「余裕のある人」と「忙しい人」の特徴は?圧倒的な習慣の違い15選!

《余裕のある人》と〈忙しい人〉特徴や彼等の圧倒的な習慣・言動の違いを紹介していきます。忙しい人や余裕がない人が余裕を持つ心構えや、【恋愛や仕事】などで使える余裕があるように見せる話し方などのテクニックを紹介。番外編として、余裕がある人達の"びっくりエピソード"など、みんなの体験談も紹介します。

目次

  1. 余裕がある人とは
  2. 《余裕のある人》の特徴
  3. 〈余裕がない人〉と〈忙しい人〉の特徴
  4. 《余裕のある人》と〈忙しい人〉の習慣・言動の違い10選!
  5. 〈余裕のない人〉に贈る余裕をもつ5つの心構え
  6. 【恋愛編】余裕があるように見せるテクニック
  7. 【仕事編】余裕があるように見せるテクニック
  8. (番外編)余裕がある人達のびっくりエピソード
  9. 余裕がある人になりましょう

余裕がある人とは

「心に余裕があると良い」とよく言われますが、忙しいときなどそうはいきません。でも自分よりも忙しいはずなのに、落ち着いている人もいますよね。性格の問題でしょうか、働き方の問題でしょうか。それとも話し方や習慣の問題でしょうか。なぜ、そんな違いが生まれてしまうのでしょう。

そんな余裕がある人の特徴や、余裕がある人と余裕がない忙しい人の違いや働き方・性格・話し方・恋愛について紹介していきます。

《余裕のある人》の特徴

余裕がある人の特徴を紹介していきます。

特徴1.やりたい事、やらなければならない事が明確

余裕がある人は、やりたい事と今やらなければいけないことを明確にする習慣があります。そのため、余裕がある人は時間の使い方に悩まずサクサク行動することができ、働き方も効率が良いです。

特徴2.他人と比較していない

余裕がある人は、他人と比較せずに「自分は自分、他人は他人」と割り切る性格をしています。そのため、余裕がある人はプライベートや仕事で人と課題を成し遂げる時に円滑に事を進めることができます。

特徴3.物事を否定的に受け止めない

余裕がある人でも、失敗します。しかし余裕がある人は、ネガティブな事を考えることなく常にポジティブにとらえる性格をしています。どんな失敗をしても「失敗は成功の母」というポジティブな捉え方をする習慣があります。

特徴4.人にやさしい

自分に余裕がある人は、自分の発言や行動に自信を持っているため、他人への気配りも怠りません。相手の性格や考え方を考慮しながら話に耳を傾けて、それぞれにあった建設的な意見を伝えることができます。相手が感情的になった際も、余裕がある人は自身の冷静な性格と落ち着いた話し方で場を収めることができます。

特徴5.堂々とした態度

自分に余裕がある人は、自分の犯した失敗を素直に認めることができる性格ですので、自分を無理に取り繕う必要がなく堂々とした態度をとります。堂々とした態度は人に安心感を与え「余裕がある人」という印象を与えます。

〈余裕がない人〉と〈忙しい人〉の特徴

人間は時間というものに迫られてしまい、自分自身に余裕をなくしてしまいます。よって、忙しい人に見られます。この人々の特徴を紹介していきます。

特徴1.何をすべきで、何がしたいのか分かっていない

関連する記事