業務スーパーの豆腐皮が低カロリーでアレンジしやすくて人気!使い方やアレンジレシピを紹介!

業務スーパーの豆腐皮は、低糖質・低カロリーで健康に良いと評判の注目食材です。ここでは、業務スーパーで売られている豆腐皮の使い方や保存方法を紹介します。業務スーパーの豆腐皮を使ったおすすめレシピも、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 業務スーパーの豆腐皮が人気の理由は?
  2. 業務スーパーの豆腐皮スライスの商品詳細
  3. 業務スーパーの豆腐皮スライスの使い方や保存方法は?
  4. 業務スーパーの豆腐皮スライスを使ったアレンジレシピ
  5. 業務スーパーの豆腐皮をいろんなレシピで活用しよう!

業務スーパーの豆腐皮が人気の理由は?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/558587160043958013/

「2022年食のトレンド予測」にも選ばれ、人気が高まっている豆腐皮とはどのような食材なのでしょうか。豆腐皮は、硬めに作った豆腐を圧縮脱水してシート状に引き伸ばしたものです。味はほのかに豆腐の風味がする程度で、大豆独特の苦みは少なく食べやすいと評判です。中国や台湾では昔から親しまれ、炒め物や煮物などの料理に使用されてきました。

業務スーパーの豆腐皮が人気の理由は、栄養価の高さとアレンジのしやすさにあります。原材料が大豆である豆腐皮は、低糖質低カロリーでたんぱく含量も高く、健康を気にする人に適した万能食材なのです。どんな料理にも取り入れやすく、日本では、麺やラザニアの皮の代わりに使用するなどのアレンジレシピが人気を集めています。

(業務スーパーの豆腐については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーの豆腐が激安!安全性は大丈夫?充填豆腐を美味しく食べる方法&レシピも

業務スーパーの豆腐皮スライスの商品詳細

出典:https://www.pinterest.jp/pin/800655640018763795/

日本ではまだ珍しい豆腐皮は、取り扱っていない店舗もあります。業務スーパーに行っても「どこにも売ってない」「売り場はどこだろう」と感じた人もいるはずです。業務スーパーの豆腐皮は冷凍で流通されているため、冷凍食品コーナーで販売されています。

シートとスライスの2タイプがあり、どちらも500gと大容量です。豆腐皮を試したい人は、ぜひ業務スーパーへ足を運んでください。

業務スーパーの豆腐皮(シート)商品詳細

税込価格321円
内容量500g
賞味期限1年
カロリー198kcal(100gあたり)
製造元中国

業務スーパーの「豆腐皮(シート)」は内容量500gで321円です。幅約2cm、長さ約160cmの豆腐皮シートが折りたたんで冷凍されており、好きな太さに切って使えます。糖質は100g中5.0gと低糖質で、餃子の皮や麺の代わりに使用すれば摂取カロリーを減らすことができます。弾力のある食感で食べごたえがあるため、ダイエット中の人にもおすすめです。

業務スーパーの豆腐皮(スライス)商品詳細

税込価格311円
内容量500g
賞味期限1年
カロリー198kcal(100gあたり)
製造元中国

業務スーパーの「豆腐皮スライス」は内容量500gで311円です。1~1.5cm幅の麺状にカットされた豆腐皮をひとかたまりに充填し、冷凍販売されています。栄養価はシートの豆腐皮と同様で、低糖質低カロリーです。すでにカット済みでそのまま使用できるので、シートタイプよりも調理に時間がかかりません。和え物やパスタの麺として使用したい人に最適です。

業務スーパーの豆腐皮スライスの使い方や保存方法は?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/729935052113498038/

業務スーパーの豆腐皮はたんぱく質が100gあたり20.3gと、低糖質なだけでなく高たんぱくな食材としても知られています。筋トレ中やダイエット中の人は、パスタや中華麺の代わりに豆腐皮を試してみましょう。

ここからは業務スーパーの豆腐皮スライスの使い方や保存方法を紹介します。業務スーパーの豆腐皮は使い方も簡単で、初めて使う人でも気軽に調理できます。

業務スーパーの豆腐皮スライスの使い方

業務スーパーの豆腐皮スライスは、熱湯でゆでると大豆由来の臭みが軽減され食べやすくなります。解凍せずに凍ったまま1分間ほどゆで、冷水で2~3回もみ洗いをしましょう。しっかりと水気を切ってから調理すると、コシのある麺の食感を再現できます。ゆでる処理をしなくても、加熱すれば食べることは可能です。焼くと油揚げに近いパリパリ食感になります。

業務スーパーの豆腐皮シートは、半日ほど冷蔵庫に置いて解凍し、好きな形状にカットしてから使います。急いでいる場合は30分ほど流水で解凍しても構いません。常温での解凍は豆腐から水分が過剰に出てしまい、ぼそぼそとした食感になりやすいので気をつけましょう。カットしたあとは豆腐皮スライス同様、お好みの方法で加熱して使用します。

業務スーパーの豆腐皮スライスの保存方法

業務スーパーの豆腐皮は500gと大容量で「一度に使いきるのが難しい」と思う人もいるでしょう。豆腐皮スライスは袋の中でひとかたまりにして冷凍されており、そのままでは小分けにすることはできません。小分けにしたい場合は、冷蔵庫に置いて半解凍状態にしてから包丁で切りわけます。切り分けた豆腐皮を再び冷凍保存すれば、半年ほど持ちます。

熱湯で一気にゆでる処理をしたあとに、ラップに小分けにして保存することも可能です。冷蔵保存だと2~3日程度、冷凍保存だと半年程度持ちます。冷凍保存の場合、豆腐皮から水分が抜けやすいので注意が必要です。調理する前には、解凍せずにそのままゆでるようにしましょう。もちもち食感が戻り、美味しく食べられます。

(業務スーパーのラップについては以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事