マタニティ用の喪服の選び方は?小物や季節別の着こなし、レンタルサービスも紹介!

マタニティの時の葬式には、どのようなマナーがあるのでしょうか。マタニティ時は参列してもいい?マタニティ用の喪服の選び方のポイントや、季節別の着こなしなどを解説します。また、マタニティ用の喪服に相応しい小物や、安いお店、レンタルサービスも紹介!

目次

  1. 葬式での妊婦の服装・マナーは?
  2. マタニティ用の喪服の選び方のポイント
  3. マタニティ用の喪服の季節別の着こなし
  4. マタニティ用の喪服に相応しい小物は?
  5. マタニティ用の喪服は購入した?レンタル?〜みんなの体験談!〜
  6. マタニティ用の喪服が安いお店は?
  7. マタニティ用の喪服のレンタルサービスを紹介!
  8. 葬式に参列する時は相応しいマタニティ用の喪服を準備しよう!

葬式での妊婦の服装・マナーは?

葬式は急なものですから、妊娠中の時期でも参列する可能性があります。しかし、通常の状態での参列とは違うことがたくさんありますよね。気になる妊娠中の参列マナーや喪服の着方についてご紹介します。

妊娠中は参列しないべき?

妊娠中は葬儀に参列しないほうがいいという噂がありますが、そんなことはありません。お世話になった方の葬儀は参列したいという思いも強くなりますし、人付き合いの関係上参列したほうがいい時もあります。

参列しないほうがいいというのは、マナーではなく一種の迷信です。地域によってはまだ信じられているところもあります。心配であれば、故人の身内に確認をしたほうが無難でしょう。

そして、マナーとしては問題ありませんが、体調面がやはり心配ですよね。妊娠初期や臨月はなるべくなら参列は控えましょう。どうしても参列するのであれば火葬場までは行かず、無理をしない程度にしましょう。体調を崩したときのために、身近な数名にあらかじめ自分の状態を話しておくと安心できます。

妊娠中の服装マナーは?

妊娠中は体型が変化するものですし、身体的な事情があると判断されるので、必ずしも喪服を着る必要はありません。代用品として、黒いワンピースや黒の上下を着ての参列も可能です。

ただし、華美に見られてしまうような素材や装飾のついたものは、いくら妊娠中とはいえ相応しくありません。派手な黒の服装よりは、テカりのない素材のグレーや紺の服装がいいでしょう。

しかし、代用品とはいっても判断が難しいと感じることがありますよね。できればきちんとした服装で参列したいという人も多いです。今後体型が変化することもあるので、1着準備しておくのがおすすめです。近頃は安価なものもありますし、レンタルも可能となっています。今回はマタニティ喪服の選び方をご紹介します。

(妊娠時の参列マナーについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦がお葬式に参列する際のマナーと注意点!服装などは?【画像あり】

マタニティ用の喪服の選び方のポイント

喪服の選び方は様々ありますが、マタニティの時にはそれに合わせた選び方が必要となります。おさえておくべき選び方のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マタニティ用の喪服の選び方【お腹周りに余裕がある】

マタニティ喪服を選ぶときに優先したいポイントは、お腹周りのデザインです。お腹周りが締め付けられるようなものは避けましょう。お腹周りに余裕がないと、着るときに少し手間がかかります。

そして、お腹が苦しくなってしまったり、張ってきたときに体調を崩しやすくなります。葬儀は普段とはまったく違う雰囲気ですし、人に気を遣うことも増える場です。懸念は少しでも減らしましょう。そのためには、お腹周りに余裕のあるデザインの喪服を選ぶことが大切です。

マタニティ用の喪服の選び方【スカートかワンピース】

マタニティ用の喪服を選ぶときには、スカートかワンピースタイプのものを選ぶようにしましょう。マタニティ用の喪服を選ぶときに、お腹周りの締め付けには意識が向きやすいのですが、脚に締め付けがないというのも重要でしょう。葬儀中は座っていることが多いですよね。パンツタイプだと、脚が締め付けられ血流が悪くなりがちです。

脚の締め付けであっても、体調の変化に影響を及ぼす可能性はあります。パンツタイプは避けましょう。締め付ける箇所が少ないので、できればスカートタイプよりもワンピースタイプの喪服がおすすめです。

マタニティ用の喪服の選び方【授乳しやすいデザイン】

妊娠時に着用する喪服ですが、授乳しやすいデザインなど、産後も使えるものを選ぶことをおすすめします。マタニティ用の喪服を選ぶと言っても、やはり長く使いたいですよね。長く使うつもりで選んだほうが、気兼ねなく用意することができます。

産後でも着られるようにあまりにも大きいサイズは選ばす、お腹を締め付けない範囲で選びましょう。授乳しやすい前開きのものなどもあるので、今後育児をしていく過程を想像してデザインを選ぶといいですよ。

マタニティ用の喪服の選び方【ジャケットのあるもの】

妊娠時は冷えが大敵です(※1)。できればジャケットのあるものを用意しましょう。夏用の薄手の喪服しか持っていない人や、喪服用のジャケットがない人は、この機会に購入してもいいでしょう。

夏場の参列であればジャケットは必要ないと感じても、屋内は冷房の関係で、自分で温度調節が必要になります。出かける際は羽織らなくても、いつでも羽織れるように用意しておくと便利です。

マタニティ用の喪服の選び方【低めの予算】

すでに喪服を持っている人は、低めの予算で選ぶのがおすすめです。喪服は、質の良いものを選ぼうとすれば数万円になりますよね。しかし、あくまでマタニティ用であればそこまで気を遣う必要はありません。近年は低価格の喪服も増えているので、低予算で準備するといいでしょう。普通の洋服を買うのと同じくらいの値段でも販売されています。

低価格の喪服でも、普段着で代用するよりもとてもていねいな印象になります。また、葬儀で自分の服装に対して心配する必要もなくなります。

(妊婦の結婚式の服装選びについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦が結婚式にお呼ばれしたら?上手な参列の仕方や注意点!服装選びも

マタニティ用の喪服の季節別の着こなし

喪服といっても、季節によって喪服のタイプは異なりますよね。喪服について紹介しているサイトもたくさんありますが、マタニティの時に限定したものはやはり少ないです。少しでも基準を知るために、マタニティの時の喪服の着こなしを、季節別でご紹介します。

季節別の着方【夏】七分袖に羽織物

夏は七分袖の服と上から羽織れるものを用意するのがおすすめです。夏は暑いので半袖のものを着たくなってしまいますよね。けれど、冷え対策には七分袖がいいでしょう。長袖でもいいのですが、長袖を着ていくだけとするよりは、羽織物を用意して、いつでも自分で調節できる着方がいいですよ。

葬儀は長時間動けないものです。葬儀場の環境も行くまでわかりません。暑くても寒くても対応できるようにして、自分の体調管理を重視した着方で行きましょう。

季節別の着方【冬】長そでにジャケット

冬の参列では、長袖にジャケットの着方持っていくのがおすすめです。喪服は、どの季節にも対応できるように、半袖にジャケットのものが人気ですが、マタニティ期は注意が必要です。どの季節も冷え対策は必要ですが、冬はより喪服の着方に気を遣ったほうがいいでしょう。

すでに半袖とジャケットの喪服を持っているのであれば、長袖のワンピースタイプの喪服を用意し、持っているジャケットを合わせる着方がおすすめですよ。

マタニティ用の喪服に相応しい小物は?

葬儀といえば喪服のマナーも気になりますが、小物もいろいろと必要ですよね。マタニティの時に相応しい小物や、あると便利な小物をご紹介します。

(お通夜や葬式で使えるグッズについては以下の記事も参考にしてみてください)

100均の数珠11選!ダイソー・セリア!お通夜や葬式で使えるグッズも!

マタニティ時に相応しい小物【ヒールの低い靴】

マタニティの時の喪服に合わせる靴は、ヒールの低いものが相応しいです。一般的に葬儀などフォーマルな場ではある程度ヒールの高さがある靴が相応しいとされていますが、マタニティ時には気にしなくて問題ありません。遠慮なく低いものを選びましょう。安定感が大切です。

マナーを気にするママもいますが、マタニティの時にはヒールの高さは必要ありません。むしろ、高いヒールを妊婦さんが履いていたら周囲もヒヤヒヤしてしまいます。自分の身体を第一に考えましょう。

マタニティ時に相応しい小物【厚手のストッキング】

マタニティの時にすすめたい小物は、厚手のマタニティ用ストッキングです。ストッキングは締め付けを気にするママも多いのですが、マタニティ用の伸縮性のしっかりしたものを使えば心配ありません。

そして、フォーマルの服装には厚手のストッキングは相応しくないとされ、20デニールくらいがいいとされています。しかし、これに関してもマタニティの時は除外されると考えて問題ありません。厚手のものを履いていきましょう。

マタニティ時に相応しい小物【ひざ掛け】

マタニティの時の冷え対策として、ひざ掛けを持参していくといいでしょう。ジャケットなどの羽織ものもいいですが、足元やお腹のほうが冷えやすいです。そういう時に、ひざ掛けは大活躍しますよ。

葬儀にひざ掛けを持参してもいいか不安になる人もいるでしょう。しかし、周囲がばたばたしていて故人を偲ぶことを目的とした葬儀において、マタニティ時に自分の体調管理を行うことは正しいマナーです。しっかり用意をしていると、好感を持つ人のほうが多いですよ。

マタニティ時に相応しい小物【腹帯】

マタニティの時には、腹帯を巻いておくといいですよ。葬儀は普段と違う環境に長時間いることで、緊張することもあります。また、身近な人の葬儀では精神的に不安になりますよね。そこでお腹の張り予防に腹帯を巻いていきましょう。

腹帯を巻いて、お腹の張りを予防する効果があると信じているだけでも、気持ちが楽になります。

マタニティ時に相応しい小物【鏡】

マタニティの時には葬儀に参列してはいけないという迷信が気になる人におすすめなのは鏡です。鏡を腹帯に挟んで入れていきましょう。迷信を気にしない人であれば必要はありません。けれどマタニティ期は縁起を気にしたり、ゲンを担ぎたくなりますよね。どんなに迷信といっても、本人が気になるのであればあまりよくありません。

しかし、その迷信にも対策があるのです。鏡が悪いことをはねのけて、赤ちゃんへの影響をなくしてくれます。鏡の表面を外側へ向けて、腹帯やお腹付近にあるポケットに入れておけば大丈夫ですよ。

マタニティ用の喪服は購入した?レンタル?〜みんなの体験談!〜

先輩ママはマタニティで葬儀に参列した時、服装はどのようにしたのでしょうか。購入やレンタルなど手段はさまざまですが、経験談を紹介するので参考にしてみてください。

マタニティ用の喪服を購入したママ

主婦

20代後半

私は購入しました。レンタルも考えましたが、2歳の息子がおり、汚れてしまうといけないと思い、購入しました。その代わり、一度だけの着用でもいいようにかなり安いものを選びましたよ。

会社員

30代前半

かなり急ぎで、レンタルも間に合わなったので急いで買いました。いざという時のために、マタニティ用に大きめのものがあってもいいと思いました。実際にその後使う機会がありました。

汚さないか不安がある人や、今後も使う可能性を考える人は安い値段で購入する人が多いです。しまむらなどの店舗では、レンタルより安くすむこともあります。

マタニティ用の喪服をレンタルしたママ

看護師

20代前半

持っている喪服は絶対に入らないので、レンタルしましたよ。購入したとしてももし一回しか着なかったらもったいないし、翌日には届けてくれて便利でした。

主婦

20代前半

レンタルしました。大人になって葬儀に参列するのも初めてだったので、必要な小物もあわせてすべてレンタルしましたよ。どんな小物だといいのか迷わずに選べたので、そういった面でも助かりました。

一回きりで考えると、やはりレンタルを選ぶ人が多いですね。レンタルは安くて質の良いものを用意できるという点で人気があります。

マタニティ用の喪服はあるもので代用したママ

20代後半

パート

祖父の葬儀だったのですが、母から妊婦だから喪服の必要はないと言われ、普通の服を着ました。真っ黒でとてもシンプルなデザインのワンピースがあったので、大丈夫だと思いこれにしました。

喪主の意見を聞いた場合、特に喪服を用意しないという人が多いですね。

マタニティ用の喪服が安いお店は?

マタニティ用の喪服を購入するのであれば、安いお店がいいですよね。そこで、安い価格で喪服が変えるお店を紹介します。

マタニティ用の喪服が安いお店【しまむら】

安い値段で洋服を購入できるお店といえばしまむらですよね。しまむらでは、フォーマルも多数取り扱っており、喪服もあります。値段が安いのはもちろんですが、サイズが幅広いのが特徴です。マタニティ用はありませんが、サイズは豊富なので、マタニティの時にも着ることができます。

また、しまむらは品質のいいものが揃っているのも特徴です。しまむらは値段に対して品質がいいので、品質にこだわりたい人にもおすすめです。

(しまむらの喪服については以下の記事も参考にしてみてください)

しまむらの喪服が1万円以下で意外と高品質!値段やサイズ、バッグや靴も!

マタニティ用の喪服が安いお店【イオン】

とにかく安い値段で喪服を用意したいという場合には、イオンがおすすめです。イオンは、しまむらにくらべるとサイズは少なくなります。しかしお財布に優しく、安いものは1000円台というものもあるでしょう。

店舗が多いので、急ぎの時にもお店に行きやすいですよ。

マタニティ用の喪服が安いお店【西松屋にはある?】

マタニティ用の喪服と聞いて西松屋を連想する人も多いですが、西松屋には喪服はおいていません。西松屋といえば、マタニティの時に利用する人も多いですよね。値段も手ごろで定番のお店です。そのためマタニティ時の喪服を購入しようと考えたときに、西松屋で買いたいと考えているママはたくさんいます。

マタニティ時の喪服についてインターネットで調べると、検索結果に西松屋がでてきます。それほど西松屋が支持されているということですが、2019年5月時点では残念ながら取り扱いはありません。

(西松屋については以下の記事も参考にしてみてください)

西松屋の鉄板ベビーカー・バギー5選!メリ・デメリットを動画で徹底解説!

マタニティ用の喪服のレンタルサービスを紹介!

一回使うだけの喪服ならば、レンタルがいいという人も多いですよね。レンタルは手ごろな価格でマタニティ用の喪服を着ることができます。

マタニティ用の喪服のレンタルサービス【礼服レンタル.com】

礼服レンタル.comでは大きめのサイズではなく、きちんとマタニティ用の喪服をレンタルすることができます。小物もあわせてレンタルすることが可能ですが、その際にヒールの低い靴を用意してくれています。きちんと配慮がされている印象ですね。

マタニティ用の喪服のレンタルサービス【チャトラン】

チャトランも、喪服レンタルには便利です。会員登録が不要なため、会員登録が面倒だという人でもレンタルできます。また、のし袋や筆ペンの購入もあわせて行っているため、急ぎで買い物に出るのが難しいという人にはとてもありがたいですよ。

葬式に参列する時は相応しいマタニティ用の喪服を準備しよう!

お世話になった人の葬儀には、妊娠中でも参列したいですよね。服装などのマナーはそれほど厳しくありませんが、マタニティ用の喪服を用意できると安心です。体調に気を付けて参列しましょう。

関連する記事