いじめられない方法|中学生〜大人まで〈年代別〉超具体的な解決方法!

いじめられない方法があったら知りたいと願う人は沢山います。そこで超具体的な解決方法を紹介していきます。更に、後半では、〈中学生〉〈高校生〉〈大人・職場〉など年代別に具体的なシーン&解決策を紹介しますので、あなたにあったいじめられない方法を見つけてください。

目次

  1. いじめられない方法はある?
  2. そもそも何をされたらいじめになる?
  3. いじめられないために…いじめられる原因は?主な要因7つ!
  4. 【全年代共通】いじめられない方法!7つのポイント!
  5. 〈中学生〉がいじめられない方法は?
  6. 〈高校生〉がいじめられない方法は?
  7. 〈大人〉がいじめられない方法は?
  8. 〈職場〉でいじめられない方法は?
  9. いじめられない方法を試してみて!

気が弱いと自分の意志が持てず、いじめの対象になります。最初は無理難題を言われ、右往左往する様子を笑われるでしょう。そのうち、暴力にエスカレートしていきます。しかし、なにをやられても無抵抗なため、周囲に逆らえない存在とみなされ、いじめの対象になるのです。

嫌なあだ名、仲間外れや無視などに対して自分の意見を言えれば多少なりとも改善がされるかもしれません。しかし、内向的な性格のため、自分の意見を主張できず、いじめられている環境から抜け出しにくくなるのです。

いじめられる主な要因5.自信が持てない

性格が暗いとみなされてもいじめの対象となります。オドオドしている態度も周囲をイラつかせ、いじめを引き起こしかねません。自分に自信が持てないため、どうしても後ろ向きな対応をしてしまいます。いじめによりついた心の傷は相当深いものなのです。

高校生

小学生の時からのいじめ体験で、自ら行動できません。班ごとの発表でもなにも意見をいえず、みんなの視線が痛いです。

いじめられる主な要因4.環境が異なる

小学生だと片親やハーフという、周囲と異なる環境の場合、それもいじめの対象になります。差別はダメだと言われながらも小学生ぐらいだと、どうしても「自分と違う」対象物を排除しようという感情が生まれてしまうのです。

言うことを聞かない子、同じことができない子もある意味、環境が異なる存在として排除されやすいです。クラスの輪を乱す子としていじめを正当化させる対象になりやすくなります。小学生の場合は環境が異なるというだけで、いじめは起きてしまうのです。

小学生

遠足のレクリエーション。班で競うんだけど、あいつがいるから優勝は絶対無理。全然協力してくれないんだよな。ムカつく。

いじめられる主な要因6.身だしなみに気をつけない

清潔な環境が当たり前の世の中です。そのため、不潔、服装が汚いと認識されるといじめの対象になります。特に小学生女子などは潔癖なまでに清潔を好む傾向にあります。そのため、同じ服を着てきてたとなると不快感を過剰に募らせ、いじめへと走ってしまうのです。

また、発達障害による服装のこだわりなのに、無理解からいじめに発生する可能性もあります。大学生にもなれば気にならないことでも小学生だと、いじめへと発展してしまうのです。発達障害やその他の障害のある人との過ごし方には大人の配慮が必要といえます。

小学生

興味がなくなるとすぐ席から立ってうっとおしい。先生に言っても「そういう子だから」って言うだけ。そういう子ってなに?おかしくね?

いじめられる主な要因7.体格

背が低い、太っている、ガリガリと極端に平均と体格が異なる場合、いじめの対象になりやすいです。許容範囲が狭いために排除をする、自分のストレス発散のためにいじめの対象にするなどの理由が隠されています。

中学生

ガッチリしているから男子のいじめの標的に。でも仲良しの女の子がいたから我慢できた。でもその子に「いじめられたくないからもう近寄るな」と突然言われ、目の前が真っ暗になった。

心が弱い人の特徴・性格13個!原因や克服法・仕事での立ち回り方も!

【全年代共通】いじめられない方法!7つのポイント!

自分の意見を持ち、親や先生に助けを求められる小学生ばかりなら、いじめはありません。意志表示し抵抗することは、勇気が必要なのです。また心配をかけまいと一人で抱え込む子が多いため、いじめられない方法は難しくなっています。

そこでいじめられない方法として具体的なポイントをこれから7つ紹介します。この中に、自分でも挑戦できるというものを見つけてみましょう。いじめに抵抗するためにも冷静な目で、紹介した7つのポイントから活路を見出してください。

いじめられない方法1.思い切ってブチ切れる

関連する記事