間接照明のインテリア術*雰囲気を醸し出す法則&おしゃれな実例40選!

「何かここ素敵だな」という部屋で大活躍しているのが間接照明ですよね。どうやったら理想の空間を演出できるんだろう?どんな種類があるの?など、間接照明を置くためのテクニックやあなたの気になる疑問をリビング・寝室・ワンルームの部屋別に実例を見ながら解決します!

目次

  1. 間接照明とは?
  2. どんな種類があるの?
  3. おしゃれな部屋にするテクニック&実例40選!
  4. 間接照明との組み合わせ実例《リビング》
  5. 間接照明との組み合わせ実例《寝室》
  6. 間接照明との組み合わせ実例《ワンルーム》
  7. 間接照明との組み合わせ実例《廊下》
  8. その他 実例テクニックご紹介!
  9. 間接照明で素敵な部屋にしよう

まさにその名の通り、スポット=特定の場所や地点を照らすものです。スポットライトで壁や物を照らすと、あら不思議。なんでもおしゃれに見えるんです!

スポットライトは対象をはっきりと照らすタイプの間接照明なので、ぼんやりとさせた雰囲気にしたい場合は向きません。よくキッチンカウンター上のレールやテレビの裏などに使用されているのはスポット系です。

光の種類2:シェード系

シェードとは傘などがついているタイプのものです。スポットとは違い、直接的な光ではないので、ぼんやりとした光になります。

寝室など柔らかい雰囲気の部屋にしたいならシェード系がおすすめです。シェード系を1つ置くだけで、おしゃれで落ち着くムードが作られます。

おしゃれな部屋にするテクニック&実例40選!

間接照明の種類がわかったところで、実際に設置する際のテクニックが知りたいですよね。どこにどうやってどんな間接照明を使用すればいいのかわからない!という方のためにリビング・寝室・ワンルームの部屋別に実例を紹介していきたいと思います。

間接照明との組み合わせ実例《リビング》

1. 王道!テレビの後ろ×スポット

手軽なのにグッと雰囲気が出ること間違いなし。間接照明の王道といえばこのテクニックではないでしょうか。リビングのテレビの後ろにひとつスポット系の間接照明を入れるだけで雰囲気が変わりますよ。

2. 同じくテレビ×スポット

出典:https://roomclip.jp/photo/ceQQ

白い壁に白い光をあてると高級感が増しますね。壁の色と照明の色の組み合わせで雰囲気が全く違うので、目指す部屋の雰囲気によって照明の色は変えた方がいいです。初めての間接照明ならまずはテレビ×スポットライトからはじめてみるのがおすすめです。

3. ソファー×存在感のあるスタンド照明

関連する記事