【夢占い】道に迷う夢の意味22こ!情緒不安定の表れ?建物/家/徒歩/自転車/タクシーなど多数!

道に迷う夢にはどのような意味があるのでしょうか?また、どんな深層心理が関係しているのでしょうか?この記事では〈まっすぐで広い道〉〈でこぼこ道〉〈分かれ道〉など道の状態別、また〈山道〉〈建物の中〉〈家の中〉など迷う場所別、さらには〈徒歩〉〈自転車〉〈タクシー〉など交通手段別に、様々な道に迷う夢の意味と心理を解説します!また、みんなの正夢や、夢占いが当たった/外れたなどの体験談も紹介するので、参考にしてみてださいね!

目次

  1. 道に迷う夢の基本的な意味&その時の心理は?
  2. 道に迷う夢の意味&心理・一挙22パターン!
  3. 【夢占い】道に迷う夢〈道の状態別〉|5パターン
  4. 【夢占い】道に迷う夢〈迷う場所別〉|4パターン
  5. 【夢占い】道に迷う夢〈交通手段別〉|6パターン
  6. 【夢占い】道に迷う夢〈結果別〉|5パターン
  7. 【夢占い】道に迷う夢〈その他〉|2パターン
  8. 道に迷う夢の意味を知って、生活にいかそう

道に迷う夢の基本的な意味&その時の心理は?

あなたは道に迷う夢を見た事がありますか?建物や家の中で道に迷う、徒歩で道に迷うなど様々な迷う夢があります。その道に迷う夢の基本的な意味は、夢占いにおいて大きく二つに分類する事ができるのです。

一つ目は、物事に対してあなたの決心が揺らいでおり、躊躇している状況を意味します。二つ目は、自分の生きる意味や人生における目標がわからなくなっている状況を意味するのです。

道に迷う夢は躊躇している状況

道に迷う夢の中で、あなたが志すゴールが明確である場合は、あなたの決断や決定した事に対して迷いや躊躇する気持ちがある心理状態です。人生において重要な局面を迫られた時に、優柔不断な一面や不安や心配なネガティブな考えが、あなたを行き詰らせている状況になります。

この場合は、急いで結論を出すのではなく、しっかりと物事を見極めた上で納得のいく答えを出す必要があるでしょう。

道に迷う夢は目的や目標を見失っている状況

道に迷う夢の中で、当てもなくさまよう場合は、自分を見失い、生きる目的や人生の目標がわからなくなる心理状態です。取り組んでいる課題や問題に対して、あらゆる手段を使った結果、途方に暮れている状況とも言えるでしょう。

この場合思考の転換を試みる、周囲からのアドバイスを取り入れるなどの方法が、現在の状況の打開策となるでしょう。

将来に不安を感じた時の10の金言!年代別あるあるな悩みBEST5も!

道に迷う夢の意味&心理・一挙22パターン!

この記事では、徒歩で迷う、家や建物で道に迷うなどを道に迷う夢を22パターンに分け、それぞれの夢の意味や心理を解説します。

また夢占いにおいて道に迷う夢が持つ意味を8パターンに分ける事で、夢占いにおける診断内容が理解しやすくなります。あなたが見た道に迷う夢が、8分類のどの夢に当てはまるかも夢占いの参考にして下さいね。

①吉夢:あなたやあなたの周囲が幸運になる夢
②逆夢:夢の内容と正反対の出来事が現実となる夢
③正夢:夢の全容が実際に現実となる夢
④凶夢:あなたやあなたの周囲が不幸に見舞われる夢
⑤警告夢:トラブルや困難な問題を警告する夢
⑥願望夢:あなたの欲求や願望を表す夢
⑦予知夢:今後現実となる出来事を教える夢
⑧暗示:あなたの心の内や本心を表す夢

【夢占い】道に迷う夢〈道の状態別〉|5パターン

1.まっすぐで広い道「暗示」

まっすぐで広い道に迷う夢は、あなたの日々の生活に対する疑問を意味しています。

順風満帆な日常生活を幸せに感じる一方、刺激を求める気持ちや漠然とした物足りなさを感じている心理状況を、広い道に迷う夢は反映しています。

広い道に迷う夢をみたあなたは、理想とする自分や人生をもう一度見つめなおす必要があります。夢占いはあなたの目標の再設定が必要だという診断になるのです。

何か楽しいことないかな…が口癖の人の心理&おすすめアイデア35選!

関連する記事