カーテンの「ふさかけ」おしゃれな人気商品9選!100均・ニトリ・激安通販など

カーテンのふさかけをごぞんじですか?カーテンを開けている時に、カーテンを留めておくタッセル(ふさ)をかけるものです。値段や取り付け方を解説します。どんなふさかけが部屋の雰囲気に合うかイメージできるように、商品が実際に取り付けられている【画像】も紹介します。

目次

  1. カーテンの『ふさかけ』をご存知ですか?
  2. カーテン『ふさかけ』を付ける時に
  3. カーテンの『ふさかけ』の選び方
  4. カーテンのふさかけの種類
  5. カーテンの『ふさかけ』おすすめは〈ニトリ〉
  6. カーテンの『ふさかけ』は〈100均〉〈激安通販〉が便利
  7. 100均《ダイソー》にもカーテンの『ふさかけ』はある
  8. 100均《セリア》のカーテンの『ふさかけ』はおしゃれ
  9. おしゃれな『ふさかけ』
  10. おしゃれなカーテンの『ふさかけ』をつけてみましょう

カーテンの『ふさかけ』をご存知ですか?

カーテンを開けておく時に留めておくものをタッセル(ふさ)と言います。カーテンの『ふさかけ』は、それをかける窓の横の位置についているフックのようなものです。プラスティックで出来た安い物から、彫刻がしてあるような高いものまでいろいろな種類があります。部屋のイメージと予算に合わせてどんなものを選んだらよいのでしょうか。ご紹介します。

カーテンの色の失敗しない選び方!色別に部屋のお手本コーデ実例も!

カーテン『ふさかけ』を付ける時に

お部屋を新しくした時にお部屋のイメージはカーテンで、ガラッと変わります。カーテンを買うとタッセルはついているものもありますが、『ふさかけ』は別になっています。デザインもいろいろありますが、賃貸だと、横に穴をあけられなかったり、壁紙の素材によっては取り付けられない物もあります。つける位置やいろいろと、条件を考えなければいけません。

カーテンの『ふさかけ』をつけるとお部屋がすっきり

カーテンの『ふさかけ』の、必要性を感じていない人が多いかもしれません。でもカーテンの『ふさかけ』がないとカーテンが窓の横の位置にすっきり収まりません。留らないので、風が吹くと、部屋の中までゆらゆら揺れて、物を落としたり外に出てしまって汚れてしまうかもしれません。第一見た目が良くありません。

カーテンの『ふさかけ』の選び方

賃貸の部屋だと『ふさかけ』は、はじめから窓の横サイドについている部屋もありますが、後からつける場合に、注意しないいけない点があります。窓の横の壁の『ふさかけ』を付ける位置のスペースの壁紙の素材と下地の素材を確かめます。カーテンを留めるものなので、カーテンの重さも重要です。

カーテンの『ふさかけ』選ぶ時にタッセルを確認

natsu._.logさん(@natsu._.log)がシェアした投稿 -

カーテンの『ふさかけ』を選ぶときに取り付ける位置のスペースと壁紙の材質を確認したあとに、かけるタッセルの重量も考えないといけません。重厚な材質のカーテンで、飾りのついたタッセルを付ける場合は、あまり華奢な『ふさかけ』だと外れる場合もあります。レースなどの軽いカーテンに凝った『ふさかけ』はあわないかもしれません。

カーテンの『ふさかけ』の取り付け方

カーテンの『ふさかけ』を窓の横に取り付ける方法は、大きく分けて二つあります。テープで貼りつける方法と金具で取り付ける方法がです。安い取り外しが効く『ふさかけ』はテープで貼る物が多いです。でも壁紙によっては、貼りつかない場合もあります。高級な物は金具で取り付けるものが多いです。壁に穴が開くので穴をあけても良い場所か確認しましょう。

【カーテンの選び方】おしゃれな部屋の法則7つ&実例35選!テイスト別に紹介!

関連する記事