子離れできない親の特徴・心理|どんなデメリットが?7つの対処法を紹介

子離れできない親は問題がある?子離れできない親の特徴・心理や、子離れをするのに適した時期、7つの対処法を解説していきます。親が子離れできないことによるデメリットや、おすすめの本も紹介!親の子離れのタイミングや方法について参考にしてみてください。

目次

  1. 子離れできない親の特徴・心理は?
  2. 子離れできない親に向けた7つ対処法
  3. 親が子離れをするのに適した時期は?
  4. 子離れできないとどんなデメリットがある?
  5. 子離れできない親におすすめの本を紹介!
  6. 子離れできない親は子供に悪影響を与える!

子離れできない親の特徴・心理は?

親にとって子供は大切な存在ですが、いつか子離れする時がきます。しかし、なかなか子離れできないという親も多いですよね。子離れできない親にはどのような特徴や心理があるのでしょうか。子離れできない親の特徴・心理を紹介します。

子供に依存している

子供に依存している親は、子離れできない可能性が高いです。子供に依存するタイプは、子供が幼いうちは子供に尽くすことが多いでしょう。なるべく子供が過ごしやすいようにと考えています。しかし、大きくなるにつれ、大切に育ててきた子供が1人で行動し、考え、自分から離れていくということに恐怖を感じます。そのため子離れができないのです。

(依存を手放す方法については以下の記事も参考にしてみてください)

執着・依存心を手放す方法&その先に起きる5つの幸運!恋愛・仕事など効果絶大!

多くのことに口を出す

子供の行動すべてに親が口を出していると、子離れができないでしょう。子供に対して幼いころのイメージが強く、心配性な親に多いのがこのタイプです。親が持っている子供のイメージと、実際の子供の年齢にギャップがある場合があります。

ある程度成長すれば失敗も必要ですし、自分で物事を選択する力ももっていますが、つい口を出してしまうのです。口を出すことが当たり前の環境のままでいると、子離れできないでしょう。

子供を思い通りにしたがる

子供を親の思い通りにしたがることは、子離れできない親の特徴です。子供は成長するにつれ自分の意見をもつようになります。しかし、そういったときに親が「それはだめ」「こっちにしなさい」と子供を押さえつけ、逆らえない空気を作り上げることで、子供を支配しようとします。

このタイプの子離れができない人は、親よりも子供の立場を弱くしておきたいという心理を持っていること多いですね。

自分と子供を重ね合わせる

子供に対して、自分と重ね合わせて考えている親は子離れできない可能性があります。子供の人生が子供のものであるという意識が低く、親の理想を押し付けたり、自分がしたかったことをさせたがります。自分が望んでいたことが、子供の望むことだと勘違いしている場合が多いです。

子供を自立させようという意識が低く、子離れできないおそれがありますよ。

子供の行動を把握したがる

子離れできない親の特徴として、子供の行動を把握したがります。心配性な親に多く、子供が今どこにいて何をしているのか気にします。大きくなるにつれ子供の行動を知っておく必要性はなくなってきますが、心配であるという心理から、徐々に子供のことを把握しておきたいという心理が強くなっていきます。

子離れするタイミングの判断ができない状態になってしまい、子離れができない親になります。

子供に恩を売る

子供に恩を売るのは、子離れできない親の特徴の一つです。子供に恩を売る親は「子供に親の苦労をしってほしい」という心理が強いです。そのため「これをしてあげた」「これが大変だった」という風に、子育ての苦労を子供に頻繁に話します。

子供が大きくなると「親がこれだけ子供のために頑張ったのだから子供も親のために頑張って当然」という心理が働きます。

子供に強く期待する

子供に強気期待を押し付けるのは、子離れできない親の特徴です。勉強や運動など、親は子供に望むことがあってもいいですが、強くそれを押し付けます。子供の将来を心配していたり、子育てに関するプライドが高いという心理の表れでもあります。

子育てが生活のすべてになっている

子育てが生活のすべてになっていると、子離れが難しくなります。子供が幼いころはどうしても子育てに手がかかるので、子育てが生活の中心になります。しかし、子供が育つにつれて本来は子供に接する以外の時間が増えるのです。

しかし、いつまでも子育てしかしておらず、仕事も趣味もないままだと心理的に子供が生活のすべてになり、子供への思い入れが強くなります。また、子供にも親に対する思い入れの強さを望むのです。

(子育てと仕事の両立については以下の記事も参考にしてみてください)

子育てと仕事を両立する10のポイント!ママ達の体験談多数

子離れできない親に向けた7つ対処法

子離れをしようと考えていても方法がわからず難しく感じる場合がありますよね。そんなときの対処方法を7つ紹介します。

①個人の人格を認める

まず1つ目の方法は、親が子供を1人の人間であるという認識を強くしましょう。当たり前に感じるかもしれませんが、気が付かないうちに子供を自分と重ね合わせていたり、子供に思い通りになってほしいと感じていることがあります。

子供は親の思い通りにはできません。子供は自分の考え方や意志を持ち、親と異なる価値観を得ていくのです。親とは異なる価値観を子供がもったときに、強く否定したり、親の価値観を押し付けないようにしましょう。

②干渉しない

子離れに自信がないと感じたのであれば、まずは親の子供に対する干渉を減らしましょう。子供の行動や友人関係をすべて把握しておく必要はありません。もちろん、小さいうちは親の責任が大きく、知っておかなければならない範囲は強いです。

しかし、子供が自分から話したがらないのであれば、聞かなくても大丈夫です。子供に対する質問を減らすところから始めてみましょう。

③前に出過ぎない

子離れをする前に、子供の人間関係について親が前に出過ぎないようにしましょう。人間関係のトラブルは誰にでもあるものです。友人と喧嘩するときもありますよね。そういったときに、真っ先に親が出てこないようにしましょう。

もちろん、友人同士のけんかと言うレベルではなく、大人が干渉する必要があるときもあります。それ以外は子供に任せる方法をとっていきましょう。また、大学生になっていたり、社会人になってからのトラブルはよほどのことがない限り子供に対処を任せましょう。

④子供の失敗を恐れない

子離れができないときには、親は子供の失敗を恐れすぎないようにしましょう。大事な子供が失敗をしたり傷つくのは、親としてはとても心苦しいですよね。しかし、失敗を恐れるあまり、子供を守りすぎたり子供の意見を聞くことができないときがあります。

子供が自分で選択するというのは大きな経験なので、子供の意見を尊重しましょう。失敗から立ち直ることや失敗を避ける方法も覚えていきます。そういった経験は子離れへの意識も高めてくれますよ。

⑤夢中になれるものを見つける

子離れができないと感じたときには、夢中になれる趣味を見つけるのも1つの方法です。子離れができないときには、子供に心理的に依存していることがあります。子供がいなくなったときに、子育てをしてきたという親の自身が失われるという心理が働くのです。

そのため、自分を形作るものを子供以外にも明確に作っておきましょう。親が夢中になれるものを見つけておけば、子供に依存せず、自立した親になれるでしょう。子供が大学生や社会人になったときに、大人同士として会話をする余裕がうまれます。

(主婦におすすめの趣味については以下の記事も参考にしてみてください)

主婦の趣味おすすめ30選!お金がかからず子育て中でも楽しめる趣味も!

⑥距離を置く

子離れできないのであれば、距離をしっかりとおくことも立派な対処方法です。子供がすでに大きくなって自分で生活できるほどの年齢であれば、物理的に距離を置いてもいいでしょう。可能であれば離れて暮らす方法をとってみてください。

自然と子供との距離感もつかみやすくなりますし、子供はもう1人でも暮らせるということを実感できれば、子離れできないという意識が薄くなります。

⑦子離れについて考える

子離れについて真剣に考えることは、子離れの第一歩です。子離れに大切なのは「自分は子離れできないかもしれない」という考えを持つことです。その考えを持つことができれば、どの程度が干渉しすぎなのか、いつ頃子離れをすればいいのかと意識をするようになります。

そういった意識をもち、子供の将来のことを考えられるのであれば、子離れに苦労することはあっても子離れできないという可能性は低いでしょう。

(子育ての悩みについては以下の記事も参考にしてみてください)

子育ての悩みは色々!年代別の悩みを解決!

親が子離れをするのに適した時期は?

子離れできないとはいっても、親が子供の面倒をしっかりと見ておかなければならない時期は存在します。いつ頃から子離れをしていけばいいのでしょうか。親の子離れに適した時期を紹介します。

小学校入学

子離れの第一段階として、小学校入学を1つの時期と捉えておきましょう。小学校入学時期は、まだ手がかかることもあり、危険を察知してあげる必要があります。しかし、学校の登下校を自分で行うようになり、自分でコミュニティーのルールを学び始める時期です。

母親の目の届かないところで失敗も増えますが、過剰に子供を守りすぎないように支えてあげましょう。

思春期

小学校入学の次に子離れに差し掛かるのが思春期です。思春期は子供の感性がとても豊かになります。さまざまな価値観を吸収し、自分の中でまた新たな価値観を生み出します。

実際にしっかりとしてくる年齢なので、大人から意見されることを窮屈に感じ、反抗期になると母親に反発することもあるでしょう。しかし、反抗期は自分の考えを強く持ちたいという子供の表れです。また、思春期は子供自身に精神的な余裕がない時期もあります。

まだ親の手がかかり、親が責任を持たなければならない時期ですが、思いを伝えながらも見守り支えることが必要です。思いを伝えることと押し付けることを分けて考えましょう。

高校入学

高校入学は子離れの重要なタイミングです。高校に入学するということは義務教育を終える時期ということです。社会人になる人もいる年齢ですね。高校性・大学生になったら子供が自分で考えて、自分で選択できるようにしましょう。

高校入学や大学生の段階では、生活や金銭面に関しては親が保証することが多く、まだ未成年で未熟な部分もあります。親がサポートをしている以上、子供のいうことをすべて聞く必要はありません。しかし、意見の押し付けはしないようにしましょう。

高校入学以降は、大学生、社会人と、子供も自分の選択や行動に責任を持つことが増えていきます。子供のことを認め社会人になったときのことを考え、子離れしていきましょう。

子離れできないとどんなデメリットがある?

子離れをしないことで、子供にどのようなデメリットをあたえるのでしょうか。ご紹介します。

子供自身に自信がなくなる

子離れできないと、デメリットとして子供が自信を持てなくなることがあります。まず、親が自分の意見を押し付けすぎると、子供は自分の意見を持てなくなります。自分で行動したことや決めたことによる成功体験がないため、自分に自信をもてません。

また、母親が常に子供意見を否定して自分の意見を押し付けていた場合、子供は自分の意見に自信を失います。大学生や社会人になっても自信がつかないというデメリットがあります。

失敗に弱くなる

子離れできない親のもとに育った子供の特徴として、失敗やトラブルに弱いというものがあります。心配性な親は、常に子供を先回りして守るように動くため、子供は小さいときに失敗経験が少なくなります。

大学生や社会人になり、いざ自分で行動し始めると、失敗やトラブルはつきものですよね。そんなときに焦りが強くなったり、心理的に周囲の人より大きなプレッシャーを感じるようになります。大人になってからのデメリットが大きいです。

親への優先度が高い

子離れできないと、子供の親に対する優先度が高くなります。これは、今まで親が尽くしてくれたので母親と一緒にいることが楽になっているか、親に依存され過ぎて離れられなくなっているケースです。

親を優先することは一見魅力的でデメリットに感じませんが、自立しづらくなります。大学生になっても友人関係が築きにくくなったり、恋人との関係が発展しにくくなるでしょう。最終的に結婚して自分の家庭を築いても、母親を優先で考えてしまう恐れがあります。

子離れできない親におすすめの本を紹介!

子離れできないときにおすすめの本を紹介します。

子供にしがみつく心理 大人になれない親たち

子供にしがみつく心理 大人になれない親たち
1,512円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

母親の子供に対する接し方は、母親自身が幼いころに親から受けた対応に関与しているという考え方の本です。子離れに対して、母親の一人の人間としての精神面にフォーカスをあてています。

シリアスな内容の本なので、つらさを感じる人もいますが、真正面から子離れに関して大きな問題として向き合いたいという人におすすめです。

Amazonレビュー

★★★★★

自分の中のモヤモヤが鮮明になった本です。
ただ、気付きは教えてくれますが、その後は自分の判断でどのように生きるかだと思います。知らずに一生を終えるより、知ってどう生きるかで人生が変わる本です。苦しんでる人に是非読んでもらいたい一冊です。

ページ数200
著作者加藤諦三
出版社毎日新聞出版

子離れしなきゃダメですか?社会人息子ふたりに依存する母の日常

子離れしなきゃダメですか? 社会人息子ふたりに依存する母の日常
1,080円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

子供との関わり方を楽しく明るく描いているエッセイです。子離れに関する悩みというのはどうしても深刻になりがちですよね。そういう時に笑わせてくれる雰囲気をもった本です。

母親の子供に対する接し方とそれに対する子供の反応を見ながら、改めて親子の距離感について考えるきっかけとなる1冊となっています。エッセイなので堅苦しくなく読みやすいですよ。

Amazonレビュー

★★★★★

すごくいいご家族で、長男次男のクセが強い!(特に次男)
こももさんは、しっかりと子離れされているように見えますし、
でも家族の絆を感じられる、素敵な本です^^

ページ数131
著作者華桜こもも
出版社ぶんか社

卒母のススメ

卒母のススメ
1,080円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

卒母に対する意見や体験談を1冊の本に集めたものです。実際に子育てや子離れを経験してきた母親のリアルな声が詰まっており、子育ての大変さや子離れのタイミング、子供が自立した後の母親の人生について考えるきっかけとなります。

母親も子供もひとりひとり違い、家庭環境や関係性もひとりひとり違うということを改めて認識することができます。

Amazonレビュー

★★★★★

おっしゃる通りです。子供の邪魔にならないようにしないといけませんね。子供と一緒にいられる時間をもっと大切にしておけばよかったと思ってしまいました。

ページ数144
著作者西原理恵子
出版社PHP研究所

(子育てエピソードについては以下の記事も参考にしてみてください)

子育てブログ漫画が人気!無料で読めて面白い!おすすめ11選

子離れできない親は子供に悪影響を与える!

親が子離れをできないと、子供に悪影響を与える場合があります。子供が大切だからこそ、子供が自立し幸せな生活を送ることができるように、子離れをしましょう。

関連する記事