いじめられない方法|中学生〜大人まで〈年代別〉超具体的な解決方法!

いじめられない方法があったら知りたいと願う人は沢山います。そこで超具体的な解決方法を紹介していきます。更に、後半では、〈中学生〉〈高校生〉〈大人・職場〉など年代別に具体的なシーン&解決策を紹介しますので、あなたにあったいじめられない方法を見つけてください。

目次

  1. いじめられない方法はある?
  2. そもそも何をされたらいじめになる?
  3. いじめられないために…いじめられる原因は?主な要因7つ!
  4. 【全年代共通】いじめられない方法!7つのポイント!
  5. 〈中学生〉がいじめられない方法は?
  6. 〈高校生〉がいじめられない方法は?
  7. 〈大人〉がいじめられない方法は?
  8. 〈職場〉でいじめられない方法は?
  9. いじめられない方法を試してみて!

いじめられない方法はある?

いじめへの意識が高まり、その解決策が論じられるようになりました。しかし、いじめへの認識は子ども、大学生、職場と環境ごとに微妙に異なります。いじめは本当に嫌なものですが、いじめられない方法というものはあるのでしょうか?

そもそも何をされたらいじめになる?

そもそもいじめってなに?と思う人もいるでしょう。いじめとは「嫌だ、つらい、して欲しくない」という苦痛を伴う体験のことを指します。個人によって感じ方が違うため、判断が難しいのです。いじめかどうかを定義しづらいため迷う人も多いのでしょう。

いじめは大抵、理不尽な理由から始まることが多いです。される側はなぜか自分が悪いと思い込み、いじめる側も相手が悪いからと行動を正当化します。両者とも負の感情に支配された時、いじめは発生するのです。

自分がつらい、して欲しくない、言われたくないということをされたらいじめなのです。精神的、肉体的に嫌だと感じたら、たとえどんな理由であれ抵抗しなくてはなりません。子供だけでなく、大学生や社会人になっても同じです。何をされたらいじめかと悠長に構えず声をあげ、いじめられない方法を見つけてください。

1歳6ヶ月の発育目安や育児の注意点!言葉が遅いと発達障害?体験談も
陰湿な人の特徴・性格9つ!心理やいじめの対処法!自分が陰湿にならない心がけも!

いじめられないために…いじめられる原因は?主な要因7つ!

原因があったとしてもいじめはしてはいけません。しかし、その要因を知っていれば、いじめから逃げる方法がわかることがあります。これから主な要因を7つ紹介していきます。

いじめられる主な要因1.勉強やスポーツでの優劣

学校は勉強やスポーツを競う雰囲気が自然と出てくる場所です。また、協調性を育てるために「みんなと仲良く」共同作業をさせる指導もあります。そのため、勉強やスポーツができないと所属する班にとってマイナスな存在となり、いじめに遭いやすいです。

逆に勉強やスポーツができ過ぎてもいじめの標的になります。周囲に劣等感を感じさせてしまうからです。認められたいと思う気持ちは大人にも子どもにもあります。一人だけ突出して優秀だと注目されない大多数は嫉妬を感じ、いじめへと走っててしまうのです。

中学生

不真面目なのに全教科のテストが100点だったので先生に褒められた。受験年だったので嫉妬され、その後クラス中から徹底的に無視された。

いじめられる主な要因2.嘘をつきがち

周囲に認められたいと強く思うあまり、嘘をついてしまう人がいます。飼っていないペットや最新のゲームを持っていると嘘をつき注目を集めようとする子どもがそのタイプです。単に友達が欲しいという欲求から嘘をついてしまうのですが、周囲はそれに不満をいだきます。

嘘をつく子は不快だし信用できないと考えられます。そのためいじめが起きるのです。嘘を笑って流せる年齢でないほど、嘘をつくことはいじめへつながります。嘘をつく人物だからいじめてもよい、という雰囲気が生まれいじめが正当化されやすくなるのです。

いじめられる主な要因3.内向的な性格

関連する記事