業務スーパーの水餃子は2種類!味の比較や調理法、焼く・揚げるなどのアレンジレシピも紹介!

業務スーパーには「豚肉水餃子」「三鮮水餃子」と2種類の水餃子があります。どちらも安くて美味しいと評判です。業務スーパーの水餃子について、味の比較を含めて詳しく紹介します。水餃子を焼く・揚げるなどの調理法で作るおすすめアレンジレシピも参考にしてください。

目次

  1. 業務スーパーの水餃子は2種類!どんな違いがある?
  2. 業務スーパーの水餃子①豚肉水餃子
  3. 業務スーパーの水餃子②三鮮水餃子
  4. 業務スーパーの水餃子は茹でるだけじゃない?
  5. 業務スーパーの水餃子のアレンジレシピ3選!
  6. 業務スーパーの水餃子はボリュームがあって大満足

業務スーパーの水餃子は2種類!どんな違いがある?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/633459503837626757/

業務スーパーの水餃子は「豚肉水餃子」と「三鮮水餃子」の2種類があります。どちらの餃子も、原材料に豚肉と野菜が使われていますが、「三鮮水餃子」のみ、えびも使われています。冷凍水餃子2種類ともボリュームがあって大満足すると、業務スーパーのなかでも人気です。

業務スーパーにある水餃子の2種類とも、餃子の本場である中国産です。冷凍水餃子とはいえ、まずいという口コミは少なく、中国産ならではの本場の味が楽しめます。冷凍水餃子はスープに入れたり、焼く調理でタレを付けたりしてアレンジするのもおすすめの食べ方です。ここでは業務スーパーの水餃子2種類について、詳しく紹介します。

(業務スーパーの餃子については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーの餃子全10種を食べ比べ!味・コスパ・価格は?美味しい焼き方も!

業務スーパーの水餃子①豚肉水餃子

業務スーパーにある2種類の水餃子のうち、「豚肉水餃子」にはえびが入っていません。しかし、具材がたっぷり詰まっていて、皮のモチモチ感が楽しめる水餃子です。業務スーパーにある「豚肉水餃子」について紹介します。

【業務スーパーの豚肉水餃子】商品詳細

ーーーーーーーーーーーーーーーー
商品名 豚肉水餃子
税込価格 397円
内容量 500g
カロリー 100gあたり187kcal
原産国 中国
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「豚肉水餃子」の大きさは約5cmと、食べやすいサイズです。内容量は500gで、1袋に25個入っています。1個約16円の計算になり、コスパが良いと評判です。「豚肉水餃子」は中国産で、一般的な国産の水餃子よりも1袋あたり約100円安くなります。業務スーパーでは品質調査を十分に行っているため、中国産でも安全性には問題ありません。

【業務スーパーの豚肉水餃子】気になる味は?

「豚肉水餃子」を食べると、豚肉の旨味とキャベツのシャキシャキ感が口いっぱいに広がります。たっぷりと具材が詰まっている水餃子です。ショウガとニンニク、オイスターソースも使われています。

「豚肉水餃子」は「三鮮水餃子」よりも皮が少し厚めのため、鍋に入れるアレンジがおすすめです。ラー油や刻みニンニクを加えたポン酢など、好みのタレをつけて食べるのも美味しい食べ方です。

(業務スーパーのおすすめ商品については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーの鍋の素おすすめ7選!1人約25円で激安!アレンジレシピも

業務スーパーの水餃子②三鮮水餃子

業務スーパーにある2種類の水餃子のうち、えびが入っているのは「三鮮水餃子」です。「三鮮」とは、豚肉・野菜・えびが入った餃子のことです。業務スーパーで売られている「三鮮水餃子」について、詳しく紹介します。

【業務スーパーの三鮮水餃子】商品詳細

ーーーーーーーーーーーーーーーー
商品名 三鮮水餃子
税込価格 354円
内容量 500g
カロリー 100gあたり187lcal
原産国 中国
ーーーーーーーーーーーーーーーー

えび入りの「三鮮水餃子」の大きさは約4cmで、「豚肉水餃子」より少し小さめです。容量は500gで、34個入っています。1個約10円の計算になり、「豚肉水餃子」と同様にコスパが高いと人気があります。

「三鮮水餃子」も中国産です。しかし、業務スーパーの厳しい安全基準をクリアした商品です。国産品と同様に安心して食べられます。パッケージの裏面には、「ボイル」「揚げ」「焼く」の調理ができると記載されています。さまざまなアレンジレシピがある「三鮮水餃子」もおすすめの商品です。

【業務スーパーの三鮮水餃子】気になる味は?

関連する記事