業務スーパーの鶏皮餃子はご飯とお酒がすすむ一品!揚げない調理法や口コミ・アレンジレシピも紹介!

業務スーパーの鶏皮餃子は濃いめの味で、ご飯やお酒が進む一品です。冷凍食品のため「油で揚げたときの油はねがひどい」という口コミもあります。ここでは、業務スーパーの鶏皮餃子の油はねしにくい揚げない調理法やアレンジレシピを紹介します。

目次

  1. 業務スーパーの鶏皮餃子はお店の味?!
  2. 業務スーパー「鶏皮ぎょうざ」の商品詳細
  3. 業務スーパーの鶏皮餃子の口コミは?
  4. 業務スーパーの鶏皮餃子の調理法3選
  5. 業務スーパーの鶏皮餃子のアレンジレシピ3選
  6. 業務スーパーの鶏皮餃子でおうち居酒屋を楽しもう!

業務スーパーの鶏皮餃子の口コミ③濃いめの味で油感満載

個人ブログ

もともと濃い目の味がついていて、油感が満載。最初の2つ3つくらいはおいしいですが、それ以上食べているとだんだんと濃さが気になります。(年だからだ)「濃い味付けが好きなら~」「肉が好きなら~」とかじゃなく、鶏皮が好きなら好みの味かなと。

業務スーパーの鶏皮餃子の味は「濃くて油っぽくて美味しい」という口コミです。「お酒やビールのおつまみにはいいが、ご飯のおかずとしては油っぽ過ぎる」ともいわれています。そのためSNS上には、業務スーパーの鶏皮餃子をサッパリ食べるための調理法やアレンジレシピが多数見られます。

サッパリさせるためには、ゆでる調理法が人気です。普通の餃子のように焼く調理法もおすすめです。また、タレではなく酢醤油をつけて食べるとサッパリした味わいになります。

(コストコの海老餃子については以下の記事も参考にしてみてください)

コストコの海老餃子がプリプリで激ウマ!簡単アレンジレシピやカロリー・栄養成分も紹介!

業務スーパーの鶏皮餃子の調理法3選

出典:https://www.pinterest.jp/pin/357191814196630240/

業務スーパーの鶏皮餃子の基本調理法は揚げることです。しかし、揚げ物はしないという家庭も多くなっています。「ヘルシーではない」「油はねが危険」など理由はさまざまですが、「面倒くさい」という人も多いのではないでしょうか。

業務スーパーの鶏皮ぎょうざは加熱済みの冷凍食品のため、もっと簡単に調理できます。ここでは、業務スーパーの鶏皮餃子の調理法を紹介します。自分の好みにあった調理法で、手軽に鶏皮餃子を楽しみましょう。

調理法①揚げる

出典:https://www.pinterest.jp/pin/663929170073951952/

パッケージに紹介されている調理法は揚げることです。鶏皮のカリカリ感を楽しみたい人におすすめです。

①たっぷりの油を用意して170℃にする

②凍った鶏皮餃子を4個入れて約5分揚げる

③油を切りながら余熱で火を通す

揚げることで鶏皮がパリッと仕上がり、最高の口当たりになります。油で揚げることやカロリーの高さを気にしない人におすすめの調理法です。油はねに注意してください。

調理法②ゆでてから焼く

サッパリ系がお好みの人には、揚げない調理法がおすすめです。SNS上では「焼く前にゆでる」との投稿が多くあります。フライパンはテフロン加工のものをおすすめします。

①鶏皮餃子を冷凍のまま、8分程ゆでる

②フライパンにごま油を敷いて両面を焼く

③焦げ目が付いたらペーパーに上げる

④フライパンの油を拭き取る

⑤食べる前に、油を敷かずに強火で3分程焼く

最初にゆでることで、余分な油を取り除くことが可能です。食べる前にもう一度焼くと、鶏皮がカリカリに仕上がります。ゆでることでサッパリの仕上がりになり、カロリーも大幅に下がります。フライパンではなく、ホットサンドメーカーを使う調理法も人気です。

調理法③蒸し焼きする

出典:https://www.pinterest.jp/pin/656751558156878148/

一般的な餃子のように蒸し焼きにするという調理法もおすすめです。魚焼きグリルに入れても、簡単で美味しく仕上がります。ゆでる手間もなく、最も簡単な調理法です。

①フランパンに底が隠れる程度のごま油を敷く

②凍ったままの鶏皮餃子を並べる

③焦げ目が付いたら裏返す

④蓋をして2分蒸し焼きにする

⑤さらに裏替えして蓋をして2分蒸し焼き

⑥全体に焦げ目が付いたら完成

フライパンに蓋をするため、油はねの少ない調理法です。業務スーパーの鶏皮餃子は、冷凍される前に加熱処理がされています。そのため「中まで火が通っているかな」という心配はありません。

業務スーパーの鶏皮餃子のアレンジレシピ3選

出典:https://www.pinterest.jp/pin/357191814196780299/

業務スーパーの鶏皮餃子はにんにくや生姜が香り、とてもパンチの効いた下味が付いています。タレをつけずにそのまま食べても美味しいのですが、タレをつけて食べる人がほとんどです。餃子のタレ・ポン酢・酢醤油・ラー油など、好みのタレで変化をつければ、美味しさも広がります。ここではひと手間かけて、さらに美味しいアレンジレシピを紹介します。

業務スーパーの鶏皮餃子のアレンジレシピ①鶏皮ぎょうざ甘酢あんかけ

関連する記事