ドンキのヘアチョーク10選|黒髪でも1日のみカラーリング可能!発色・色落ちの口コミも

1日だけ黒髪をカラーリングしたい時はドンキホーテで買えるヘアチョークがおすすめです。今回はメリット・デメリット、赤・青・ピンクなどのカラー、発色や色落ちなどの口コミを紹介していきます。ドンキホーテのヘアチョークで髪の毛の色をもっと楽しんでみましょう。

目次

  1. ドンキホーテにヘアチョークは売ってる?売り場はどこ?
  2. ヘアチョークのメリット・デメリットは?
  3. ドンキホーテで買えるヘアチョーク10選
  4. ドンキホーテのヘアチョークの口コミは?
  5. ドンキホーテのヘアチョークの基本的な使い方
  6. ドンキホーテのヘアチョークを早く落とす方法
  7. ドンキホーテのヘアチョークで気軽にカラーリングしてみよう!

ドンキホーテにヘアチョークは売ってる?売り場はどこ?

ヘアカラーはできないけれどカラーリングをしたい時にはヘアチョークを使用してみてはいかがでしょうか。ヘアチョークならシャンプーで簡単に落とせます。黒髪でもパーティーやイベント時など1日のみヘアカラーを変えられるアイテムです。髪の毛の一部分にポップなカラーを入れたりグラデーションをつけるのも簡単にできます。

ヘアチョークを購入する際はドンキホーテに行ってみましょう。ドンキホーテには豊富な種類のヘアチョークが安い価格で売られています。ヘアチョークはドンキホーテのシャンプー・スタイリング剤などヘアケア商品のコーナーに置いていることが多いようです。店舗によって売り場が違うことがあります。不明な時は最寄りの店舗に確認しましょう。

(おすすめの市販シャンプーについては以下の記事も参考にしてみてください)

【2021】市販シャンプーおすすめランキング30選!美容師厳選!悩み別に!口コミ多数

ヘアチョークのメリット・デメリットは?

ヘアチョークは髪の毛に塗って色を付けるアイテムです。ヘアカラーをしている髪の毛や金髪にはもちろん、黒髪もカラーリングできます。ヘアチョークは髪の毛をカラーリングしたい時にぜひチェックしてほしいアイテムです。しかしヘアチョークのデメリットにも注意しておきましょう。ここではヘアチョークのメリットとデメリットを説明していきます。

ドンキホーテにはおすすめのヘアチョークがたくさんあります。メリットとデメリットを理解したうえでヘアチョークでカラフルなヘアカラーを思う存分楽しみましょう。

ヘアチョークのメリット

・1日のみ髪の毛のカラーを変えられる
・シャンプーするだけで簡単に落とせる
・好みや用途に応じた使い方ができる
・ヘアカラー剤より髪の毛が傷みにくい
・黒髪もブリーチせず派手なカラーリングが可能

ヘアチョークはどんな髪の毛でも簡単におしゃれなヘアカラーを楽しめます。学校や仕事でヘアカラー禁止でも服や気分に合わせて髪の毛をカラーリング可能です。ブリーチやヘアカラーをすると髪の毛に大きなダメージがかかる上に費用もかさみます。ヘアチョークなら使用後は普段どおりのシャンプーですぐ落ち、低ダメージかつ経済的でしょう。

扱いが簡単なチョークタイプは初心者におすすめです。スティックペンタイプは細かいカラーリングができます。コンパクトタイプは手が汚れにくく持ち運びに便利です。ワックスタイプは髪の毛を濡らさずに使用できます。イベントや休日、新しいヘアカラーの試しなど、目的によってタイプを使い分けましょう。

(ヘアカラーの種類については以下の記事も参考にしてみてください)

ヘアカラーの種類・特徴【全35色】を美容師が解説!2021トレンドは?

ヘアチョークのデメリット

・水に弱い
・色が衣類等に移ることがある
・全く髪の毛が傷まないわけではない

ヘアチョークはとても便利でどんな髪の毛の人でも使えます。しかしヘアカラー剤とは性質が違います。髪の毛の内部に色を定着させるのではなく髪の毛の表面に色を付けるものです。水濡れや摩擦等により色落ちすることがあります。ヘアチョークを使用する時は色移りの目立たない暗い色の服を着るのがおすすめです。

雨の日に使用するならウォータープルーフタイプを使用しましょう。ヘアカラー剤やブリーチと比べるとダメージの少ないヘアチョークですが、一切髪の毛が傷まないわけではありません。ヘアチョークを髪の毛に擦り付ける際にどうしてもダメージが生じてしまいます。アフターケアを忘れないことが美しい髪を保つポイントです。

(正しいヘアケア方法については以下の記事も参考にしてみてください)

トリートメントの使い方!髪質・頭皮環境が悪化も?正しい効果的なヘアケア方法を解説!

関連する記事