カップルの喧嘩の理由・原因は?秀逸な仲直り方法!

カップルの喧嘩の流儀を10個紹介するほか、カップルの喧嘩の原因・理由もランキング形式で紹介!喧嘩が多くても仲良しなカップルの特徴、喧嘩が多くて長続きしないカップルの特徴のほかに「した方がいい喧嘩」「別れにつながる悪い喧嘩」なども紹介します。カップルで喧嘩をした後の5つの約束や秀逸な仲直りの方法なども紹介していくので、参考にして下さいね。

目次

  1. ラブラブの秘訣!?仲がいいカップルのケンカの流儀10パターン
  2. カップルの喧嘩の原因ランキングTOP5!【みんなの実体験 】
  3. カップルの喧嘩が増える時期は? 【みんなの実体験 】
  4. 喧嘩が多くて長続きしないカップルの特徴
  5. した方がいい、カップルの喧嘩7選
  6. カップルの別れにつながる悪い喧嘩3選
  7. カップルで喧嘩した後の、5つの約束とは?
  8. 喧嘩したカップルの秀逸な仲直り方法・謝り方
  9. 相手に仲直りを決意させる最適な方法って?
  10. カップルで喧嘩…ちゃんと仲直りしよう

ラブラブの秘訣!?仲がいいカップルのケンカの流儀10パターン

喧嘩が多いカップルにはどのような特徴があるのでしょうか。中には喧嘩をしたことがないというカップルもいます。初めのうちはお互い緊張感があるので喧嘩は少ないでしょうが、マンネリ化してくると喧嘩が増加傾向で喧嘩を理由に別れるカップルもいます。こうした特徴を理解することで喧嘩をうまく解決し、恋愛を発展させましょう。

(喧嘩については以下の記事も参考にしてみてください)

夫婦喧嘩の原因になる言動は?喧嘩の期間は?上手な仲直り方法4選!

1. 相手が立ち直れないような言葉

相手の欠点や失敗を口にして相手をやり込めてしまうと、喧嘩に勝った気分にはなれます。しかしそこに後味の悪さが残り疲れた状態になるのが特徴です。かえってその後の関係がぎくしゃくしてしまうこともあるでしょう。相手が立ち直れないような言葉は、喧嘩の時には口にしないようにしましょう。

2. 「別れる」の言葉はカップルでは禁句

喧嘩のときについ口に出してしまいそうな「別れる」という言葉があります。しかし後々取り返しのつかない結果を招くこともあります。そんなつもりではなくても、一度言葉になってしまうと取り消すことができないものです。もちろんLINEなどで文字として残すのはもってのほかですよ。

元々ラブラブのカップルなのですから「別れる」の言葉は禁句と決めておくと良いでしょう。

(喧嘩中の禁句言葉については以下の記事も参考にしてみてください)

旦那と喧嘩した時に絶対NGな発言は?離婚一直線の危険な言動10選

3. 「一度冷静になろう」の声かけ

喧嘩が次第にエスカレートしてくると、沈静化することが難しくなる一方です。その前にどちらからでもいいですら「一度冷静になろう」と声をかけてみましょう。できれば喧嘩で疲れたりする前がタイミングとしては良いでしょう。そこでお互いに一呼吸置くことができれば、喧嘩も次第に収まってくるはずです。

4. 過去のカップルでの喧嘩

喧嘩をしていると、はずみで以前の喧嘩のことを引き合いに出してしまうことがあります。こうなると、何が原因で喧嘩をしているのか分からなくなってしまうでしょう。過去の喧嘩を蒸し返すようなことは避けるべきです。

5.聞く耳を持つ

たとえ相手が激しい口調で何かを主張していても、それを遮って自分の言い分を返してはいけません。いつまでたっても喧嘩は継続したままです。相手が言い終えるまで黙って言葉に耳を貸してあげましょう。言いたいことを言ってしまうと、案外落ち着いてくるものです。それからゆっくりと話し合うと、喧嘩の原因や解決方法がすんなりと見つかるかもしれません。

6. カップルの着地点を見つける

関連する記事