【100均】ダイソーの「フェアリーライト」はインテリアにイチオシ!売り場や使い方を紹介!

100均のダイソーで販売されているフェアリーライトは、オシャレなインテリアグッズとして人気です。優しい明るさのデコレーションライトをインテリアに取り入れて、癒しの空間を演出してみませんか。ダイソーのフェアリーライトの売り場や、オシャレな使用例を紹介します。

目次

  1. ダイソーのフェアリーライトはインテリアにイチオシ
  2. ダイソーのフェアリーライトはどこの売り場に
  3. ダイソーのフェアリーライトの使い方
  4. ダイソー以外のフェアリーライトは?
  5. ダイソーのフェアリーライトでオシャレなお部屋に

おすすめの使用例1つめは、ウォールインテリアとして使う方法です。飾り方は簡単です。そのまま壁に這わせるだけで完成します。難しく考えることはありません。あえて無造作に這わせるのがポイントです。たくさん吊るして星空風にしたり、窓辺に飾ったりするのも素敵です。部屋を薄暗くしてフェアリーライトを点灯させると、幻想的な雰囲気を演出できます。

デコレーションするときのポイントは「コードを目立たせないこと」です。電飾タイプを使用する場合は、コードの色が目立たないものを選びましょう。ウォールインテリアに向いているのは、コードが目立たない「銅線むき出しタイプ」です。しかし、そのままでは浮いてしまうため、テープなどで固定する必要があります。

観葉植物と組み合わせて

2つめのオシャレな使用例は、観葉植物との組み合わせです。観葉植物が持つ自然な明るさと、フェアリーライトの人工的な明るさで神秘的な空間を演出できます。また、部屋を薄暗くして点灯させることで、普段とは違う観葉植物の表情を楽しめるのも魅力です。

観葉植物と組み合わせる場合のポイントは、ライトの色です。透明感のあるホワイトよりも、あたたかみのあるシャンパンゴールドを選ぶことで、神秘的な雰囲気になります。観葉植物は本物でもフェイクグリーンでも構いません。好みの観葉植物と組み合わせてみましょう。

100均調査隊・Ami

薄暗い部屋に優しい明るさのフェアリーライトは、オシャレなだけでなく癒しの効果も抜群です。どんなインテリアとも相性がよいため、気軽にインテリアを変えられます。

ガラスランプとして

3つめのオシャレな使用例は、ガラスランプとして使う方法です。キャニスターにダイソーのフェアリーライトを入れるだけで、オシャレなインテリアになります。棚やテーブルの上に飾ると、お部屋の雰囲気が変わります。薄暗い部屋のなかで灯るフェアリーライトの神秘的な明るさが、日々の疲れを癒してくれるでしょう。

キャニスターと組み合わせたガラスランプは、アウトドアでも使用できます。アウトドアで使用する際は、ふたがしっかりと閉まるタイプのガラス瓶を使いましょう。すべて100均のダイソーで揃うものばかりのため、手間も材料費もかかりません。実用性の高いガラスランプを作ってみてはいかがでしょうか。

(100均のガラス瓶の活用方法については以下の記事も参考にしてみてください)

【100均】ガラス瓶&保存瓶の活用実例10選!料理・収納・インテリアなど

ダイソー以外のフェアリーライトは?

ダイソー以外でフェアリーライトを購入できる店舗はどこでしょうか。セリアやIKEA、楽天やAmazonなどでも購入できます。セリアでは「ケーブルライト」「ジュエリーライト」という商品名で販売されており、金額は100円(税込110円)です。ダイソーと同様にLED電球を使用しており、コードの長さは1m未満のものが大半です。

IKEAでは「ライトチェーン」という商品名で発売されています。金額は1,000円以上するものの、コードはダイソーのものより長いものばかりです。また、楽天やAmazonではbluetooth対応の物も発売されています。bluetoothに接続して点滅速度を変更したり、音楽に合わせて点滅させたりすることが可能です。金額は5,000円前後のものがほとんどです。

ダイソーのフェアリーライトでオシャレなお部屋に

ダイソーのフェアリーライトは低価格で高クオリティーです。「部屋に何か足りないな」感じたときにはぜひ、ダイソーのフェアリーライトを飾ってみましょう。季節商品というデメリットはあるものの、種類が豊富で使い勝手がよく、気軽に購入できるのがポイントです。100均グッズのため「高い商品を買って失敗したらどうしよう」という心配もありません。

ダイソーのフェアリーライトはLED電球を使用しているため、寿命が長いことも魅力です。また、電池式のため電源に悩むことなく、どこにでもデコレーションできます。今回紹介した使用例のほか、流木やツリーに合わせるのもおすすめです。薄暗い部屋にダイソーのフェアリーライトを灯して、オシャレでリラックスできる部屋にしましょう。

関連する記事