冬のライブの服装&持ち物!フェス・ドーム等のコーデ集で初心者も安心!

冬のライブの服装でお悩みの方必見!《ドーム・ホール(屋内)》《フェス(屋外)》《ライブハウス》など場面別に冬のライブに適した女性の服装を紹介します。さらに、冬ライブの持ち物や注意点なども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冬のライブの服装がわからない…!
  2. 冬ライブの服装を選ぶポイント
  3. 冬ライブに必須の持ち物一覧
  4. 冬の《ドーム・ホール(屋内)》ライブ向けの服装
  5. 冬の《フェス(屋外)》向けの服装
  6. 冬の《ライブハウス》でのライブ向けの服装
  7. 冬の《スタンディング》ライブ向けの服装
  8. 冬のライブ特有の注意点
  9. 冬ライブも防寒対策をしておしゃれな服装を楽しもう!

防寒性の高いアウターといえばダウンジャケットですよね。冬の屋外フェスでは、ダウンジャケットを羽織るレディースコーデがおすすめです。ボリューミーなダウンジャケットに黒スキニーを合わせれば、動きやすさも抜群です。ゆる×ピタなシルエットでおしゃれ見えもばっちりですよ。

こちらも冬の屋外フェスにおすすめのダウンジャケットコーデです。カラーをブラウン×ベージュに変えるだけで、今どき感がぐんと高まります。白Tをのぞかせるレイヤードテクで、ダウンジャケットが野暮ったくならず垢抜けます。

冬のフェス向けの服装【アウター×マフラー】

出典:https://wear.jp/yan05/13850745/

キルティング素材のロングコートとマフラーをあわせた、防寒性の高いレディースコーデです。冬の屋外フェスでは「暑いかな?」と感じるほど着込んでも大丈夫です。スニーカーとスキニーで足元はコンパクトなので、たっぷり着込んでも着ぶくれしません。コンパクトなショルダーバッグで両手をあけておけば、ライブも存分に楽しめますね。

出典:https://wear.jp/nananeayane/13826955/

ダウンジャケットにマフラーを合わせれば、さらに暖かさは抜群です。ボリュームたっぷりに巻いたマフラーがポイントになり、シンプルなダウンジャケットコーデもぐっと垢抜けます。カチッと上品なショルダーバッグを合わせれば、カジュアルになりすぎず女性らしさもキープできます。

冬のフェス向けの服装【配色アウターを主役に】

冬の屋外フェスでは、コーデの主役がアウターになります。そのため、アウターを主役にしたコーディネートがマストです。配色デザインがおしゃれなあったかアウターなら、シンプルに合わせてもサマ見えします。レギンスとTシャツにスニーカーで、動きやすさも抜群なライブコーディネートです。

冬のフェス向けの服装【パーカー×ダウンジャケット】

出典:https://wear.jp/keiko9615/14041181/

パーカーにダウンジャケットを羽織る着こなしは、こなれ感が高まるだけでなく防寒性も抜群です。さらにインナーに白Tを合わせれば、あったか効果も高まり、おしゃれ感も底上げできます。トップスをボリューミー、ボトムスをタイトにまとめた女性らしいメリハリシルエットで、トレンドスタイルが完成します。

出典:https://wear.jp/fujisakayuka/14003790/

ダウンジャケットとパーカーは、ベージュ〜ブラウントーンのカフェラテ配色にすると今どき感がぐんと高まります。スニーカーもベージュで合わせると、ベーシックなダウンジャケットコーデもぐっとこなれて見えますよ。

冬のフェス向けの服装【あったかアウターを重ね着】

出典:https://wear.jp/sanki0102/13824438/

冬の屋外フェスでは、アウターの重ね着もマストです。Gジャンとキルティングジャケットの異素材コンビなら、重ね着してもメリハリがあり野暮ったくなりません。さらにインナーをタートルニットにすれば、防寒性もおしゃれ感も抜群です。スウェットパンツとスニーカーで動きやすさも重視した、冬のライブ向けコーディネートです。

関連する記事