厄払い・お祓いの服装は普段着でいい?正しい格好を男女・夏冬別に画像で解説!

〈男性〉〈女性〉別に厄払い・お祓いの正しい服装を画像付きで、夏冬別にそれぞれ紹介します。スーツなど清掃ではなく普段着でいい場合についても画像付きで服装の例を紹介するほか、気になる厄払いでのNGな服装や、アクセサリーの選び方も合わせて解説していきます。

目次

  1. 厄払い・お祓いの服装は普段着でもよい?
  2. 厄払い・お祓いの【男性】の服装!ネクタイの色など!
  3. 厄払い・お祓いの【男性】のNGな服装は?
  4. 厄払い・お祓いの【女性】の服装!ワンピースなど!
  5. 厄払い・お祓いの【女性】NGな服装は?
  6. 厄払い・お祓いのに適した【靴】は?
  7. 厄払い・お祓いの服装に適した【アクセサリー】は?
  8. 厄払い・お祓いの【夏の服装】のマナーは?
  9. 厄払い・お祓いの【冬の服装】のマナーは?
  10. 【番外編】厄払い・お祓いのマナーは?料金の支払いなど!
  11. 厄払い・お祓いは正しい服装で行こう!

厄払い・お祓いの服装は普段着でもよい?

厄払い・お祓いの服装は画像のように礼装・正装で受けている人ばかりではありません。ただし神社お寺によっては平服(普段着)、正装、礼装など、服装にルールや規則がある場合があります。平服(普段着)でも服装に細かい決まりがある場合があるので、気を付けなければいけません。普段着でもジーンズや派手な服装、目立つアクセサリーは避けたほうが良いでしょう。  

厄払い服装でワンピースは?

出典:https://wear.jp/mayumimayu/14528976/

画像のような正装ほどではなくても、厄払い・お祓いのその場に適している服装の事なので気をつけましょう、同窓会に出掛けるような服装、色はシックな、モノトーンのカラーか派手ではないもの、男性なら、ジャケットにネクタイ、女性なら、カーディガンにスカート、ワンピースなら良いでしょう、冬は寒いので防寒対策も必要です。アクセサリーは小ぶりなものが良いでしょう。

冬の厄払い服装は?

出典:https://wear.jp/makiwatanabe/5969846/

厄払い・お祓いに行く時期は年明けや初詣の冬の時期などが多いと思いますので、季節の気温やお天気などによって画像のようなセーターや防寒着などを着用しても良いでしょう、混雑時には順番待ちになる事もあるので、体を冷やして体調を崩してしまうような薄着などはかえって良くないでしょう。状況に合わせた暖かい服装を心がけてください。
 

出典:https://wear.jp/karenkageyama/13911149/

会社員

37歳

厄払いの受付を済ませると、本殿に上がる前に待合しつ外のテントに案内され、ストーブはありますが、とても寒く、防寒着がなければとても居れません。順番が来ると上着やマフラー手袋を外して、ご祈祷の間天気によりますがとても寒くてホッカイロは貼っておいて良かったと思いました。

厄払い服装でマフラー・手袋はOK?

ご祈祷して頂く場合、神殿や境内など建物の中に入って厄払い・お祓いをしてもらうので、寒くても、防寒着、マフラー、手袋、アクセサリーは外しましょう。 厄払い・お祓いをして頂く神社、お寺にもよりますがご祈祷の間だけ防寒着の着用をお控え下さいと言われる場合が多いです。 

会社・企業での厄払いするときの服装は?

企業や、会社の関係で厄払い・お祓いに行く場合画像のようなスーツにネクタイや制服などの服装で行きますが、個人でお祓い・厄払いを受ける場合、ほとんどが普段着です。 神様、仏様に失礼にならなければ特に注意を受けることもないと思います、会社などで厄払い・お祓いをしてもらうのは仕事始め、事務所開き、社業繁栄、商売繫盛、職場安全、などです。
 

最近運が悪い人必見!ついてない時はお祓い・厄払いで改善&開運!

厄払いの種類

関連する記事