子離れできない親の特徴・心理|どんなデメリットが?7つの対処法を紹介

子離れできない親は問題がある?子離れできない親の特徴・心理や、子離れをするのに適した時期、7つの対処法を解説していきます。親が子離れできないことによるデメリットや、おすすめの本も紹介!親の子離れのタイミングや方法について参考にしてみてください。

目次

  1. 子離れできない親の特徴・心理は?
  2. 子離れできない親に向けた7つ対処法
  3. 親が子離れをするのに適した時期は?
  4. 子離れできないとどんなデメリットがある?
  5. 子離れできない親におすすめの本を紹介!
  6. 子離れできない親は子供に悪影響を与える!

子離れできない親の特徴・心理は?

親にとって子供は大切な存在ですが、いつか子離れする時がきます。しかし、なかなか子離れできないという親も多いですよね。子離れできない親にはどのような特徴や心理があるのでしょうか。子離れできない親の特徴・心理を紹介します。

子供に依存している

子供に依存している親は、子離れできない可能性が高いです。子供に依存するタイプは、子供が幼いうちは子供に尽くすことが多いでしょう。なるべく子供が過ごしやすいようにと考えています。しかし、大きくなるにつれ、大切に育ててきた子供が1人で行動し、考え、自分から離れていくということに恐怖を感じます。そのため子離れができないのです。

(依存を手放す方法については以下の記事も参考にしてみてください)

執着・依存心を手放す方法&その先に起きる5つの幸運!恋愛・仕事など効果絶大!

多くのことに口を出す

子供の行動すべてに親が口を出していると、子離れができないでしょう。子供に対して幼いころのイメージが強く、心配性な親に多いのがこのタイプです。親が持っている子供のイメージと、実際の子供の年齢にギャップがある場合があります。

ある程度成長すれば失敗も必要ですし、自分で物事を選択する力ももっていますが、つい口を出してしまうのです。口を出すことが当たり前の環境のままでいると、子離れできないでしょう。

子供を思い通りにしたがる

子供を親の思い通りにしたがることは、子離れできない親の特徴です。子供は成長するにつれ自分の意見をもつようになります。しかし、そういったときに親が「それはだめ」「こっちにしなさい」と子供を押さえつけ、逆らえない空気を作り上げることで、子供を支配しようとします。

このタイプの子離れができない人は、親よりも子供の立場を弱くしておきたいという心理を持っていること多いですね。

自分と子供を重ね合わせる

子供に対して、自分と重ね合わせて考えている親は子離れできない可能性があります。子供の人生が子供のものであるという意識が低く、親の理想を押し付けたり、自分がしたかったことをさせたがります。自分が望んでいたことが、子供の望むことだと勘違いしている場合が多いです。

子供を自立させようという意識が低く、子離れできないおそれがありますよ。

子供の行動を把握したがる

子離れできない親の特徴として、子供の行動を把握したがります。心配性な親に多く、子供が今どこにいて何をしているのか気にします。大きくなるにつれ子供の行動を知っておく必要性はなくなってきますが、心配であるという心理から、徐々に子供のことを把握しておきたいという心理が強くなっていきます。

子離れするタイミングの判断ができない状態になってしまい、子離れができない親になります。

子供に恩を売る

子供に恩を売るのは、子離れできない親の特徴の一つです。子供に恩を売る親は「子供に親の苦労をしってほしい」という心理が強いです。そのため「これをしてあげた」「これが大変だった」という風に、子育ての苦労を子供に頻繁に話します。

子供が大きくなると「親がこれだけ子供のために頑張ったのだから子供も親のために頑張って当然」という心理が働きます。

子供に強く期待する

子供に強気期待を押し付けるのは、子離れできない親の特徴です。勉強や運動など、親は子供に望むことがあってもいいですが、強くそれを押し付けます。子供の将来を心配していたり、子育てに関するプライドが高いという心理の表れでもあります。

子育てが生活のすべてになっている

子育てが生活のすべてになっていると、子離れが難しくなります。子供が幼いころはどうしても子育てに手がかかるので、子育てが生活の中心になります。しかし、子供が育つにつれて本来は子供に接する以外の時間が増えるのです。

しかし、いつまでも子育てしかしておらず、仕事も趣味もないままだと心理的に子供が生活のすべてになり、子供への思い入れが強くなります。また、子供にも親に対する思い入れの強さを望むのです。

(子育てと仕事の両立については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事