業務スーパーの水餃子は2種類!味の比較や調理法、焼く・揚げるなどのアレンジレシピも紹介!

業務スーパーには「豚肉水餃子」「三鮮水餃子」と2種類の水餃子があります。どちらも安くて美味しいと評判です。業務スーパーの水餃子について、味の比較を含めて詳しく紹介します。水餃子を焼く・揚げるなどの調理法で作るおすすめアレンジレシピも参考にしてください。

目次

  1. 業務スーパーの水餃子は2種類!どんな違いがある?
  2. 業務スーパーの水餃子①豚肉水餃子
  3. 業務スーパーの水餃子②三鮮水餃子
  4. 業務スーパーの水餃子は茹でるだけじゃない?
  5. 業務スーパーの水餃子のアレンジレシピ3選!
  6. 業務スーパーの水餃子はボリュームがあって大満足

【材料】

・冷凍水餃子 20個
・水 150ml
・醤油 大さじ2
・酒 大さじ1
・酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・片栗粉 大さじ1
・水 大さじ2
・刻みネギ 30g
・オイスターソース 小さじ2

【作り方】

①冷凍水餃子を170℃の油で揚げる

②フライパンに、水と調味料を入れて煮立たせる

③水溶き片栗粉を加え、とろみをつける

④皿に餃子を並べ、甘酢あんをかける

⑤刻みネギをかけたら、完成

甘酢は煮立たせると酸味が飛んでしまうため、手早く作業しましょう。「豚肉水餃子」でも、えびが入った「三鮮水餃子」でもどちらでも美味しくできるアレンジレシピです。

(業務スーパーのおすすめ商品については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーの冷凍小籠包3選!美味しい食べ方を解説!中華街の名店の味もコスパよく楽しめる!

業務スーパーの水餃子はボリュームがあって大満足

出典:https://www.pinterest.jp/pin/628181848032862585/

業務スーパーの水餃子はボリュームがあって、大満足できる商品です。タレに付けたり、スープに入れたりして、大容量の水餃子でもさまざまな食べ方ができるからです。茹でる調理法はもちろん、「焼く」「揚げる」調理法によるアレンジもできます。

業務スーパーの水餃子は中国産でも、品質には問題ありません。国産と同じように安心して食べられます。業務スーパーの水餃子で、手軽に中華料理を楽しみましょう。

関連する記事