気前が良いの意味は?気前がいい人の特徴・言動9つ!浪費家との違いも!

気前がいい人ってイメージはできるけど具体的にはどんな人?そんな疑問に答えるべくその意味や正しい使い方・例文を紹介します。そして気前がいい人になる心構えやさらに浪費家との決定的な違いも紹介します。この機会に気前がいい人と言われるような人を目指してみませんか。

目次

  1. 気前がいいってどんな意味?
  2. 「気前がいい」の正しい使い方・間違った使い方・例文
  3. 気前がいい人の特徴・言動9つ!
  4. 気前がいい人の心理・性格
  5. 気前がいい人になる心構え
  6. 気前良く見せる方法・テクニック
  7. 【要注意!】浪費家との決定的な違い
  8. 職場で気前がいい人は得?
  9. 英語では気前がいいをどう表現する?
  10. 気前がいい人になろう!

気前がいいとは金銭面で使われる言葉ですから、やはり経済的に余裕があることは大前提です。人のために代金を支払う、物を購入するなど経済的な余裕があってこそ気前が生まれます。

特徴・言動②人に喜んでもらいたい気持ちでお金をつかう

支払いの場面で相手に出してもらって嫌な気分になる人は滅多にいないはずです。人間関係をよくしようと人を喜ばせたい気持ちから支払いを進んでする人も気前がいい人の特徴の一つです。

特徴・言動③人と幸せを分かち合いたい

自分が幸せに思う物や時間、空間を人と分かち合い気持ちから物や金銭面での出し惜しみをしない人もいます。美味しい料理を一緒に食べたい、お気に入りのスポットに一緒に行きたいなどの気持ちが気前よい行動を起こします。

特徴・言動④相手に見返りを求めない

後からの見返りを期待して今お金を出しておこう、と考える人は本当の意味での気前がいいとは言えません。気前がいい人は相手に見返りを求めず、相手を喜ばせたいという気持ちだけで行動します。

特徴・言動⑤今を楽しみたい

気前がいい人の特徴として、今を楽しみたいという気持ちを持っている人が多いことも挙げられます。将来のためにコツコツ貯金することももちろん大事なことですが、そのために今やりたいことを我慢していては何のために生きているのか分かりません。そんな気持ちから今を楽しみたいと思う人も少なくなく、そのような性格の人に気前がいい人が多くいます。

特徴・言動⑥お金は出せば入ると信じている

出せば入るの法則のようにお金を使うことでまた入ってくることを信じている人もいます。気前のいい人にはこの考えを持っている人も多いようです。お金を滞らせず循環させることでまた自分のもとへ戻ってくると思えば気前よくお金を出せそうですね。

特徴・言動⑦節約もできる

いくら金銭面に余裕があるといっても、お金は湧いて出てくるわけではありません。気前がいい人は節約するところはしっかりとして、ここぞというときには出し惜しむことなくお金を使います。

特徴・言動⑧メリットがあることも分かっている

相手に見返りを求めてはいなくても、何かしらのメリットがあることを分かって行動している人も実は多いようです。気前がいい人は包容力があるように思われますし、気前よくできるのは気配りができていることにも通じます。様々な人間関係において自分の印象が良くなるというメリットも心のどこかでは分かっているのではないでしょうか。

特徴・言動⑨多少の見栄もある

気前よく振舞うときに人間関係において多少の見栄もあるのではないかと考えられます。例えば職場であれば上司や先輩、デート中であれば男性が自分をよく見せるために気前よくしている場合もあるでしょう。

気前がいい人の心理・性格

気前がいい人の心理として考えられるのが、人をとにかく喜ばせたいという気持ちです。相手が喜ぶことで自分も喜びを感じる人もいます。けれどもそれはけして自己犠牲のものではなく自分が幸せであるからこそそう思えるものです。そのような理由で、気前がいい人はいつも幸せを感じられる人であると言えます。

また気前がいい人の性格としてあげられるのは、気配り上手であることや包容力があるということです。やはりいい印象が持たれ、人間関係も良好にいくことがほとんどですが、時々いい人ぶっているとか調子が良い人など悪い印象を持たれることもあります。

この違いは気前よく行動をしている時にどこか押し付けがましくしていたり、余計な一言を言っていたりすることで起こります。せっかく相手を喜ばせようとして気前がいい行動をしていても、途中で間違った行動をとると喜んでもらえないどころか、反対に悪い印象を持たれてあの人は嫌な性格だと、全部が台無しになってしまいます。

(性格や心理については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事