4歳児に最適な遊びは?室内・室外別の発達にいい遊びや、注意点を紹介!

4歳児の発達状況や、室内・室外別におすすめの遊びを紹介します。集団でやる遊びのゲームや、注意点、体験談も紹介していきますので、4歳児の子供の発達に合わせた遊び方について悩んでいるパパ・ママはぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 4歳児の発達状況や特徴は?
  2. 4歳児向けの《室内》遊びのおすすめは?
  3. 4歳児向けの《室外》遊びのおすすめは?
  4. 4歳児の集団でできるゲームの遊びは?
  5. 4歳児の遊びで注意することは?
  6. 4歳児の遊びに関する体験談!
  7. 4歳児と一緒に楽しい遊びをしよう!

4歳児の発達状況や特徴は?

4歳の子供に適した遊びを知るためには、4歳児の発達の平均や、4歳児の特徴を知る必要があるでしょう。この時期におすすめの遊びの紹介の前に4歳児の発達状況や特徴について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(※1)

(4歳児の発達については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳で反抗期が再発!?2歳の時との違いは?原因と対処法!体験談あり

友達と遊ぶようになる

今までパパやママとしか触れ合うことがなかった子供も、4歳になるとだんだん周りの子供と一緒に遊ぶようになってきます。また、幼稚園や保育園などの集団の中で、特に仲の良い友達ができる時期でもあるでしょう。1人遊びや保護者と遊ぶのとはまた違った、子供の集団との遊びを楽しめるようになりますよ。

ごっこ遊びをするようになる

4歳児になると、ごっこ遊びができるようになります。今までよりも想像力が豊かに時期だからです。話せる言葉が増えるので、想像したことを口に出したり、子供同士でストーリーを作って遊ぶこともあるでしょう。

人と喧嘩をし、自分たちで解決できるようになる

友達と喧嘩をする機会が増えることも4歳児の特徴です。

4歳になると子供同士で遊び、コミュニケーションを取ったり、社会性を身に付けるようになっていきます。相手に合わせたりルールを決めたり、競い合ったりすることができるようになるのです。

それにともなってルール決めや勝ち負けなどに関して主張をし合い、子供同士で喧嘩をしてしまうことがあるでしょう。しかし、4歳児は言葉や感情表現が発達しているので、相手の気持ちを考えたり、話し合いをすることができます。喧嘩をしても自分たちで解決することができる時期だといえます。

言葉遊びをするようになる

保育園や幼稚園に通い始めることもあり、外出をする機会が増えるでしょう。周りの人の話を聞いて、たくさんの語彙を見につける時期でもあります。連想ゲームやしりとりなど、言葉遊びをすることが増えますよ。

自分で作ったもので遊べるようになる

4歳児の子供は、手先を使って遊ぶことができるようになります。折り紙を折ったり、ハサミや糊を使って工作をすることもできるでしょう。

自分で「こういうものを作りたい」と想像して、それを実際に作ることができるほか、それを使って実際に遊んでみることもできます。

4歳児向けの《室内》遊びのおすすめは?

4歳児の発達状況から、実際に4歳児におすすめしたい室内での遊び方を紹介していきます。4歳の子供は、いろいろな遊びを楽しむことができますよ。実際に販売されている商品も紹介していきますので、ぜひ参考にしみてくださいね。

ブロック

LEGO 10698 クラシック・黄色のアイデアボックス
4,494円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

室内で遊ぶのであれば、ブロックがおすすめです。4歳児になると想像力が豊かになり、手先が器用になります。どんな形のものを作るか想像して実際にブロックをつかみ、組み立てることができるでしょう。ブロックで遊ぶことで想像力をより豊かにしたり、集中力を身に付けることもできますよ。

4歳になると自分の想像するストーリーに合わせて何かを作ることもできるようになります。ただ積みあげるだけでなく城や車などを作ってごっこ遊びをすることもあるでしょう。

子供にブロックを買い与えたママからは「ブロックを買い与えてみたら、どんどんレベルが上がってきた」「室内で遊ぶのがそこまで好きじゃなかったのに、ずっと楽しそうに遊んでいる」という口コミもありますよ。

Amazonレビュー

★★★★★

LEGOはずっと飽きずに遊べて最高です♡初めは親が作ってましたが、徐々に一人で作るようになり4歳とはおもえない作品を作る様になりました。ただ作品を飾りたがるのでLEGOがいくつあっても足りません...

折り紙

トーヨー徳用おりがみ(15cm)300枚 
268円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

折り紙に興味を示し始める4歳児も多いでしょう。

自分で考えて折り紙を折ったり、本を見て飛行機を作ってみたり、作品を大きな紙に貼り付けてストーリーを作ったりすることもできます。「折り紙は室内で1人で取り組むもの」と思ってしまいがちですが、飛行機を折って集団で飛ばしあう遊びをすることもできますよ。

最近では、折り紙の折り方を紹介しているサイトがたくさんあります。簡単なものもたくさんありますので、子供にすすめてみると良いかもしれません。子供が1人で作れなかった場合は、パパやママがお手本を見せてあげてくださいね。親子で触れあう良い機会になりますよ。

Amazonレビュー

★★★★★

子供が折り紙に興味を持ち始めたので購入しました。
容量も多く、色のバランスもいいので満足です。
質感も値段相応なのでいい買い物だったと思います。

(キャラクターの折り紙については以下の記事も参考にしてみてください)

【折り紙・動画】トトロ(他キャラも)の折り方!簡単〜立体・指人形も

粘土

KC-18 こねこねくらぶ 大きなねんど板付きいろいろセット
1,944円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

粘土を使えば、いろいろな形を自由に作ることができますね。子供が大好きな室内遊びの1つなのではないでしょうか。白の紙ねんどであれば色を付けるところから始めることができるうえ、作品を飾っておくことができるので長く楽しむことができますよ。

しかし、紙ねんどだと手が真っ白になってしまったり、ボロボロこぼれて周りを汚してしまうことが多いでしょう。小麦粘土や米粘土なら比較的周りが汚れにくいですし、麺状のものを作る道具やハサミ、型抜きなど色々な道具がついていることもあります。

道具がないと子供がすぐに飽きてしまう可能性がありますので、粘土を購入する時は付属する道具についても注目してみてくださいね。

Amazonレビュー

★★★★★

最初この道具を見て直ぐ買おうと思いました。粘土だけだと限度があって!道具を一緒に使うと娘もとても喜んで粘土と、道具を使って遊んでくれました。手先にもとてもいいので🎵

(粘土遊びと知育の関係については以下の記事も参考にしてみてください)

粘土遊びは子供の知育に最適!年齢別・おすすめ商品15選!口コミあり!

お絵描き

Original
お絵かきシート Seebaby
1,599円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る

室内でする遊びの中でも、一番簡単なのがお絵描きでしょう。紙と鉛筆があれば簡単に遊び始めることができますね。1色や2色のお絵描きに飽きたら、水彩絵の具や色鉛筆などさまざまな画材を与えてあげるとそれぞれの特徴に気づくなど子供の好奇心を刺激してくれるかもしれません。

しかし、画材を与えると壁紙や家具に落書きをしてしまう危険があります。家中に落書きされてしまうことを危惧しているパパ、ママは多いことでしょう。そういった場合には、水だけで絵を描くことのできるお絵描きシートが販売されていますので、そちらを使用するといいでしょう。

Amazonレビュー

★★★★★

家には4歳から5歳の子供が二人います。特に絵を描くのが好きです。でも毎回壁を画板にしています。家の中の絵をめちゃくちゃにしました。この商品は水だけで絵が描けるので、本当によかったです。子供がもう壁に絵を描くのが怖くないです。そして様々なスタンプが付いています。子供たちがとても好きです。

工作

4〜6歳 こうさく 学研の幼児ワーク
712円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

4歳の子供を室内で遊ばせる場合、工作をするのもおすすめです。ハサミを使うことができれば簡単に工作を始めることができますよ。トイレットペーパーの芯やハギレ、牛乳パックなど身の周りにあるものだけで簡単に始めることができるので、余計なお金がかからないのも嬉しいですね。

Amazonレビュー

★★★★☆

4〜6歳向けということで、子供が4歳過ぎてからやらせてみました。うちの子は成長度的にはいたって普通、ただ2番目なので口は達者で理解度は高い方かと思いますが、これといったお勉強系習い事等はいっさいしていません。なので、細々した難しめの作品はしばらく無理そうですが、キリトリも直線のみで大きめの簡単なものからあるので、ある意味少しづつ長く使えていいと思います。直線でも四角く切るものや、三角形になるものなどバラエティに富んでおり、カタチや曲線切りの練習もできるので一冊あるといいですね。難しいものもあるので、親子でコミュニケーションを取りながらやるのにも適しています。

(ペットボトル工作については以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】ペットボトル工作アイデア&作り方40選!簡単・幼児向け〜大人の本格派まで!作品集も!

4歳児向けの《室外》遊びのおすすめは?

4歳児におすすめの屋外向きの遊びを紹介します。4歳になるとルールを理解して集団で遊ぶことができるので、遊びの幅がかなり広がりますよ。

公園の遊具で遊ぶ

4歳になると、公園にある遊具のほとんどで遊ぶことができるようになります。ブランコに1人で乗って、立ち漕ぎできる子供もいますよ。

公園の中には、ブランコなど順番を守って使用しなければいけないものがたくさんあります。順番を守ったりルールを守って遊ぶことの楽しさを学習できるのも、公園で遊ぶ時の魅力の1つでしょう。

公園では高いところからジャンプをしたり、走り回って転びそうになるなどヒヤッとすることがあるかもしれません。しかし、なるべくいろいろな遊びに挑戦させてあげましょう。ただし、本当に危険な時にはすぐに駆け付けてあげられるように、大人の目が届く範囲で遊ばせるようにしてくださいね。

公園や神社を探検する

4歳児になると、屋外に出たときにいろいろなものに興味を惹かれるでしょう。公園や神社の裏で子供と一緒に虫や花を探して「この虫の名前はなにかな?」「このお花の名前はなにかな?」と聞くことで、子供の好奇心を刺激してあげることもできますよ。

図鑑を持っているのであれば図鑑をもって公園などを探索すると、さらに楽しむことができるでしょう。子供の好奇心に間近で触れることで、大人にも新鮮な発見があるかもしれませんね。

鬼ごっこ

子供が屋外でする遊びというと、まず最初に鬼ごっこを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。4歳になると、鬼ごっこのような単純なルールならしっかり理解して集団で遊ぶことができますよ。屋外を走り回るので運動にもなるのが嬉しいですね。

ごっこ遊び

4歳くらいの子供であれば、性別関係なく楽しむことができるのがごっこ遊びです。4歳の女の子は家族ごっこなど、可愛らしいごっこ遊びをしていることが多い傾向にあります。

女の子は人形を使ってお姫様ごっこをしたり、お友達と家族ごっこをしたります。自分たちの中でストーリーを決めて進めて行くので、そばで聞いているだけで楽しめますよ。

一方、男の子はヒーローになりきっていることが多いでしょう。「悪役の子がいるの?配役で喧嘩にならない?」と心配になるママがいるかもしれませんね。しかし、男の子の場合は全員がヒーローになりきり、想像の敵をやっつけています。ごっこ遊びの配役が原因で喧嘩がおきることはあまり無いでしょう。

ボール遊び

4歳になると、ボールを取ったり、蹴ったりすることができるようになります。キャッチボールやサッカーボールをして、弾んだボールで遊ぶことを楽しむようになるでしょう。球技の好きなパパは、子供と遊ぶことが一層楽しくなるかもしれませんね。

子供は、新しいことをするたびに何でも吸収していきます。子供と公園などでボール遊びをすることで、子供の運動神経に良い影響を与えることができるでしょう。外でのびのびとボール遊びをさせてあげてくださいね。

自転車に乗る

4歳の子供に自転車を買ってあげる家庭は多いかもしれませんね。4歳はバランス感覚も体力も十分につきますので、外で自転車デビューをするのにはちょうど良い時期です。幼稚園や保育園の友達が乗っているのを見て「欲しい」とおねだりする子どももたくさんいますよ。

4歳と聞くと補助輪がついていないと危険なのでは…と思うがいるかもしれませんね。しかし、4歳なら補助輪がなくても十分自転車を乗りこなすことができるでしょう。周りの友達が補助輪なしの自転車に乗っているのをみて、ライバル心を燃やして補助輪を外した、という子供の話もたくさん聞きますよ。

シャボン玉で遊ぶ

公園や庭でシャボン玉をして遊ぶ4歳児もたくさんいます。4歳になると上手にシャボン玉を作ることができるようになるでしょう。しかし、まだ液を飲んでしまうなどの誤飲が心配されます。シャボン玉を追いかけて走ったり、友達にぶつかった時に驚いて誤飲をしてしまうケースが多いですよ。

シャボン玉を追いかけて走ることをやめさせるのは難しいかもしれません。しかし、友達や物にぶつかって誤飲してしまうことを防ぐために、見晴らしの良い公園で遊ばせるなどの対策をとることができます。

また、シャボン玉を作る筒をくわえたまま走ってしまうのはとても危ないことです。最近は口にくわえなくてもシャボン玉を作れるセットがたくさん販売されていますので、誤飲や筒を喉にさしてしまう心配がある子供には、そういった危険のないシャボン玉を選んであげるといいでしょう。

だるまさんが〇〇した

「だるまさんが〇〇した」は、だるまさんが転んだと同じ要領で進める遊びです。鬼が指定した行動やポーズをして止まる、というルールですが、子供はうんち・おならなどの言葉が大好きなので「だるまさんがうんちした」などの言葉を入れるととても喜ばれ、盛り上がるでしょう。

4歳児の集団でできるゲームの遊びは?

4歳児の集団でもできる、楽しいゲームを紹介していきます。家に子供の友達が来た時や幼稚園で遊ぶ時にもピッタリなので、ぜひ試してみてくださいね。

連想ゲーム

4歳になると子供が話せる言葉が急激に増えます。例えば「いちご→あかい→たいよう→あつい→なつ」など、1つ前の言葉から連想される言葉をつないでいく連想ゲームは、4歳児の集団が集まってゲームをする時にぴったりでしょう。

言葉の間に手拍子を入れてそのリズムに乗れなかったら負け、というようにルールを決めると盛り上がりますよ。頭を使う遊びなので子供の想像力を養うのにもピッタリです。

落としたら負け!ゲーム

落としたら負け!ゲームは、ボールや風船を使いパスをし合うゲームです。ボールや風船を使って落とした人が負けというわかりやすいルールなので、4歳児でも簡単に理解することができるでしょう。

家の中などのスペースの限られた場所で遊ぶ場合は「この円の中から出たら負け」「スプーンに乗せたピンポン玉を落としたら負け」などのルールを作りましょう。激しく動き回る遊びではありませんが、集中力を使うので程よく子供を疲れさせることができますよ。

集団で1つのことに集中するゲームなので、ボールを落とした時の盛り上がりはすごいです。体育館の中や家の中、公園の中など、ある程度の場所があればすぐに楽しむことができるゲームは魅力的ですね。

フルーツバスケット

フルーツバスケットは、誰もが1度は遊んだことのあるゲームでしょう。フルーツだけでなく、キャラクターや動物など色々なテーマでゲームをすることができるので、4歳児の興味を引き、集団で楽しむことができますよ。

ブーフーウーゲーム

4歳児が集団で遊ぶなら、ブーフーウーゲームもおすすめできます。ブーフーウーゲームをする場合は最初にみんなで輪になり、保護者が「ブー」「フー」「ウー」と子供達に名前を付けていきます。ゲームがスタートしたら、同じ名前の子供と集まって座ります。

ただし、ゲームの間は「ブー」「フー」「ウー」以外の言葉を使うことはできません。似た発音の名前の中から自分の仲間を見つけるというのは、4歳児の集団にとってとても楽しい遊びですよ。

ブーフーウーゲームを初めてする場合は、1回目は「ブー」「フー」「ウー」以外の言葉を話しても良いルールで、2回目は正規のルールで遊んでみるとより楽しめるかもしれません。

お尻走

4歳児の集団でゲームをするなら、お尻走もおすすめです。屋外だとお尻が汚れてしまうので、室内で遊びましょう。

お尻走をする場合は、子供を全員横並びにして体育座りをさせます。「よーいドン」の合図で足をあげ、お尻をつけたまま腕を振って前に進んでいきます。5mくらいで十分楽しめるので、家の廊下やリビングで簡単に遊ぶことができますよ。

マットやクッションで山を作って障害物競争をしたり、鬼ごっこをしたりしても良いですね。

もうじゅう狩り

もうじゅう狩りも、4歳の子供の集団で遊ぶのにピッタリなゲームです。もうじゅう狩りをする場合は、子供の輪の真ん中に保護者が入ります。次に、歌で掛け合いをしていきます。

保護者「もうじゅう狩りにいこう」
こども「もうじゅう狩りにいこう」
保護者「槍だって持ってるし」
こども「槍だって持ってるし」
保護者「鉄砲だって持ってるもん」
こども「鉄砲だって持ってるもん」
保護者「あっ」
こども「あっ」
保護者「ラ・イ・オ・ン」

保護者が言った動物の名前の文字数と同じ数の友達とグループを作り、座っていきます。座れなかった子供がいたら、もうじゅうがその子供を食べるフリをしましょう。動物の名前を言う時は、文字数がわかるようにはっきりと発音してみてくださいね。

まほうのじしゃく

まほうのじしゃくも、4歳児の集団が遊ぶ時におすすめのゲームです。室内、屋外などどんな場所でも関係なく、簡単に楽しむことができますよ。まほうのじしゃくをする時は、まずぶつからないように広がって歌を歌いながら歩いていきます。

「小さな磁石がくっついた(拍手)」
「手のひらとお尻がくっつた(くっつける)」

歌を歌いながらいろいろな場所をくっつけていくだけなので、簡単にチャレンジすることができますよ。手のひらとお尻のほかにも、おへそと壁、お腹と床など色々な組み合わせを作ることができます。1人でぺったんこをすることに慣れてきたら、友達のお尻とお尻をくっつけるなどゲームをどんどん発展させていくのも楽しいですよ。

からだじゃんけん

からだじゃんけんでは、からだ全部を使ってじゃんけんをします。全身を使うだけで、じゃんけんがグッと楽しくなりますよ。「じゃんけんぽん」の声に合わせてポーズをとるだけなので、とても簡単に遊ぶことができます。じゃんけんの時のポーズを紹介します。

グー:体を丸めて、三角座りの体勢になる
チョキ:足を前後に広げる
パー:手足を大きく広げる

ポーズは、その時によってアレンジしてみても楽しいかもしれませんね。

4歳児の遊びで注意することは?

4歳の子供の遊びで注意するべきことはあるのでしょうか?4つ紹介していきます。

怪我に気を付ける

4歳くらいになると、走り回るなど活発に運動をすることが多くあります。パパやママ、お友達と遊んでいる時に楽しくなり、大きく動いて怪我をする可能性もあるでしょう。体格がしっかりしてきても、まだまだ子どもです。しっかりと見守ってあげましょう。

喧嘩を無理に中断させない

子供同士で喧嘩をしているのを見ると、つい仲裁をしたくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、子供は子供同士で喧嘩をしたり、自分たちの力で仲直りをすることで社会性を身に付けていくのです。もちろん、お互いに怪我をしてしまうような激しい喧嘩をしている場合はある程度仲裁をしてあげる必要がありますが、そうでなければ無暗に仲裁をするべきではありません。

ただし、子供がどうして喧嘩をしているのか、今どんな状況なのかといった状況を把握しておくことは良いことです。根の深い問題になる前にスッと手を差しのべてあげることができますよ。

他の子供と比較しない

4歳児に限ったことではありませんが、周りの子供と発育状況を比較してしまうことは避けましょう。走るのが遅い、考えるのが苦手など色々なことが目についてしまうかもしれませんが、その子によって得意分野があるのは当たり前です。

周りの子供が集団で遊んでいるのに、自分の子供が1人遊びをしているのを見て心配になってしまうママもいるでしょう。しかし、1人で遊びたい気分なのかもしれませんし、1人で遊ぶことが好きという個性なのかもしれません。あまり心配をしすぎず、自由に遊ばせてあげてくださいね。

なるべく広い場所で遊ばせる

子供同士で遊べるようになると、大人は子供からつい目を離してしまいがちです。しかし、子供の事故はまったく予想もしないタイミングで起きることが多いのです。狭い道路や家の前の道で遊んでいる時に、自転車や車と接触してしまうこともよくあります。

子供の安全を確保するために、子供を外で遊ばせる時には常に見守ることができるような見晴らしのよい広い場所を選びましょう。

4歳児の遊びに関する体験談!

子供の遊びに関する体験談を紹介していきます。

先輩ママ

20代前半

4歳の男の子がいます。最近幼稚園のお友達とごっこ遊びをしているみたいです。お友達を悪役にしてやっつける、という遊びではないようなので少し安心しているのですが、剣がお友達の目に入ったりしないか、間違って怪我をさせたりしないかヒヤヒヤします。

会社員

26歳

4歳の娘が、最近家族ごっこにはまっています。保育園の中だけで満足してくれればいいのに、家でも私とごっこ遊びをしたがるので疲れます。1日や2日ならいいのですが、こうも毎日だと…乱暴な遊びじゃないので怪我の心配がない分「まぁいいか」とも思うんですけどね。

会社員

30代

4歳の双子ちゃんと一緒に遊んできたんですが、家族ごっこをする時「お母さんする!」「や!あたしがお母さんなの!」とやり合っていて、幸せな気持ちになりました。二人とも、ママが大好きなのね。

お土産に持って行った小麦粘土も喜んでもらえました。服とか床とかが汚れにくいから、ママがニコニコしてました(笑)

4歳児の遊びでは、ヒーローごっこや家族ごっこなどのごっこ遊びが人気なようですね。毎日付き合うのには疲れてしまうかもしれませんが、そういった遊びをするのは子供に想像力が付き、言葉がスラスラと喋れるようになったという証です。自分が疲れない程度に付き合ってあげましょう。

4歳児と一緒に楽しい遊びをしよう!

4歳児になると心も体も発達していきます。相手の気持ちを考えたり、友達とおしゃべりを楽しんだりすることが増えるほか、バランス感覚が発達するので自転車に乗ることができるようにもなります。

好奇心旺盛な時期なので、どんどん新しいことに挑戦させてあげると良いでしょう。屋外はもちろんですが、室内の遊びでも怪我をしてしまう危険があります。目を離しすぎないように、なるべく一緒に遊んであげられると良いですね。

関連する記事