塩を持ち歩く効果・方法15選!厄除け・魔除け・開運のお守りに!

塩に秘められた効果を知っていますか?今回は、〈魔除け〉〈厄除け〉〈開運〉など塩を持ち歩く効果や方法などを紹介します。また、塩を持ち歩く際のおすすめの塩の種類・入れ物や、持ち歩く時の注意点も一緒にお伝えしていきましょう。

目次

  1. 塩を持ち歩くと魔除け・厄除け・開運の効果があるの?
  2. 持ち歩く塩は種類によって効果が変わる?
  3. 塩を持ち歩く時の入れ物は?
  4. 塩を持ち歩く効果・方法15選!
  5. 塩を持ち歩く時の注意点
  6. 塩の交換&処分方法にも注意!
  7. 塩を持ち歩いて何か効果あった?〜体験談〜
  8. 塩をお守りで持ち歩いて運気を上げよう!

飲食店やショップの入り口に塩盛りを見たことはありませんか?この意味は、魔除けや厄除けの意味ではなく、人がたくさん訪れるようにと言う願いを込めて置かれているのです。人気運気がアップする効果があるように、お店に人を集め商売繁盛を促してくれる効果も期待できます。

10.)塩を持ち歩く効果・方法:浄化作用

塩を持ち歩く効果には、よく知られている厄除けや開運以外にも、浄化作用の効果もあります。この意味は、自分自身の厄除けや魔除けをして浄化することか、塩には浄化作用があると言われているのです。気分が悪い時やムカムカするなんて時も塩を持ち歩くことで和らげてくれます。

11.)塩を持ち歩く効果・方法:金運アップ

金運の開運がアップする効果も、塩を持ち歩いていると期待することができます。方法としては、塩を和紙などで包み財布の中に忍ばせておくのです。より効果を期待したいのならば、塩を入れる前に財布の中を全て出し、天然の粗塩を財布全体にふりかける手間を加えてみてください。

12.)塩を持ち歩く効果・方法:殺菌作用

恋愛運などをアップさせ開運効果や、お守りとしての効果などがありましたが、次は殺菌作用についてです。塩に殺菌作用や防菌作用があることは知っていますか?漬物や味噌などに塩を使うことで、菌の繁殖を抑え日持ちするようになっています。

このように、塩には差殺菌作用が期待できます。殺菌作用の方法としては、持ち歩いている塩ひとつまみをコップに入れ塩うがいをするだけです。そうすると喉に付いている菌を洗い流し、風邪防止に繋がってくれます。

13.)塩を持ち歩く効果・方法:邪気払い

お相撲の方が戦いの前に、土俵で塩を巻いている姿をよく見ますよね。この儀式の意味は、試合中お相撲の力士が怪我をしないように邪気を払っているのです。このように塩には邪気を払う効果があると言われています。

14.)塩を持ち歩く効果・方法:虫除け

塩には夏やキャンプなどでにぴったりの効果、虫除けの効果があると言われています。塩だけでは虫除け効果にはならず、事前に持ち歩く塩にレモンの絞り汁を混ぜて置く方法です。レモンの汁が混ざった塩は、和紙などの通気性のいい入れ物に入れ、服のポケットに入れておきましょう。蚊やハエがなどの虫除け効果が期待できます。

15.)塩を持ち歩く効果・方法:開運

最後の塩を持ち歩いている時の効果は、開運効果になります。塩を持っているだけで、塩からのエネルギーを吸い良いことが起こったり、幸せな運気が訪れたりと開運アップすると言われています。

関連する記事