美人に多い名前ランキングBEST10!可愛い女の子とのイメージの違いも!

美人に育つような名前の名付け方のポイントや、美人に多い名前ランキングBEST10を紹介します。また、美人の名前とかわいい女の子の名前のイメージの違いもありますので女の子の名前で悩んでいるパパやママはぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 美人に育つような名前の名付け方のポイントは?
  2. 美人に多い名前ランキングBEST10!
  3. 美人の名前に多い漢字5選
  4. 美人の女の子と可愛い女の子との名前のイメージの違いは?
  5. 美人が多い名前をイメージして名前を付けよう!

美人に育つような名前の名付け方のポイントは?

女の子の赤ちゃんに名前をつけるのであれば、みなさんはどんな名前がいいと考えますか?一般的に女の子であれば、かわいい子供や美人な女性に育ってほしいと願うパパやママが多いのではないでしょうか。この記事では、女の子の赤ちゃんや子供が美人に育つような名付け方のポイントについてご紹介します。

漢字の美しさを意識する

「美人になってほしい!」という願いで女の子の赤ちゃんに名付けるのであれば、漢字の美しさを意識するといいでしょう。近年では当て字やかわいい名前を女の子につけるのが人気です。しかし、美人というのは案外素朴な名前が多いです。素朴だからこそ、余計なものがなくシンプルで美しいこともあります。

女の子ですからかわいい名前や愛らしさを表現するのに当て字を使うのは悪いことではありません。しかし、美人を意識するのであれば、変に凝った漢字や名前をつけずに、シンプルで素朴な美しい漢字を選ぶようにしましょう。

響きの美しい名前をつける

美人なイメージを持つ名前として、響きが美しい名前をつけることもポイントですよ。漢字だけでなく、赤ちゃんや子供の名前を呼んだときの名前の響きも大切です。美人なイメージのある名前というと、漢字ばかりに目がいってしまいがちですが、名前は毎日誰かに呼ばれるものですよね。

赤ちゃんが子供から大人へ成長するにつれて、自分で名前を名乗ることも増えていくはずです。そういったときに、発音がしやすかったり聞いた人が美しいと感じる響きの名前を考えてみてくださいね。

自分に自信がもてる名前を

美人な女の子に育ってほしいと願うのであれば、赤ちゃんや子供が成長するにつれて自分の名前に自信がもてることも大切です。人は自分の内面が外面にもあらわれるといいますよね。自分に自信をもっている子供は、自然と表情やしぐさが美人になります。

パパやママが「美人になってほしい」と願いを込めて名付ける名前は、子供にとっても自慢の名前となるようにしてあげたいですね。

(女の子の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

女の子のかわいい三文字の名前300選!ひらがな/漢字の名付けのコツも!

美人に多い名前ランキングBEST10!

女の子の赤ちゃんや子供だから美人に育ってほしいと考えるパパやママは多いですね。では、美人に多い名前というのは存在するのでしょうか。こちらでは、美人に多いといわれる名前BEST10をご紹介します。また、美人に多いといわれる名前をもつ芸能人も一緒にご紹介しますので、赤ちゃんの名付けで迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

10位.あすか

「あすか」という名前は、漢字で表記すると「明日香」とされることが多いですね。また、近年ではひらがなの名前も女の子らしいやわらかいイメージがあると人気です。そのまま、ひらがなで「あすか」と名付けるのもいいかもしれません。名前や漢字の印象から、明るさや未来を想像させますよね。

また、「あすか」をいう名前の芸能人に「奥山あすか」がいます。職業はモデルで1児の母でもあります。ショートヘアが似合う健康的な美人です。

9位.さゆり

「さゆり」という名前から「吉永小百合」(画像の左)を連想したパパやママも多いのではないでしょうか。実は、海外でも認知度の高い名前のひとつです。ハーフの赤ちゃんにミドルネームとして「さゆり」を使うことも多いですよ。日本でも海外でも美しい印象を抱かせる「さゆり」という名前は、一般的に漢字を使うことが多いでしょう。

「沙百合」「早百合」「砂由利」など、「さゆり」という名前に使える漢字は多いです。苗字との字画数なども合わせて決めてあげるといいでしょう。

8位.さくらこ

関連する記事