適応力がある人の特徴・性格は?身に付け方や自己PR例も!器用貧乏に注意!

適応力がある人の特徴や心理はどのようなものでしょうか。適応力がある人の特徴・性格・心理、長所&短所、身につけ方や自己PR例の他、器用貧乏にならないための注意点も紹介します。さらに番外編として、適応力自慢達の職場での"サバイバルエピソード"もご注目ください。

目次

  1. 適応力の意味とは
  2. 適応力がある人の特徴
  3. 適応力がある人の性格・心理
  4. 適応力がある人の長所&短所
  5. 適応力を身につける方法とは?
  6. 適応力の上手な自己PR例
  7. 器用貧乏との違い&そうならないための注意点も!
  8. 【体験談】適応力自慢達の職場での"サバイバルエピソード"
  9. 地球のどこにいても、適応力は必要不可欠!

適応力の意味とは

まずは適応力の意味を確認しましょう。適応力とは、状況に応じて当てはまる事・好ましい状態にする事を意味します。適応力は老若男女に要求される生きる力といえるでしょう。仕事・生活の両方で、必要な適応力は共通点を見出せます。人間関係においても適応力は必要とされます。

適応力とは、自分から進んで選択した場所で発揮されるだけでなく、何も知らずに関わった状況でも適応できる力を意味するともいえます。

自分の特徴を把握し、その能力を適材適所で発揮するため、自分の舞台を勝ち取るのも適応力です。順応力とある意味似ており、適応力との共通点があります。順応力とは、時々の事情に合わせて対応する特徴ある力の事です。変幻自在に操れる適応力は仕事などで発揮できると特徴的頼もしい力ですので、誰もが望む力と言ってもいいのではないでしょうか。

自分の特徴・性格(長所・短所)や心理を知ることも適応力と関連

適応力の意味が分からない、自分の適応力について悩まないという人は、無意識のうちに適応力をすでに十分に備えているといえるでしょう。自分の性格や心理を分析出来る人は、自ずと短所を補いながら、長所を生かす方法も知っているはずです。短所・長所は表裏一体でもあり、これらの共通点が適応力につながり、行動の幅を広げられます。

特に女性に求められる適応力の特徴

男女平等と言われるようになって久しいですが、実際女性が社会で継続して仕事をやり抜くことは、容易ではないのが現状ではないでしょうか。様々な場面で女性は心理的に負担をかけられる、適応力を要求されています。仕事をし続けることは、状況に応じて変化を伴うという意味で、適応力が必要なのです。

女性は心理的に出産・子育てによって職を離れてまた戻るという経験をする人も多いでしょう。その点で、男性よりも更に柔軟性・精神力・体力等を要するといえます。必要に迫られて特徴ある適応力を得る事もあるのではないでしょうか。

また、女性が家庭と仕事を両立するには心理的に、それなりの覚悟や伴侶の協力や周りの人たちの理解等を勝ち得ないとかなり厳しい現実が待ち構えています。女性が起業家を目指すなど心理的にどのような選択肢をとっても、特徴づける適応力を要求されます。

話しやすい人・話しにくい人の特徴は?言動の圧倒的違い15選!テクニックも!
独創性のある人ない人の特徴・違い?生い立ちに鍵が?磨き方・適した仕事も!

適応力がある人の特徴

適応力のある人の特徴の共通点は、その場に応じた行動をとったり心理状態を保てることです。具体的な特徴の共通点を見てみましょう。

特徴1.目的意識が高く、明確に言動が伴う人

適応力がある人は、掲げた目標を達成しようと日々努力し、周囲の人達にも納得させる有言実行タイプの人が多いです。目的がはっきりしているので、その場に適した行動が何かがわかるのでしょう。

特徴2.コミュニケーション能力が高い人

心理的に初めて接する人は緊張しますが、そこで特徴的な自分の話が出来たり、聞きたい事を質問したりする、コミュニケーション能力があるのは、適応力があるといえるでしょう。このような適応力は大人の世界だけではなく、子供の世界にも当然あるとよいものですね。

社会人になって心理戦でのコミュニケーション能力を生かし、仕事の面で交渉能力や人前でのプレゼンテーションで周囲を納得させるだけのものを披露できる事が自己PRになり、特徴ある適応力のある人として評価されます。

特徴3.臨機応変に必要とされるバランス感覚を発揮する人

関連する記事