好意の返報性とは?恋愛での効果的な使い方・条件とは?告白への応用も!

皆さんは好意の返報性という言葉をご存知でしょうか?好意の返報性の〈男性〉〈女性〉別の効果や、恋愛での使い方を紹介します。好意の返報性が使えないケースや、告白に応用するコツも踏まえて恋愛や日常で使用するときに役立ててください。

目次

  1. 「好意の返報性」とは?どんな意味?
  2. 好意の返報性が成り立つ条件は?
  3. 好意の返報性の〈男女別〉効果5つ
  4. 恋愛での好意の返報性の効果的な使い方5つ
  5. 好意の返報性が使えない場合・ケースは?
  6. 【悪用推奨!】告白に好意の返報性を応用する裏技!
  7. 好意の返報性で恋愛を成功させた【みんなの体験談】
  8. 好意の返報性を上手く使おう!

「好意の返報性」とは?どんな意味?

好意の返報性という言葉を聞いたことがある方もそうでない方も、改めて確認しておくと良いでしょう。「好意の返報性」とは恋愛心理学にある、ある法則の事を意味します。恋愛において心理的な手にクックのことを指します。

人がしてくれたことに対してむくいること。また、むくいるための行為や金品。返礼。「受けた親切に返報する」

好意の返報性の効果が期待されています!

あなたが抱く好意をなんとなく相手の男性や女性が気がつくようにする=相手に「好意」とわかるシグナルを出すというテクニックが効果的です。自分が好意を示すことによって相手も好意を示してくれるようになるということですね。

相手が受け取りやすいようにこちらが工夫をしてを伝える方法が必要になります。恋愛に当てはめると、好きな相手に対して自分が好意を向けると、相手が自分に好意を示してくれ、両想いになれる可能性がある。あなたのシグナルが分かりづらいと、相手は気が付くどころか嫌な気持ちを抱いて、あなたから逃げてしまいますから使い方には十分注意しましょう。

好意の返報性が成り立つ条件は?

この好意の返報性という法則が成り立つ際には条件があります。そんな法則があるのなら、でぜひ使って恋愛成就をさせてみたいですよね。しかし、相手の好みやタイミングを考えるようにしましょう。でなければ気持ち悪いと思われてしまいますので注意が必要です。ただの空気の読めない人になる可能性もあります。

相手が自分に興味を持ってから使うようにしましょう。あなたのことが恋愛対象の範囲入っている状態、それが前提条件です。このテクニックを利用したからといって、相手にただあなたの気持ちを伝えれば必ず返ってくるものでもないのです。

相手が自分に興味を持っていることが前提条件!

恋愛の対象にすら入ってない異性にいきなり好意を示されても、気持ち悪いですし、迷惑だと思うでしょう。前提条件とする使い方があってこそ、この好意の返報性は効果的だからです。

意識もしていない、好意もよせていない相手を異性として好意に思うことはありませんから、むしろ距離をあけられてしまうかもしれません。あなたに好意をもっていない状態で好意を一方的に伝えてもうまくいきませんから、恋愛を二人で作り上げていく関係性だととらえて取り組んでいきましょう。

好意の返報性の〈男女別〉効果5つ

それでは具体的に行為の返報性の実験から得られた効果を見ていきましょう。

女性はストライクゾーンが狭いのでターゲットを絞れる

実験から女性の異性に対するストライクゾーンは、基本狭いという実験結果があります。これは女性の恋愛における心理の大きな特徴と言えます。毎日笑顔で挨拶をしてくれる相手が、好みのタイプである可能性が高いです。(もちろん嫌いなタイプの場合も十分にあります)1点だけで判断せずにトータル的な要素を複合的に捉えてこの人は良い人がどうかを考えてから恋愛へ進む特徴があります。

女性は好意を示すことが得意なので利用しやすい

関連する記事