.モクレン

モクレンの花言葉は、気品の他に「崇高」や「自然への愛」というものがあります。ほぼ同義の言葉として「崇高」がありますが「自然への愛」も、自分以外のもに対する愛情として、気品に近いものを感じますね。

2.ヤマブキ

ヤマブキの花言葉は「気品」の他に「崇高」「金運」などがあります。花自体も柔らかなオレンジ色なので、気品のある女性にぴったりの花です。

3.プルメリア

南国の花であるプルメリアの花言葉は「気品」の他に「恵まれた人」「ひだまり」などがあります。心や気持ちに余裕のある性格がイメージできるような花言葉が多いのが特徴です。

4.キンモクセイ

秋にきれいな色や香りを楽しませてくれるキンモクセイはの花言葉は「気品」の他に「謙虚」などが挙げられます。気品ある女性、男性は、謙虚な性格も持ち合わせているのが特徴です。

5.キキョウ

和装をイメージさせるお花、キキョウの花言葉は「気品」の他に「従順」「すがすがしい美しさ」などが挙げられます。性格の良さやきれいな佇まいがイメージできる、きれいな花言葉です。

6.ピンクのバラ

ピンクのバラの花言葉は「気品」の他に「感銘」「淑やか」が挙げられます。お淑やかな女性は、必ず気品溢れる佇まいをしています。

7.コデマリ

春にふわっと咲くコデマリの花言葉は「気品」の他に「優雅」「友情」などが挙げられます。きれいな印象を持ちながらも、相手を思いやるという意味が込められた、気品ある人にぴったりのお花です。

8.シュンラン

贈り物などにもよく使われるシュンランの花言葉は「気品」の他に「清純」という意味があります。清純でひねくれていない女性には、シュンランのお花のイメージがぴったりです。

9.ウメ

身近な存在のウメの花言葉は「気品」の他に「忠実」という意味も込められています。素直さがイメージできる花言葉なので、気品ある男性や女性によく似合います。

10.紫のカーネーション

紫のカーネーションは贈り物にもよく使われます。そんな紫カーネーションの花言葉は「気品」の他に「誇り」も含まれています。誇りを持つことは、気品を漂う男性、女性にマストな性格です。

気品溢れる人が周りに与える印象は?

気品溢れる人は、周りにどんな印象を与えているのでしょうか?周りに気品溢れる人はいますか?その人がいるのといないのとでは、空気が微妙に違ったり、自然と場がまとまったりしますよね。気品溢れる人は、丁寧な所作や、ウィットに富んだ話題を提供することができます。そのため、自然と周りにも気品溢れる人が集まる傾向があります。

気品溢れる人に対して、悪い印象を持つ人はいないでしょう。ポイントになるのは、ちゃんと教養も備わっているかどうか、見せかけではないか、という点です。見せかけの気品さはすぐにメッキが剥がれるので、周囲の人は集まってきません。和やかでもあり、盛り上がることもできる印象を持つ気品溢れる人、みなさんも目指してみましょう。

会社員

20代

気品ある先輩と一緒に話していると、すごい和やかな空気にしてくれるから、一緒に過ごす時間がとても好きです。

営業

30代

気品を身に付けている女性は、話をしていてとても面白い。話題がつきることはないのに、こっちが話すことが多いから、喋っていてとても気持ちが良い。

吉瀬美智子の上品なショートヘア特集*オーダー方法やセットのやり方【動画】も!
【2018春夏】40代のおすすめロングヘアスタイル30選!上品に見せるポイントも!

気品を身につけるために見たい映画3つ

気品を身に付けるためには、映画などで女優の動きを観たり、セリフを覚えることが近道のひとつです。気品を身に付けるために観たい映画を、3つご紹介します。名作と呼ばれる作品は、気品さや上品さの参考になるポイントがたくさん隠されています。何気ないセリフや動作も参考になります。また会話のネタにもなるので、ぜひ鑑賞しておくことをおすすめします。

会社員

30代

映画の動作やセリフは、気品さを身に付ける上でとても参考になります。意識して真似したりしてるけど、結構継続させるのは難しいんですよね。

1.風と共に去りぬ

人生を強く生きる姿勢と、女性も男性も共感できる気品さを兼ね備えた映画です。気品さとは何か、を考えさせられる視点で観ると、とても参考になる作品のひとつと言えるでしょう。

2.ローマの休日

名作なので、観ていない人にはぜひ教養を身に付けるためにもぜひ鑑賞をおすすめする作品です。オードリー・ヘプバーンの気品ある態度や仕草が印象に残り、参考になります。

3.潮騒

日本の気品溢れる女優といえば吉永小百合です。彼女は若い頃から気品ある佇まいを身に付けており、それが演技にも出ています。気品ある所作を身に付けたい人にはおすすめできる映画です。

気品は内側から滲み出るもの

気品について、深く考えたことがある男性、女性はあまりいないことでしょう。気品とは、見た目の美しさや行動、所作だけでは表現できないものです。気品は内側から滲み出るものなので、心の持ちようだったり、ある程度の教養が必要になってきます。それを身に付けることができれば、自然と気品溢れる男性、女性になることができるでしょう。

気品は一朝一夕で身に付けたり出すことはできません。その場しのぎの気品さは、すぐにバレてしまい、格好を付けているだけと捉えられてもおかしくありません。しかし、本当に気品溢れる男性や女性は、どことなく自然で、優雅に見えます。異性や同性からも好かれたり、信頼されます。ぜひ気品ある男性や女性になることを目指してみましょう。

関連する記事