まとめ髪向けのワックスおすすめ11選!髪質・レングス別の選び方も!口コミ多数!

【美容師監修】まとめ髪が作れるワックスの失敗しない選び方や、おすすめ11選を紹介します。スティック・スプレーワックスの使い方、種類別の使い方や、《ショート》《ボブ》《ミディアム》《ロング》のレングス別のまとめ髪スタイルもわかりますよ。人気のスタイリング剤やワックスの【口コミ】もあわせて紹介します。

専門家監修 | 美容師 羽田拡
InstagramHOT PEPPER Beauty
原宿にある美容室【LAiLY by GARDEN】でトップスタイリストをしています!一人ひとりの骨格にあわせた【似合わせカット】...
Instagram   HOT PEPPER Beauty
原宿にある美容室【LAiLY by GARDEN】でトップスタイリストをしています!一人ひとりの骨格にあわせた【似合わせカット】や女性らしい丸みのある【ショート】や【ボブ】などが得意です!カウンセリングを重視して、その人のなりたいヘアスタイルを提案します⭐️

目次

  1. まとめ髪はヘアワックスが超重要!
  2. まとめ髪が作れるワックスの選び方のポイント!
  3. まとめ髪が作れるワックスのおすすめ11選!口コミも!
  4. まとめ髪が作れるワックスの種類別の使い方!
  5. 《ショートヘア》のまとめ髪スタイル&ワックスの使い方!!
  6. 《ボブヘア》のまとめ髪スタイル&ワックスの使い方!
  7. 《ミディアム》のまとめ髪スタイル&ワックスの使い方!
  8. 《ロングヘア》のまとめ髪スタイル&ワックスの使い方!
  9. まとめ髪アレンジも最適なワックスを選べば簡単!

まとめ髪はヘアワックスが超重要!

雨の多い時期や乾燥している日の影響を特に受けやすい髪は、ヘアワックスを使うことで悩ましい問題も解消可能です。沢山あるスタイリング剤の中でも特に使いやすくおすすめの人気ワックスや前髪だけでも使えるヘアワックス、スプレースティックタイプのスタイリング剤も併せて紹介していきます。

特にショート・ボブ・ミディアム・ロングヘア別に紹介しているまとめ髪スタイルで使いやすいスタイリング剤を選ぶことができれば、以降も便利に使い続けることができるでしょう。スティックタイプを使ったロングのまとめ髪やスタイリング剤の併用方法の情報も充実しています。

まとめ髪を作るワックスを使うタイミング

ワックスはカールの維持、湿度によるハネや広がりを防ぎまとめ髪をしっかりキープするのに役立ちます。ワックスといっても、現在ではスプレーやスティックタイプもあって、使いやすさで選ぶのもよいでしょう。しかし、初めて使う人にとってはどのようなヘアスタイルに、スタイリング剤をどうやって使うかわかりにくいという問題があります。

一般的なヘアワックスの場合、まとめ髪を作る直前に手のひらにワックスを馴染ませ、手クシをかける要領でワックスをなじませるだけなので簡単です。スティックタイプを使用すれば、はみ出してしまった毛もすっきりおさまります。ヘアワックスは、様々なスタイリング剤として発売されているので、詳しくは後ほど使い方と共に紹介していきます。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/775885842034589459/

この記事ではショート・ボブ・ミディアム・ロングヘア別のまとめ髪に、ヘアワックスなどのスタイリング剤をどのように使うのかについても併せて紹介しているので、現在の髪の長さにあう箇所を参考にしてみてください。

(100均のワックスを使ったまとめ髪・前髪アレンジについては以下の記事も参考にしてみてください)

100均のヘアワックス10選!ダイソー・セリアなど!ヘアアレンジも多数ご紹介!

まとめ髪が作れるワックスの選び方のポイント!

ワックスはひとつのブランドでも、いくつものタイプが用意されているのは珍しくありません。特に初めてワックスなどのスタイリング剤を利用したいと考えている人にとっては、どれを選べばいいか迷うでしょう。

ワックスのタイプは、大きく分けるとハードとソフトの2種類ですが、更にボリューム・動きを付ける・セットを決めるものと別れているものもあります。髪の長さによっても、ワックスを選ぶポイントが変わってくる他、雰囲気も大きく変わってきます。そのため、自分に合ったスタイリング剤選びが必要です。

髪質に合わせてワックスを選ぶ

上記で紹介した通り、ワックスのタイプ次第でまとめ髪の雰囲気が大きく変わってくるため自分の髪質を考慮する必要があります。猫っ毛でやわらかい毛質でショートヘアにハードタイプのワックスを使うと、全体的にボリュームの無いぺったりしたヘアスタイルになるでしょう。このような失敗を防ぐため、ショートだからハードタイプなどと固定概念で選ぶことは避けるべきといえます。

かたい髪質であれば、カールが取れやすいデメリットがあるためハードタイプのワックスで長時間持たせるなど、メリットのあるスタイリング剤使いがおすすめです。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/814096070124574418/

アップにした際に使えるスティックワックスなら、手を汚さず見た目もすっきりと決められます。もし、現在使っているワックスに不満を覚えることがある場合は、スプレータイプのワックスを併用するアレンジものちほど紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

(カラーワックスを使ったまとめ髪・前髪アレンジについては以下の記事も参考にしてみてください)

ダイソーの1Dayヘアカラーワックスの使い方は?色別の仕上がりも《動画》で解説!

まとめ髪が作れるワックスのおすすめ11選!口コミも!

多くの種類がある中で、特に使い勝手の良さと人気の高いワックスを厳選して紹介していきます。使いづらいと感じる人がいるのは、髪質に合ったワックスではなかったことが大きな要因になっています。そのため、自分の髪質を考慮した上で、様々な種類がある人気のスタイリング剤を選べるように参考にしてみてください。

関連する記事