業務スーパーの冷凍さつまいもは500gと大容量でコスパ最強!ダイエットレシピもご紹介!

業務スーパーの冷凍さつまいもは「ダイエットにも最適」と人気の食材です。天ぷら用とスティックタイプがあり「コスパ最強」ともいわれています。ここでは、業務スーパーの冷凍さつまいもを使った大学芋やスイートポテトのほか、アレンジレシピも紹介します。

目次

  1. 業務スーパーの冷凍さつまいもは500gと大容量でコスパ最強!
  2. 業務スーパーのさつまいも①天ぷら用さつまいも
  3. 業務スーパーのさつまいも②さつまいもスティック
  4. 業務スーパーの冷凍さつまいもの解凍方法
  5. 業務スーパーの冷凍さつまいもおすすめレシピ3選!ダイエットレシピも!
  6. 業務スーパーの冷凍さつまいもは使い勝手が良くダイエット食としても便利!

出典:https://www.pinterest.jp/pin/440156563587418148/

業務スーパーの冷凍さつまいもは、スライスしたり、あく抜きをしたりする手間がありません。生のさつまいもだと手間のかかるアレンジレシピも、業務スーパーの冷凍さつまいもを使うと簡単に作れるのでおすすめです。

食物繊維が豊富で腹持ちがよいため、ダイエットに適している食材としても注目されています。食事に取り入れると空腹になりにくく、間食を防げます。さつまいもは甘みがあり、おやついらずな点もダイエットにおすすめのポイントです。ここでは、業務スーパーの冷凍さつまいもを使ったおすすめのアレンジレシピとダイエットレシピを紹介します。

(糖質制限におすすめのダイエット食材については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーで格安ダイエット!糖質制限にオススメの商品15選!レシピも多数!

業務スーパーの冷凍さつまいもおすすめアレンジレシピ①スイートポテト

出典:https://www.pinterest.jp/pin/634022453799378674/

業務スーパーの冷凍さつまいもを使ったアレンジレシピ、1つめは「スイートポテト」です。生のさつまいもを使うと下ごしらえが大変なため「スイートポテト作りはハードルが高い」と不安になる人もいるでしょう。しかし、下ごしらえの必要がない業務スーパーの冷凍さつまいもなら、スイートポテトも簡単に作れます。

【用意するもの】

(4人分)
・業務スーパーの冷凍さつまいも  400g
・バニラアイス  200ml
・卵黄(なくてもよい)

【手順】

①業務スーパーの冷凍さつまいもを解凍する

②解凍したさつまいもをつぶす

③バニラアイスを入れて混ぜる

④形を整え卵黄を塗る

⑤200℃のオーブンで14分焼いて完成

スイートポテト作りには、天ぷら用とスティックタイプのどちらも使えますが、皮が気になる場合にはスティックタイプがおすすめです。卵黄は塗ると照りが出て焼き目がきれいにつきます。

甘さや風味が物足りないと感じたときには、バニラエッセンスやバターを加えてみましょう。風味が増してさらに美味しくなるため、おすすめです。アイスクリームを使ったスイートポテトなら失敗せずに簡単に作れます。

(業務スーパーのアイスクリームについては以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーのアイスおすすめ15選!限定品や2L大容量タイプ!半額セール情報も!

業務スーパーの冷凍さつまいもおすすめアレンジレシピ②大学芋

出典:https://www.pinterest.jp/pin/772437773584739310/

業務スーパーの冷凍さつまいもを使ったおすすめアレンジレシピ、2つめは「大学芋」です。さつまいものアレンジレシピといえば、大学芋を思い浮かべる人は多いでしょう。業務スーパーの冷凍さつまいもを使うと、あく抜きの手間がなく時短調理ができます。

【用意するもの】

・業務スーパーの冷凍さつまいも  好みの量
・ごま  少量
(A)
・砂糖   大さじ2
・みりん  大さじ1
・醤油   小さじ2分の1

【手順】

①冷凍さつまいもを少量の油で揚げ焼きにする

②キッチンペーパーで余分な油を取る

③(A)を入れて煮詰めながら全体にからめる

④つやが出たらごまをまぶして完成

大学芋を作る場合も、天ぷら用とスティックタイプのどちらでも使えて、凍ったままで揚げ調理が可能です。天ぷら用を使用する場合は、縦半分に切りましょう。硬くて切れないときには室温で5分~10分ほど置いておくと、簡単に切れます。冷凍庫に常備しておくと「あと1品ほしい」という時にさっと作れるためおすすめです。

業務スーパーの冷凍さつまいもおすすめアレンジレシピ③さつまいものトマトスープ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/614530311651952413/

業務スーパーの冷凍さつまいもを使ったアレンジレシピ、3つめは「さつまいものトマトスープ」です。さつまいもは腹持ちがよく食物繊維が豊富です。トマトにはダイエットに効果的なリコピンが含まれています。抗酸化作用を持ち、悪玉コレステロールの酸化を防ぐリコピンはダイエットには欠かせない食材です。トマト缶を使った簡単アレンジレシピを紹介します。

【用意するもの】

・業務スーパーの冷凍さつまいも  150g
・トマト缶  1缶
・玉ねぎ  100g
・ドライバジル  小さじ2分の1
・塩  小さじ2分の1
・オリーブオイル  大さじ1
【手順】

①冷凍さつまいもを2cm角に切る

②玉ねぎを薄切りにする

③鍋に材料を入れて軽く混ぜる

④蓋をして中火にする

⑤ふつふつとしてきたらごく弱火にする

⑥30分ほど煮る

⑦オリーブオイルを回しかけて完成

使用するのは、天ぷら用でもスティックタイプでも構いません。しかし、ダイエットには皮付きのさつまいもの方が効果的といわれています。よりダイエット効果を期待するのであれば、皮付きの天ぷら用がおすすめです。トマト缶を使うことで、トマトの湯むきをする必要がありません。業務スーパーのトマトソースを使うとさらに簡単に作れます。

さつまいもを煮込む際は、焦げないようにときどき優しくかき混ぜます。さつまいもを大きめにカットすることで食べごたえが増します。きのこ類もダイエットに効果的な食材なので、材料にプラスして作るのもおすすめです。

(業務トマトソースについては以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーのトマトソースは大容量でコスパ抜群!おすすめレシピもご紹介【パスタ/肉料理】

業務スーパーの冷凍さつまいもは使い勝手が良くダイエット食としても便利!

出典:https://www.pinterest.jp/pin/831266043733733870/

業務スーパーの冷凍さつまいもの人気の理由はコスパのよさだけでありません。使いたい分だけ使える、下ごしらえがいらない、保存期間が長いといった使い勝手の良さも人気の食材です。

アレンジレシピも豊富で、さまざまな料理に使えるため「あと1品」という時にもおすすめです。また、腹持ちがよく、食物繊維が豊富でダイエット食材としても注目されています。安くて美味しい業務スーパーの冷凍さつまいもは、冷凍庫にストックしておきたい食材の1つです。業務スーパーに行った際にチェックしてみましょう。

関連する記事