厄払い・お祓いの服装は普段着でいい?正しい格好を男女・夏冬別に画像で解説!

〈男性〉〈女性〉別に厄払い・お祓いの正しい服装を画像付きで、夏冬別にそれぞれ紹介します。スーツなど清掃ではなく普段着でいい場合についても画像付きで服装の例を紹介するほか、気になる厄払いでのNGな服装や、アクセサリーの選び方も合わせて解説していきます。

目次

  1. 厄払い・お祓いの服装は普段着でもよい?
  2. 厄払い・お祓いの【男性】の服装!ネクタイの色など!
  3. 厄払い・お祓いの【男性】のNGな服装は?
  4. 厄払い・お祓いの【女性】の服装!ワンピースなど!
  5. 厄払い・お祓いの【女性】NGな服装は?
  6. 厄払い・お祓いのに適した【靴】は?
  7. 厄払い・お祓いの服装に適した【アクセサリー】は?
  8. 厄払い・お祓いの【夏の服装】のマナーは?
  9. 厄払い・お祓いの【冬の服装】のマナーは?
  10. 【番外編】厄払い・お祓いのマナーは?料金の支払いなど!
  11. 厄払い・お祓いは正しい服装で行こう!

髭はそっていなくても他の人から見てきちんとしていれば良いでしょう。Tシャツ、短パン、サンダルといったラフすぎる服装や派手な色柄、華美な服装、サングラス、帽子、キャップなどの被り物も止めておいたほうが良いでしょう。大ぶりのアクセサリーも止めましょう。

厄払いNGな服装 「ダメなスーツ」

厄払い・お祓いに行くのに、画像のようにこれからステージに上がり演歌でも歌うのかというような、派手な色のスーツは辞めたほうが良いでしょう。演歌歌手のヒット祈願などはこの限りでないかもしれませんが、一般的にはこんな派手な色のスーツやネクタイは持ってないし、冬でも夏でもまず着ないでしょう。普段着として、同窓会にも着て行かないですよね。

厄払い服装で素足はNG

厄払い・お祓いの男性のNGな服装は、神様、仏様に失礼に当たらない服装といわれてもピンと来ないかもしれませんが、要は立場や目上の人から見て恥ずかしく無い服装ではないでしょうか? スーツを着ていても、よれていたり、しわだらけのスーツ、ネクタイだったり、だらしないのはよくありません。

厄払い服装で帽子はNG

昇殿しご祈祷受ける前に外せば画像のようなサングラスも帽子も良いと思います。ご祈祷を受けるときには、神様・仏様に失礼に当たらないようにしなければいけませが、それまではファッションを楽しんでも良いでしょう。近所の神社、お寺でない限り厄払い・お祓いといってもお出掛けなのでおしゃれな服装も大事ですよね。

厄払い服装でラフすぎるのはNG

厄払い・お祓いに行く神社やお寺などによりますが、画像のようなおしゃれですがラフすぎる普段着以外なら特に注意を受けることもないでしょう。会社などで厄払いに行く場合は、スーツ、ネクタイ、制服で行くと思いますが、個人で行く場合そこまで服装、アクセサリーにこだわらず厄払い・お祓いを受けている方が多いでしょう。
 

厄払い・お祓いの【女性】の服装!ワンピースなど!

出典:https://wear.jp/happyriin3/11834247/

厄払い・お祓いの女性の服装としては、フォーマル?派手ではないって何?と思いますよね。厄払い・お祓いに行く女性の服装について、スーツの場合やスーツ以外、ワンピースなどの服装、おすすめの服装、アクセサリーはどのようなものが良いか?などを説明します。合わせてNGな服装も参考にしてみてくださいね。

【全国】復縁神社ランキング〈エリア別〉効果抜群35選!男女の口コミ多数!

厄払い服装 「スーツの場合」

出典:https://wear.jp/11am/4993477/

厄払い・お祓いに行く場合の女性の服装、色柄がシンプルな服装もしくは、パステルカラー、モノトーンカラーのスーツ、ワンピースが良いでしょう、黒、紺、グレーの色もしくは、入学式などで親御さんが着られる淡いピンク、白、水色などで華美でなければ良いでしょう。シャツやインナーも露出が多くならないようにしたほうが良いでしょう。

関連する記事