【レングス別】ストレートヘアのアレンジ&やり方!アイロンテク〜ヘアケアなど多数!

【美容師監修】ストレートアイロン・ドライヤー・ワックスなどを使用して《自宅》でストレートヘアにするスタイリングのやり方、縮毛強制など《サロン》でのストレートヘアのやり方を紹介します。さらに《ショート》《ボブ》《ミディアム》《ロング》などレングス別、《前髪あり》《前髪なし》のスタイル別のヘアアレンジ&やり方を【動画】で紹介します。

目次

  1. ストレートヘアは女性の憧れ!
  2. 《自宅》でストレートヘアにするやり方!アイロン・ドライヤーなど!
  3. 《サロン》でストレートヘアにする方法!
  4. 【レングス別】のストレートヘアのアレンジ&やり方!
  5. 《前髪あり・なし》別のストレートヘアアレンジ&やり方!
  6. 艶やかで潤いのあるストレートヘアを目指そう!

ストレートヘアにおすすめ【ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル】

ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル
881円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ルシードエルのオイルトリートメントは、羽のように軽くシルクのような手触りの美髪に導いてくれるヘアオイルです。オイルとは思えない軽い使い心地で、さらさらなストレートヘアに仕上げてくれます。ブロー前やスタイリングの仕上げに使うことができます。オイルを仕上げに髪になじませることで、ツヤ感を引き出してくれますよ。

また、枝毛や切れ毛などのダメージを補修する働きもあるため、ヘアケアとしても使うことができます。ケアしながらスタイリングもできる、一石二鳥のアイテムです。

楽天レビュー

★★★★★

ずっと触っていたくなるような指通り。気持ちいい。あといい匂いです。
少量で全体がサラッと仕上がり、オイルで重くなることもありません。

スタイリング剤でストレートヘアにアレンジ

ヘアトリートメントとスタイリング剤を使ったストレートヘアのアレンジ方法です。洗い流さないヘアトリートメントで髪をしっかりケアしながら、ストレートヘアにアレンジすることができますよ。トリートメントでのケアを夜に、朝はスタイリング剤を使うところからアレンジしてもOKです。

①洗い流さないトリートメントを髪全体になじませる
②ドライヤーで根元から手で髪を伸ばしながらブローする
③ドライヤーで冷風を当てながらブラシでとかす
④スタイリング剤(縮毛ジュレ)を髪を引っ張りながらなじませていく
⑤ブラシで髪をとかしながらドライヤーの熱を当てる
⑥前髪も同様にブローする

ストレートヘアにおすすめ【プロカリテ 縮毛ジュレ】

ウテナ プロカリテ 縮毛ジュレ スタイリング&トリートメントジュレ 175ml
1,211円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

プロカリテの縮毛ジュレは、指通りなめらかなストレートヘアに仕上げるクセ毛用のスタイリング剤です。縮毛ジュレという名前の通り、クセのある髪をきれいなストレートヘアに導いてくれます。ドライヤーでブローする前や、コテやアイロンを使う前に髪全体になじませて使います。トリートメントジェルなので、ヘアケアもしてくれる優秀なスタイリング剤です。

Amazonレビュー

★★★★☆

今の季節手放せない商品です。バサバサになる髪の毛を綺麗に一日中まとめてくれます。年中愛用しています。

《サロン》でストレートヘアにする方法!

続いて、サロンでストレートヘアにするやり方について紹介していきます。サロンでプロに任せれば、ツヤのあるさらさらストレートヘアにできますよ。サロンでストレートヘアにした後は、自宅でのヘアケアも大切です。

縮毛矯正でストレートヘアに

縮毛矯正は、縮れた髪やクセの強い髪をストレートに矯正する技術のことです。サロンで受けることができ、クセの強い髪や天然パーマの髪もさらさらのストレートヘアになります。自宅でできるストレートヘアのアレンジをしてもなかなかクセが直らないという方におすすめですよ。縮毛矯正の後は、長持ちさせるためにも自宅でしっかりヘアケアするようにしましょう。

八木光

美容師

最近は色々家でクセを伸ばしやすい道具も出ていますが毎日の手間やクオリティを考えるとサロンで縮毛矯正をかけてあげるのが1番楽です。ダメージは確かにしますがどんどん技術や薬も進化しているので昔程はダメージしませんし何よりツヤツヤになりますよ!

(縮毛矯正については以下の記事も参考にしてみてください)

前髪のくせ毛対は縮毛矯正?判断基準やかける期間・頻度は?注意点も!

関連する記事