4歳児に最適な遊びは?室内・室外別の発達にいい遊びや、注意点を紹介!

4歳児の発達状況や、室内・室外別におすすめの遊びを紹介します。集団でやる遊びのゲームや、注意点、体験談も紹介していきますので、4歳児の子供の発達に合わせた遊び方について悩んでいるパパ・ママはぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 4歳児の発達状況や特徴は?
  2. 4歳児向けの《室内》遊びのおすすめは?
  3. 4歳児向けの《室外》遊びのおすすめは?
  4. 4歳児の集団でできるゲームの遊びは?
  5. 4歳児の遊びで注意することは?
  6. 4歳児の遊びに関する体験談!
  7. 4歳児と一緒に楽しい遊びをしよう!

4歳児の発達状況や特徴は?

4歳の子供に適した遊びを知るためには、4歳児の発達の平均や、4歳児の特徴を知る必要があるでしょう。この時期におすすめの遊びの紹介の前に4歳児の発達状況や特徴について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(※1)

(4歳児の発達については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳で反抗期が再発!?2歳の時との違いは?原因と対処法!体験談あり

友達と遊ぶようになる

今までパパやママとしか触れ合うことがなかった子供も、4歳になるとだんだん周りの子供と一緒に遊ぶようになってきます。また、幼稚園や保育園などの集団の中で、特に仲の良い友達ができる時期でもあるでしょう。1人遊びや保護者と遊ぶのとはまた違った、子供の集団との遊びを楽しめるようになりますよ。

ごっこ遊びをするようになる

4歳児になると、ごっこ遊びができるようになります。今までよりも想像力が豊かに時期だからです。話せる言葉が増えるので、想像したことを口に出したり、子供同士でストーリーを作って遊ぶこともあるでしょう。

人と喧嘩をし、自分たちで解決できるようになる

友達と喧嘩をする機会が増えることも4歳児の特徴です。

4歳になると子供同士で遊び、コミュニケーションを取ったり、社会性を身に付けるようになっていきます。相手に合わせたりルールを決めたり、競い合ったりすることができるようになるのです。

それにともなってルール決めや勝ち負けなどに関して主張をし合い、子供同士で喧嘩をしてしまうことがあるでしょう。しかし、4歳児は言葉や感情表現が発達しているので、相手の気持ちを考えたり、話し合いをすることができます。喧嘩をしても自分たちで解決することができる時期だといえます。

言葉遊びをするようになる

保育園や幼稚園に通い始めることもあり、外出をする機会が増えるでしょう。周りの人の話を聞いて、たくさんの語彙を見につける時期でもあります。連想ゲームやしりとりなど、言葉遊びをすることが増えますよ。

自分で作ったもので遊べるようになる

4歳児の子供は、手先を使って遊ぶことができるようになります。折り紙を折ったり、ハサミや糊を使って工作をすることもできるでしょう。

自分で「こういうものを作りたい」と想像して、それを実際に作ることができるほか、それを使って実際に遊んでみることもできます。

4歳児向けの《室内》遊びのおすすめは?

4歳児の発達状況から、実際に4歳児におすすめしたい室内での遊び方を紹介していきます。4歳の子供は、いろいろな遊びを楽しむことができますよ。実際に販売されている商品も紹介していきますので、ぜひ参考にしみてくださいね。

ブロック

LEGO 10698 クラシック・黄色のアイデアボックス
4,494円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

室内で遊ぶのであれば、ブロックがおすすめです。4歳児になると想像力が豊かになり、手先が器用になります。どんな形のものを作るか想像して実際にブロックをつかみ、組み立てることができるでしょう。ブロックで遊ぶことで想像力をより豊かにしたり、集中力を身に付けることもできますよ。

4歳になると自分の想像するストーリーに合わせて何かを作ることもできるようになります。ただ積みあげるだけでなく城や車などを作ってごっこ遊びをすることもあるでしょう。

子供にブロックを買い与えたママからは「ブロックを買い与えてみたら、どんどんレベルが上がってきた」「室内で遊ぶのがそこまで好きじゃなかったのに、ずっと楽しそうに遊んでいる」という口コミもありますよ。

関連する記事