ヘアアイロン・コテの適正温度は?髪が痛まない温度調節のコツ、使い方の注意点も!

《ストレートヘアアイロン》《カールヘアアイロン(コテ)》の種最適な温度調節の仕方を髪質別で上手く使い分ければ髪が痛むのを防ぐ事が出来ます。また、髪を傷めない為にできるヘアアイロンの使い方のコツ&注意点も知り、使用温度に気を付けながらより美しい髪にしましょう。

目次

  1. ヘアアイロンの温度調節のミスで髪の毛が痛む?
  2. 《ストレートヘアアイロン》の最適な温度調節!髪質別に!
  3. 《カールヘアアイロン(コテ)》の最適な温度調節!髪質別に!
  4. 【髪を傷めない!】ヘアアイロンの使い方のコツ&注意点!
  5. ヘアアイロンは自分の髪質に最適な温度で使おう!

ヘアアイロンの温度調節のミスで髪の毛が痛む?

健康で美しい髪の基本は、キューティクルが整っていて髪の中の空洞が無く密になっている状態です。ヘアアイロンで髪に熱を与えると、髪が柔らかくなるためカール等のヘアセットが出来ます。しかし、その時の温度調節を誤ってしまうと、その場ではヘアセットが出来たとしても髪にはダメージがあるのです。

人それぞれ髪質の違いがあり、その髪質によっては熱に弱かったり強かったりもします。更にヘアアイロンは家庭で使用する低温のタイプや、美容師等のプロが使用する高温のタイプもあり、選り好んで選べるので自分の髪質に合わせた温度のヘアアイロンをまずは選ぶことが大事です。

《ストレートヘアアイロン》の最適な温度調節!髪質別に!

moepiii_t_さんの投稿
74995713 426078764728910 8170654326910106667 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram

癖の付いた髪や寝ぐせを治す際に使用するストレートヘアアイロンですが、朝など時間が無いからと言って高熱で素早く使用していたりしませんか?髪質別に合わせた最適な温度で使用し、髪へのダメージを防ぎましょう。

まずは、自分の髪質をチェックしましょう。髪の毛に指を絡ませてくるくると巻きます。次にその指を真っすぐ引き抜いて髪がそのままくるくる巻かれた状態であれば「軟毛」となり、髪がすぐに真っすぐに戻る場合は「剛毛」とします。

(ストレートヘアアイロンの使い方については以下の記事も参考にしてみてください)

【レングス別】ストレートヘアのアレンジ&やり方!アイロンテク〜ヘアケアなど多数!

軟毛の人に最適なストレートヘアアイロンの温度

mastercosmetic_japanさんの投稿
76873281 101484777962016 2034801173720667348 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram

柔らかい髪は熱が通りやすいので、ストレートヘアアイロンの場合の最適温度は150度前後です。これ以上の温度を出してしまうと、髪が痛む可能性が高くなってしまうので注意してください。

軟毛の場合、キューティクルが少ないのでダメージを受けやすく、色素も薄いので日に当たると透けて見えるのが特徴です。カラーリングは苦手としますが、毛が柔らかいのでスタイリングは比較的しやすい髪質となります。

軟毛の前髪に最適な温度

前髪の場合、他の部位よりもダメージが分かりやすく出てしまう為、前髪はより150度より低温に調節する事を心がけましょう。更に、前髪は比較的スタイリングもしやすいので短時間での使用をオススメします。

150度以下がおすすめの髪質

やわらかい髪の他にも、ダメージが進んでいる髪や、湿気によって変化しにくい髪質の場合も150度以下が最適な温度止まります。水分量が少ないために、コテの温度が高すぎると乾燥によるダメージを与えてしまう恐れがあるためです。

剛毛の人に最適なストレートヘアアイロンの温度

nakagawamiyuuさんの投稿
12519198 211270405887068 1881105245 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram

剛毛の場合、キューティクルが密着しているため毛質が固いです。なのでカールがしにくく、すぐに取れやすかったりする為、ヘアセットに時間がかかってしまう場合があります。

固い髪質は熱を通しにくい為、ストレートヘアアイロンの最適使用温度は170度前後になります。毛先5cmくらいにストレートヘアアイロンをかけてみて、あまりにもスタイリングしにくければ少しずつ温度を170度前後から調節していき、自分の最適温度を探してみましょう。

剛毛の前髪に最適な温度

前髪をスタイリングする場合は、同じく170度前後の温度から調節していきます。他の部位よりも前髪が更に固い方もいるのですが、だからといって思い切り高熱にするのではなく、あくまでも低温からスタートして調節をしていくのがオススメです。

170~180度前後の温度がおすすめの髪質

硬い髪だけでなく、太い髪やヘアカラーやパーマをしていない髪の場合も、高めの温度設定がおすすめです。高い温度によって水分をしっかり飛ばすことで、ストレートにしやすくなります。ほかに、癖が強い場合や湿気の影響を受けやすい髪質の人も、170~180度程度の温度が適しているでしょう。

《カールヘアアイロン(コテ)》の最適な温度調節!髪質別に!

hairmakeantennaさんの投稿
73307916 125460318907743 7759242215113641444 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram

髪を自由に遊ばせたり、パーマをかけたようなカールを作りたい時にはカールヘアアイロン(コテ)を利用します。ストレートヘアアイロンよりも、使い方が特殊の為、使用する時間がかかってしまいがちですが、ここで最適な温度に気を付けていれば余分なダメージを防げます。

軟毛の人に最適なカールヘアアイロン(コテ)の温度

熱を通しやすい柔らかい髪質の方は140度以下の低温で使用しましょう。コテの場合、初心者の方や上手く髪を巻きなれていない場合、ゆっくりと時間をかけてしまいがちなので、それを配慮して低温にする事でダメージの発生を防ぎ髪が痛まないように出来ます。

前髪のスタイリングの場合は、同じく140度以下で使用して大丈夫です。他の部位より毛量が少ないので、優しく丁寧にコテを使用する事を心がけましょう。

剛毛の人に最適なカールヘアアイロン(コテ)の温度

熱が通りにくい固い髪質の場合は、150度前後での使用をオススメします。毛量が多かったりロングの方は180度で使用することも多いですが、まずは150度前後で使用してみて、スタイリングしにくければ徐々に温度を調節して熱を加えていきましょう。

前髪のスタイリングも同じく150度前後で使用します。他の部位と同じくスタイリングがしにくければ温度調節をしてもいいのですが、最高でも180度で止めましょう。また、前髪はおでごに近いので火傷にも注意してください。

(前髪のスタリングのコツについては以下の記事も参考にしてみてください)

【前髪の巻き方】コテ・ストレートアイロンの使い方!髪の長さ・量別のコツも!動画多数!

【髪を傷めない!】ヘアアイロンの使い方のコツ&注意点!

髪質によって熱への強さが変わったりしますが、基本的なヘアアイロンの使用方法やコツを知る事で根本的なダメージを防ぐ事ができます。また、髪が痛むような使い方をしてしまうと起こってしまう問題点などもあるので、髪が痛まないようにすることを大前提に、しっかりとヘアアイロンの事を知ることが大事です。

長時間の使用を避ける

こちらの動画は、コテの使い方を丁寧に教えてくれている動画であり、コテの場合、髪の毛を挟むフリッパーという部分の使い方がとても重要で、内巻きの場合と外巻きの場合、また髪の毛の右側を巻く場合、左側を巻く場合と併せて説明しているので、初めて使う方は失敗や火傷を防ぐためにも一度動画を見て勉強する事をオススメします。

髪に熱を加えてスタイリングをするため、長時間も髪に熱を加え続けてしまうと痛む可能性がより大きくなってしまいます。大切な髪が痛まないようにするには、まずコテの持ち方等のヘアアイロンの使い方を動画で見て勉強しましょう。

濡れた髪への使用はダメージが多くなるのでNG!

スチームアイロンで水を使用しているから濡らした方が髪が早くまとまると勘違いして、わざわざ濡らしたりしている方もいます。ですが、それは大きな間違いです。濡れた髪はキューティクルがとても柔らかくなっているので、そこにアイロンを使用するとどんどんキューティクルが欠けていきダメージがとても大きくなってしまいます。

しっかりと乾いた髪に使用しないと髪が痛むので、わざわざ濡らしたり、お風呂上がりの半乾きの際には使用を避けましょう。

ヘアアイロン使用前はしっかりブラッシング

ヘアアイロンやコテを使用する前にはしっかりとブラッシングをしましょう。ほこりや汚れを取るだけでなく髪の絡みやほつれも解消し、同時にキューティクルを一定方向に整える効果もあります。ただのブラッシングかと思いきや、ヘアアイロンする前の下準備としてもとっても大切な事なのです。

ブラッシングも同じく、濡れた髪には行わないでください。柔らかくなったキューティクルはブラッシングや少しの摩擦でも欠けやすくなっており、濡れた髪にブラッシングした後に更にヘアアイロン等の熱を加えてしまったら髪の痛むスピードを促進しているようなものです。

ヘアアイロンを使用しなくても、日頃からブラッシングを心がけるだけで、キューティクルが整い、熱に強く痛まない髪を手に入れる事が出来ます。

(ブラッシングについては以下の記事も参考にしてみてください)

ロールブラシのおすすめ10選!髪質・長さ別の選び方、効果的な使い方も!口コミ多数!

強く引っ張らず、優しくなめらかに使おう

patience0615さんの投稿
66688755 684975095310272 956134652225591466 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram

ストレートヘアアイロンを使用時にしっかり真っすぐ伸ばしたいからといって強く挟んで思い切り引っ張ったりするのも危険です。コテも同様、スタイリングが決まらないといって届かない髪をずっと挟んでしまうのは頭皮にもダメージがありますし、髪ももちろん痛むので避けましょう。

痛まないようにするポイントは、ストレートヘアアイロンでもコテでも、挟む部分が少し浮いているのが正解で、しっかり挟もうとしないでアイロンそのままの挟む力に任せます。毛量が多い場合などはその毛量がスムーズにアイロンを通るように優しめに挟むことを意識しましょう。

こまめにブロッキングして毛量を減らす

効率よく短時間で行いたいヘアアイロンですが、一気にやりたいからといって毛量を多くとった毛束にアイロンやコテを利用しても思うようなスタイリングが出来ません。髪の毛に熱を加えてスタイリングをしているので、毛量が多いとその分一本一本の上手く熱が届かないためです。

スタイリングが出来ないからといって、同じ毛束に何回も熱を加えるのも髪が痛む原因になりますので、まずはブロッキングをしてから少量の毛束にします。面倒くさくてもこのブロッキングをするのとしないのでは大きな差が出るので心がけてみましょう。

カールローションを使えばダメージケアも出来る

コテを利用してカールヘアにしたい方は、コテの利用前にカールローションを利用する事をオススメします。カールの持ちをアップさせるのはもちろん、ローションがキューティクルをカバーする効果があるので髪が痛まないで済みます。

ストレートヘアアイロンを使用する際、前髪だけくるっとカールしたい場合などもカールローションを利用して、なるべくダメージを防ぎ痛まないように心掛けましょう。

毛先ではなく髪の中央から!

ストレートヘアアイロンは挟むポイントが分かりやすいですが、コテの場合どこから挟めばいいか分からない方もいるかと思います。ですが、どちらも髪の中央から使用していきます。

毛先は癖が付きやすいので毛先にしっかり当てなくても大丈夫です。なので、髪の中央から挟んだら毛先に向かって流れるようにアイロンを進めて熱を加えて行きます。その際も強く挟んだり力を入れると髪が痛むので優しく丁寧に行いましょう。

熱を加えた後は冷風で冷まして固める

beautysalon_kawasakiさんの投稿
73579093 2793425524014440 1765105139348893722 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram

熱でキューティクルを柔らかくしてスタイリングするヘアアイロンなので、逆に冷たくすればもちろんキューティクルが締まり固くなります。それを利用して、ヘアアイロンを使用した部分にドライヤーなどで冷風を当てればカールをキープしやすくなるのでオススメです。

(カールをキープするドライヤーのかけ方については以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】パーマの乾かし方!長持ちのコツ・ドライヤーの使い方も解説!

ヘアアイロンは自分の髪質に最適な温度で使おう!

ヘアアイロンを使用する際は自分の髪質に合わせて温度調節を行わないと、上手くスタイリングが出来ない上にダメージにも繋がってしまいます。せっかくオシャレの為にヘアアイロンを使用するのであれば、なるべく髪が痛まないように心掛けるのが大事です。

また、温度だけでなく間違った使用方法でも髪へのダメージがあるので気を付けつつ、自分の髪質に合わせた最適な温度で、髪をいたわりながら楽しくヘアアイロンを利用しましょう。

関連する記事