厄払い・お祓いの服装は普段着でいい?正しい格好を男女・夏冬別に画像で解説!

〈男性〉〈女性〉別に厄払い・お祓いの正しい服装を画像付きで、夏冬別にそれぞれ紹介します。スーツなど清掃ではなく普段着でいい場合についても画像付きで服装の例を紹介するほか、気になる厄払いでのNGな服装や、アクセサリーの選び方も合わせて解説していきます。

目次

  1. 厄払い・お祓いの服装は普段着でもよい?
  2. 厄払い・お祓いの【男性】の服装!ネクタイの色など!
  3. 厄払い・お祓いの【男性】のNGな服装は?
  4. 厄払い・お祓いの【女性】の服装!ワンピースなど!
  5. 厄払い・お祓いの【女性】NGな服装は?
  6. 厄払い・お祓いのに適した【靴】は?
  7. 厄払い・お祓いの服装に適した【アクセサリー】は?
  8. 厄払い・お祓いの【夏の服装】のマナーは?
  9. 厄払い・お祓いの【冬の服装】のマナーは?
  10. 【番外編】厄払い・お祓いのマナーは?料金の支払いなど!
  11. 厄払い・お祓いは正しい服装で行こう!

厄払い・お祓いを受けるのは、前厄、本厄、後厄です。男性の本厄は数え年で25・42・61歳、その前後の年が前厄・後厄となります。なお、大厄は42歳です。女性の本厄は数え年で19・33・37・61歳、その前後の年が前厄・後厄です。大厄は33歳です。

厄払い・お祓いの【男性】の服装!ネクタイの色など!

出典:https://wear.jp/room4823/8407877/

厄払い・お祓いの男性の服装、スーツの場合ネクタイの色、スーツの色ひとつも悩みますよね。必ず正装しなければいけないこともないですが、きちんとした服装でと考えるとスーツにネクタイを着用するのが多いです。男性のスーツの場合ネクタイの選び方と、男性の普段着の服装、アクササリーはどうすれば良いのかご紹介します。

厄払い服装 「スーツの場合」

出典:https://wear.jp/heybonera4/5509694/

厄払いを受ける際の男性の服装として、失礼のない服装は、スーツ、礼服で、画像のようなシャツにネクタイの服装なら問題ないでしょう。ネクタイの色はシンプルな色形の黒、紺、グレー、サラリーマンが通勤に来ているようなスーツ、ネクタイの服装が良いでしょう。格式の高い神社・お寺では服装によって受け付けてもらえない場合があるので注意しましょう。 

厄払い服装 「ネクタイ」

厄払い・お祓いのスーツに合わせるネクタイは、何色が良いか悩みますよね、画像のように、同系色のスーツネクタイで合わせる場合が多いでしょう、着ているスーツに合わない派手な色、柄でなければ特にネクタイに決まりはありません。格式によりますが、スーツは着ていてもノーネクタイで、夏場はクールビズでも良いかもしれませんね。ネクタイを締めている人のほうが少ないかもしれません。

出典:https://wear.jp/taisei1022/14526892/

普段着はネクタイを着用してないということも多いです。同窓会や軽いパーティーに着るような、カジュアルなジャケット、スラックスでも良いでしょう。服装、アクセサリーは、厄払いお祓いに行かれる神社・お寺に確認するのが一番です。

厄払い服装 「スーツ以外の場合」

出典:https://wear.jp/sasatoshi/14338386/

厄払い・お祓いを受ける際の男性の平服(普段着)の場合、神社やお寺にもよりますが、画像のように華美ではない服装、Tシャツ、短パンなどではなく、フォーマルな服装が好ましいでしょう。厄払い・お祓いに平服(普段着)が良い神社、お寺だからといって、どんな服装、アクセサリーを着けても良いということではないので気を付けてください。

ダイソーのサングラスが今年も絶好調!用途別おすすめ商品!UVカットが優秀?

厄払い・お祓いの【男性】のNGな服装は?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/154177987234475843/

厄払い・お祓いを受ける神社・お寺のホームページや連絡先がある場合チェックしておくと良いでしょう。「サンダル、裸足などでの昇殿、帽子などはご遠慮ください」という場合が多いです。夏場は注意が必要です。冬場は、コートや羽織などは脱いで厄払い・お祓いを受けるので、冬の防寒対策としては、中に着込むほうが良いでしょう。

関連する記事