価格帯別・ミシン台の人気商品10選!ikeaなどの代用机10選も

ミシンを使用する時、専用のミシン台を使用することがあります。ミシン台には収納が取り付けられてたりするのでとても便利です。今回は、ミシン台の選び方や価格帯別のミシン台人気商品10選と、IKEAなどの机で代用できるおすすめ10選を口コミもあわせて紹介していきます。

目次

  1. ミシン台とは?
  2. ミシン台があることのメリット
  3. ワークテーブルで代用も可能!
  4. ミシン台の上手な選び方
  5. 価格帯別・ミシン台の人気商品10選!
  6. 1万円以内のミシン台
  7. 2万円以内のミシン台
  8. 2万円以上のミシン台
  9. IKEAなどのおすすめ代用机10選!
  10. DIYでミシン台を作ってみよう!
  11. 用途に合ったミシン台を選びましょう

ミシン台とは?

ミシン台とはミシンを使用する時に使用する作業台のことを指します。刺繍や裁縫をする際などに、ミシンをよく使用する方はミシン台があると道具も収納することができ、とても便利です。

本記事の前半ではミシン台のメリットや大きさや必要に応じたミシン台の選び方などを紹介していきます。具体的なミシン台と代用できるワークテーブルで人気のランキングを知りたい方は、後半から読むことをおすすめします。

ミシン台があることのメリット

ミシン台はミシンを使うための専用の机なので、ミシンが使いやすくなるように作られています。作業がしやすいように設計されていて、ミシン本体や、刺繍道具、裁縫道具などの収納が机に備え付けられているものが多いです。

ミシン専用の机は少し高価なものが多いですが、ミシンを使用する頻度が多い人や、長時間ミシンで作業をする人は、ミシン机を使用する方が効率がいいのでおすすめです。

ワークテーブルで代用も可能!

ワークテーブルは、刺繍や裁縫、ミシンがけなどミシン台としての役割だけではなく、勉強する時や家事、パソコンデスクなど様々な使い方ができるようになっている机です。ミシン台だと種類が少ないのに対し、ワークテーブルだとぐんと種類が増えるので、好きなデザインを見つけることができるでしょう。

ミシン台を買うほどミシンの作業が多くない場合や、安い値段で机を購入したい方は、ワークテーブルで代用することをおすすめします。ワークテーブルはミシン台に比べて安い値段のものも多く、折りたたみできるものが多いので、机を置くスペースがなく作業の時だけ使用したい方に選ばれているようです。

家具の作りに安心できるIKEAやニトリなどには、ワークテーブルが多く取り揃えられているので、そのような有名な家具屋で選ぶこともできます。

ミシン台の上手な選び方

ミシン台について説明してきましたが、実際に刺繍や裁縫を行う際に使うミシン台を選ぶ時、どのように選べばいいのか迷う方も多いでしょう。机の選び方を間違えないように幾つか紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

大きさで選ぶ

ミシン台は高さが様々で、自分にあった高さの机を選ぶことが大切になってきます。机の高さは基本的に170cmほどの男性サイズに作られているので背の低い女性の方が購入する時は高さを考えながら選びましょう。

そして、ワークテーブルは脚が細く軽いものが多いので、ミシンを使用してる時にガタガタと動く可能性があります。脚の部分にアジャスターが付いているものや、脚の太いものを選ぶとグラグラを防げます。

使う頻度で選ぶ

ミシンの使用頻度が多い場合は、ミシン専用のミシン台を購入すると良いでしょう。専用のミシン台はミシンが問題なく使えるように作られているため、重量感があり使いやすくなっています。さらに机が大きくスペースが広々なので、裁縫で広い作業場が必要な場合も問題なく作業が行えます。

価格で選ぶ

ミシン台の選び方として、価格で選ぶ方法もあります。ミシン台は2万円を超える高額なものが多いです。高額の代わり、作りがしっかりしていて、収納がたくさん付いています。

ワークテーブルは1万円前後で購入できるものが多く、収納がない代わりに、折りたたみ機能が付いていたります。ミシンの使用頻度が多い方は、使い勝手を考えるとお値段が多少高くてもミシン台を選ぶのがおすすめです。

(ミシンの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事