使い捨てトイレブラシ徹底レビュー!使い方やコスパは?無印の取手がおすすめ?

比較的家事の中でも嫌がられがちのトイレ掃除。毎日のことなので、便利に簡単に済ませたいですよね。このトイレ掃除に使い捨てトイレブラシが便利と話題になっております。今回はその使い捨てトイレブラシの組立・使い方・洗い方・コスパなどをご紹介いたします。

目次

  1. 簡単・衛生的!使い捨てトイレブラシ!
  2. 使い方やコスパは?使い捨てトイレブラシとは
  3. おすすめ商品!スクラビリングバブル
  4. 無印良品の柄つきスポンジブラシもおすすめ!
  5. 使い捨て専用でなくても大丈夫!100均のトイレブラシ
  6. みんなどうしているの?自宅のトイレ掃除
  7. 衛生面は文句なし!使い捨てトイレブラシ!

前項でもお伝えした通り、この無印良品の柄つきスポンジは、あくまでトイレ用ではありません。実はこの柄つきスポンジ、柄の部分が簡単に外れるのです。無印良品でこの柄つきスポンジを買って、柄を外し、市販の使い捨てトイレブラシをはめて使います。今この使い方が人気になり、TwitterやInstagramなどでも複数の人がこの使い方を公開しております。

柄の部分はただのステンレスの棒なので洗いやすいですし、どこかにぶら下げておけば収納にも困りません。柄の部分は洗ってもいいですし、トイレットペーパーで拭いて、流せる使い捨てトイレブラシと一緒にトイレに流すのもいいでしょう。この無印良品の柄つきスポンジと使い捨てトイレブラシの合わせ技が、ネット上で人気となっています。

使い捨て専用でなくても大丈夫!100均のトイレブラシ

一番のおすすめは、前項まででご案内した、柄の取れるタイプのトイレブラシです。しかし、コスト面がきになる場合は、100均のトイレブラシを、半分使い捨てのように使う使い方です。この場合、毎回捨ててしまっては逆にコストがかかりますが、何回かに一回であればコストは抑えられます。そのため、100均のトイレブラシも今人気の商品となっているようです。

100均のトイレブラシで使い終わったらポイ!

出費が気になる方は、100均のトイレブラシを使いましょう。100均でも意外におしゃれなものも多く、トイレのインテリアも問題なし。普段は掃除をするごとにブラシ自体を洗う必要もありますが、ゴミの日などを目安に捨ててしまえばこれも立派な使い捨てトイレブラシです。

捨てるタイミングは自分次第!

先程ご案内した通り、使い捨てトイレブラシは、毎日掃除して1カ月目安が1,000円しない程度の予算です。ということは、10日以上使ってから捨てる分には100均のトイレブラシの方がコスパはいいわけです。トイレブラシのために毎月お金をかけるのは馬鹿らしいという方や、使い捨てトイレブラシのお試しで使ってみたいという方にもおすすめです。

もう一度お伝えしますが、衛生面などを考えると一番のおすすめは使い捨ての柄の取れるトイレブラシです。トイレに流せるものであれば、さらに家事も効率化し大変便利です。しかし、コストが気になる場合は100均のトイレブラシを使いましょう。

みんなどうしているの?自宅のトイレ掃除

実際にみなさんどのように、トイレ掃除を行なっているのでしょうか。こちらの記事は早速、無印良品の柄をつけて、使い捨てトイレブラシを使っているようですね。トイレ掃除は家事の中でも毎日習慣的に行うもの。そのため、効率と衛生面を優先して、使い捨てトイレブラシを使う方が増えているようです。これで家事の効率アップですね。

流せるタイプは汚れが落ちにくいという口コミです。それでも、ゴミ箱に捨てるスタイルを選んで使っているようです。特に衛生面を重視した方ですね。もちろん、流せるタイプが全く汚れを落とさないわけではありません。それでも家事の効率だけでなく、綺麗に掃除したい方は、捨てるタイプの使い捨てトイレブラシを選ぶのもいいかもしれません。

関連する記事