オーガニックシャンプーおすすめ20選&口コミ!市販〜サロン専売品まで!

【美容師監修】この記事ではオーガニックシャンプーの選び方のポイントや【口コミ】を交えたオーガニックシャンプーのおすすめ《市販》《サロン専売品・通販》別に20選紹介します。無添加やノンシリコン、頭皮に優しいなどの魅力が詰まったオーガニックシャンプーで美髪を手に入れましょう。

専門家監修 | 美容師 千葉健太郎
Instagramminimo
美容室【Orque(オルク)】札幌大通り店でトップスタイリスト/ヘアケアマイスターをしています! 一人一人に合わせたのオーダーメイドの【透明感カラー】や、...
Instagram  minimo
美容室【Orque(オルク)】札幌大通り店でトップスタイリスト/ヘアケアマイスターをしています! 一人一人に合わせたのオーダーメイドの【透明感カラー】や、お客様の「キレイ、カワイイ」を引き出す【ヘアアレンジ】が得意です!また、【ヘアケア】に関するアドバイスもお任せください!

目次

  1. オーガニックシャンプーとは?効果は?
  2. オーガニックシャンプーの選び方のポイント!
  3. 《市販》のオーガニックシャンプーのおすすめ9選&口コミ!
  4. 《サロン専売品・通販》のオーガニックシャンプーのおすすめ11選&口コミ!
  5. オーガニックシャンプーを使用する際の注意点!
  6. オーガニックシャンプーの他の商品もチェックしてみよう!
  7. オーガニックシャンプーで綺麗な髪を手に入れよう!

オーガニックシャンプーとは?効果は?

美容院での専売品だけでなく、市販品も目にすることが多くなってきたオーガニックシャンプーですが「まだ使ったことはない」という方も多いのではないでしょうか?

オーガニックシャンプーは「ダメージだらけの髪をなんとかしたい」「健康的な頭皮に憧れている」という方におすすめしたいシャンプーです。まずは、オーガニックシャンプーがどういったものなのかやその効果について紹介していきます。

(頭皮が健康になるシャンプーについては以下の記事も参考にしてみてください)

重曹シャンプーで頭皮が健康に!?効果や作り方、使い方を紹介!クエン酸リンスと使おう!

オーガニックシャンプーとは?

オーガニックシャンプーとは、化学肥料・農薬を使うことなく育てられた植物が主な原材料となっているシャンプーのことを言います。髪や頭皮への刺激となる化学成分が無添加であったり、洗浄成分がアミノ酸系であったりすることが大きな特徴です。また、オーガニックシャンプーの多くの商品はノンシリコンになっています。

千葉健太郎

美容師

オーガニックにもいろいろとありますが 、日本では認証機関がないため規制がゆるいです。 心配な方は海外のものを使うか、成分をしっかり見てから買うことをおすすめします。

オーガニックシャンプーの効果は?

オーガニックシャンプーの効果としては「髪がしっとりさらさらになる」「頭皮の嫌なにおいを防ぐ」「かゆみやフケが改善される」といったことが挙げられます。また、アトピー・敏感肌で「市販品の一般的なシャンプーが使えない」といったケースにも効果的です。

ただ、オーガニックシャンプーにもさまざまな商品があり、各商品ごとにどういった効果を重視しているかが異なっています。市販品であっても美容院の専売品であっても「髪のダメージ補修」「頭皮ケア」など、主な効果がどういったものなのか調べておくことが大切です。

オーガニックシャンプーの選び方のポイント!

先ほども触れたように、最近では美容院専売品だけでなく市販品でも非常に多くのオーガニックシャンプーを目にするようになりました。そのため「オーガニックシャンプーの選び方がいまいちわからない」と頭を抱えてしまう方も少なくありません。そこで、ここではオーガニックシャンプーを選ぶ際のポイントについて解説します。

期待する効果に合ったものを選ぶ

オーガニックシャンプーの選び方のポイントとしてまず挙げられるのが、期待する効果に合ったものを選ぶことです。どのオーガニックシャンプーにも髪や頭皮に優しい植物由来の成分が含まれていますが、どういった効果が期待できるのかは商品ごとに異なります。

「口コミで人気だから」「国産の商品だから」といった理由だけでオーガニックシャンプーを選んでしまうと、思うような効果が得られず後悔してしまいかねません。まずは自分の髪や頭皮の状態をチェックし、どういった効果を重視しているオーガニックシャンプーを選べば良いのか考えてみましょう。

アミノ酸系の洗浄成分のものを選ぶ

アミノ酸系の洗浄成分が含まれているものを選ぶことも、オーガニックシャンプーの選び方のポイントであると言えます。オーガニックシャンプーとして販売されていても、洗浄成分に「ラウリル硫酸Na」「オレフィン(C14-16)スルホン酸N」といった石油系の界面活性剤が使用されている商品も少なくありません。

石油系の界面活性剤は洗浄力が強く、髪や頭皮の油分が必要以上に失われてしまいます。そのため、ノンシリコンであることよりも優しい洗浄成分にこだわることを優先した商品も増えてきました。オーガニックシャンプーを購入する際は「ラウロイル○○」「○○べタイン」「ココイル○○」といったアミノ酸系の洗浄成分が含まれた商品を選ぶと良いでしょう。

千葉健太郎

美容師

アミノ酸系の界面活性剤は洗い上がりがマイルドなため、皮脂分泌が多い頭皮の方は日替わりで高級アルコール系も取り入れることをおすすめします。 フケなどが発生する場合は美容室か、皮膚科で一度見てもらうのも大切です。

ダメージケア・保湿成分を見て選ぶ

オーガニックシャンプーを選ぶ際のポイントとしては、ダメージケア・保湿成分を見て選ぶことも挙げられます。オーガニックシャンプーは一般的なシャンプーと比べて髪のきしみが出てしまいがちです。そのため、髪のダメージが気になっている場合にはダメージケア・保湿に効果的な成分が含まれるオーガニックシャンプーを選ぶ必要があります。

ダメージケアや保湿に効果的だとされている成分は「パンテノール」「ホホバオイル」「アルガンオイル」「ヤシ油」「カミツレエキス」などです。また、酸化防止・防腐の目的で配合される「BHA」「BHT」「パラベン」は刺激が強く髪にダメージを与えてしまう可能性があるため、それらが含まれていないオーガニックシャンプーを選ぶのがおすすめですよ。

(ダメージケア・保湿ができるシャンプーについては以下の記事も参考にしてみてください)

髪の毛さらさらシャンプー人気ランキング10選!市販のおすすめ&選び方のポイントを紹介!

関連する記事