身だしなみを整える意味とは?精神論じゃない合理的な理由・効果7つ!

身だしなみを整える意味や、合理的な理由、効果について考えたことはありますか?身だしなみ一つで人の見る目も変わってくるものです。自分はちゃんと身だしなみが出来ているのか気になりますよね。身だしなみの整え方や、チェック項目も見ながら確認してみましょう。

目次

  1. 身だしなみを整える意味は?
  2. 「身だしなみ」と「おしゃれ」の意味合いの違いは?
  3. 身だしなみを整えるべき7つの理由
  4. 身だしなみを整えると得られる効果9つ
  5. 《あなたの身だしなみは大丈夫?》身だしなみチェック項目9選!
  6. 身だしなみを整えよう!

身だしなみを整える意味は?

身だしなみを整えるという言葉を身近に感じるのは、学生時代が最初ではないでしょうか。校則には必ずといっていいほど身だしなみについての記述が出てきます。特に、中学生になると学生証を初めて見ることになるでしょう。そこに校則の中に身だしなみについての記述があります。身だしなみを整えることは社会人になるために必要なことであるため、中学生から教えるようになっているのです。

1番に身だしなみを整えることが重要になってくるのが就活です。就職をする場合に多くの企業を回ったり、面接を行ったりします。社会人としての最低限のマナーが身だしなみです。初対面の人に好印象を与えること、不快感を与えないことが基本です。つまり、相手に対してよく見られるためにするのが身だしなみを整えるという意味なのです。

「身だしなみ」と「おしゃれ」の意味合いの違いは?

①身だしなみとは?

身だしなみを整える事で相手に清潔感や好印象を与えます。人と会う時や大勢の人が集まるところに出向く時、身だしなみを整えますよね。これは自分以外の人に対して気遣う行為です。相手に対しての最低限のマナーともいえるでしょう。自分よりも相手に対して与える印象、それが身だしなみの意味になります。

身だしなみによって清潔感を与えることで自分に対しての評価も上がるでしょう。第一印象をよくすることはとても重要な意味があります。

②おしゃれとは?

おしゃれとはファッションのことであり、人それぞれの好みが優先されます。他人の目ではなく、自分目線で行うのがおしゃれです。おしゃれの場合には他人への敬意や気遣いは必要ではありません。自分のファッションスタイルや個性を象徴することにあります。誰かの感想はいらないといえるでしょう。

自分が自分をどう見せたいのか、自分はどのようなスタイルやファッションが好みなのか、それだけが重要であり他人の目はどうでも良いことです。流行りのファッションを着るのも奇抜なファッションをするのも自己主張です。自分が満足しているようなファッションをおしゃれに着こなす事に意味があります。

身だしなみを整えるべき7つの理由

出典:https://www.pinterest.jp/pin/404549979006965552/

身だしなみを整えることには理由があります。そこで、7つの理由を上げていきます。

身だしなみを整える理由①:社会人としてのマナー

身だしなみを整えることは、社会人としての最低限のマナーと言えます。常識がある人間であるかを見る時に、その人の身なりをまずは見ます。その時に汚れた服を着ていたり、寝起きのままの乱れた髪形だったり、顔も洗わないで目やにがついていたりしたらどう思われるでしょうか。

「この人は社会人としては駄目な人だな」とか「常識がない人なんだ」と思われてしまうでしょう。そのようなことにならないためにも身だしなみを整えることは社会人として必要なマナーといえます。

学生

20代

飲み会で先輩に「靴は目の届きにくいとこにあるから、その人の本性を見れるんだ」といわれた。身だしなみも社会人のマナーだと痛感した。

身だしなみを整える理由②:気持ちを切り替える

家にいる時には楽で機能性の良いラフな格好をしていることが多いでしょう。会社や学校または人と会う約束があった場合には身だしなみを整えて、その場にあったファッションや髪形、持ち物で出かけることになります。身だしなみを整えることで気分を切り替えることができます。

「さあ、出かけるぞ」とか「仕事だ頑張ろう」という気持ちになることができます。身だしなみを整えることで気が引き締まり、気持ちをこれから行く場所にあったものに変えてくれるのです。

関連する記事