感性とは何か?感性豊かな人に共通する特徴9つ!意外な弱点5つも!

感性という言葉を耳にしたことはありますか?感性の意味や、感性が豊かな人に共通する特徴9つとは何か分かりますか?感性が〈ある人〉〈ない人〉との違いや、感性が豊かな人になる方法、感性豊かな人が持つ意外な弱点や感性を磨く意味を紹介します。

目次

  1. 感性とは?どんな意味?
  2. 感性が豊かな人に共通する特徴9つ
  3. 感性が〈ある人〉と〈ない人〉との違いは?
  4. 感性が豊かな人の意外な弱点5つ
  5. 感性を豊かにするには?感性の磨き方5つ
  6. 感性の豊かな人に向いている職業・仕事5つ
  7. 感性豊かな人を目指して

感性とは?どんな意味?

感性とか感受性が高いとか低いとか聞いたことがありますか?感性って聞くだけだとあまりピンとこない人もいるでしょう。

感性とはどんな意味?

感性が豊かというのは周りからのくるイメージや刺激を柔軟に受け入れることができるということで、現時点で感性が鈍い人でもちょっとしたことを気を付けるだけで鋭い感性を身につけることができます。

「感性」とはどんなときに使う?

感性というのが何かというのはだいたい分かったと思いますがどんなときに使うのか例文を紹介します。

・感性が鋭く豊か→使い方は才能のある人に使う例文です
・感性が研ぎ澄まされる→使い方は普段よりいろいろなことを察するという時に使う例文です

感性が豊かな人に共通する特徴9つ

⓵いろいろな見方ができる

特徴の一つは一方からだけでなく物事をいろいろな方面から見ることができるという意味になります。これだけ聞くと何か簡単だなと思いますがなかなか難しいことです。鋭い感性を持っているからこそ人と違った見方ができます。

②一聞いて十の意味を理解できる

感性が豊かな人は一つのことを聞いてから、想像して何か他の事へ考えを発展させていくのが得意です。その感性はあまりにも突拍子もないものなので、感性が鋭いとはいえないような人からしたら少し意味が分からないかもしれません。

③他の人とは違う考えをしている

感性が豊かな人はセンスがあることが多いですが、その考え方は独特で鋭い角度から切り込んできたりするので理解しにくいかもしれません。何か物事を例える例文としてあげた文章が全く理解ができなかったということもしょっちゅうあります。

④自分を正直に表現できる

心の中で思ったことを相手にしっかりと伝える、表現するということは意外と難しいことなのです。そんな中感性が豊かな人は言葉や仕草の使い方が他の人とは違うので、自分が思ったことをそのまま外へと伝えることが得意です。自分の感性をそのまま表に出すのはセンスを問われるので感性が豊かな人ならではというところですね。

⑤いつまでも子供心を忘れない

感性が豊かな人はいつまでも子供の心を忘れません。子供は良くも悪くも感性が豊かで勘も鋭いので何か隠し事をするにもできません。それと同時に子供の感性は遊び心があるので、何か新しいことを始める時予想以上のことをしてくれます。

関連する記事