コストコ会員証の入会方法は?一枚で何人まで?裏技でカードなしで買い物できるかも!

コストコを利用するには会員証が必須です。コストコ会員の入会方法、個人会員と法人会員の違い、会員証で入場できる人数、人数の子供のカウントは?など入会についての疑問はありますね。会員カードなしで買い物できる裏ワザや、使用可能クレジットカードもあわせて紹介します。

専門家監修 | コストコマニア コストコママ・Aya
Instagram
週1で通うほどコストコが大好きな関東住みの主婦です!コストコで購入した商品やアレンジレシピ、活用法などを発信していきます!
Instagram
週1で通うほどコストコが大好きな関東住みの主婦です!コストコで購入した商品やアレンジレシピ、活用法などを発信していきます!

目次

  1. コストコは会員証が必要!
  2. コストコは入店人数が決まっている
  3. 【コストコ会員証】会員カード種類について
  4. 個人会員証【ゴールドスターメンバーカード】
  5. 法人会員証【ビジネスメンバーカード】
  6. 【コストコ会員の入会】入会の方法は?
  7. 【コストコ会員の入会】年会費の支払いは?
  8. コストコ会員証はカード写真付き!
  9. 会員証提示で入店できる人数は?
  10. 【コストコ会員の入会】入会の特典は?
  11. 【コストコ会員の入会】法人会員へのサービス
  12. 使用可能なクレジットはマスターカードのみ!
  13. 支払いは現金よりクレジットカードがお得!
  14. メルマガ登録でお得にお買い物
  15. 大人数分の食品は断然コストコがお得!
  16. 裏ワザ!会員証入会なしで買い物する方法
  17. 会員証の入会なしで入店した場合の注意点
  18. コストコお買い物はマイバッグを持参しよう!
  19. 出口で必要!レシートはすぐ出せる所に
  20. コストコ会員証入会でアメリカンな買い物を!

満足できなかった商品は、会員特典で返品でき全額返金になります。満足とは、食品の場合は味の好みや傷みなどを指し、日用品の場合はサイズ違いや量の多さなども理由になります。返金期限も電化製品以外は期限も無く、食品も賞味期限以内であれば対応してくれます。電化製品のみ、購入から90日間以内であれば返品可能です。

食品など暮らしの必需品は、買ってみて口に合わないなどの理由で返品返金になるのは助かります。お得に購入できても、食品など無駄にしてしまうならお得の意味がありません。暮らしで使う物や食品は、納得した商品を誰もがお得に購入したいですね。返品期限も無いのは、日本のスーパーでは無く、コストコならではの会員特典になります。

(コストコの商品については以下の記事も参考にしてみてください)

【2021年最新】コストコおすすめ新商品・人気商品!カテゴリ別に紹介!

【コストコ会員証入会特典】年会費の保証

入会から1年以内の退会は、年会費が返金になるという会員特典です。入会したけど、行かなくなったなど理由はさまざまあります。会員側の都合で退会しても、年会費が返金になる会員特典は珍しいでしょう。しかし、退会してから1年経たないと、再入会や同住所の家族も入会はできないので注意が必要です。

【コストコ会員の入会】法人会員へのサービス

倉庫店なので、種類も豊富、1つの商品の量も問屋並に多いのがコストコ商品です。法人でコストコ商品を使用している企業も多くあります。

コストコは法人向けサービスがあり、法人会員には専門の法人担当者がつきます。商品の提案や情報提供、新商品の案内など、ビジネスチャンスを応援してくれます。ビジネス配送サービスというサービスもあり、EメールとFAXの注文ができ、配送エリアにより配送できるかや配送料もありますが、配達を行っています。

コストコでは法人会員さんの仕入れも歓迎してくれます。食品に関しても、種類豊富なコストコで仕入れする法人会員の方もいます。高額になる仕入れは、支払い方法も会社名義のクレジットカード決済にすると、クレジットカードのポイントも貯まり、貯まったポイントで従業員に還元するのもいいですね。

使用可能なクレジットはマスターカードのみ!

暮らしのお買い物はポイントも貯まるクレジットカード決済をする方が多いでしょう。コストコはクレジットカード会社を1社にすることで、カード会社への手数料コストを削減し、低価格での販売を行っています。使用可能なクレジットカード会社はマスターカードのみとなるので、カード決済希望の方はお出かけ前にカード会社を確認しましょう。

マスターカード利用でポイントを貯めよう!

食品など暮らしの必需品をクレジットカードでお買い物すると、ポイントがどんどん貯まります。マスターカードでもさまざまカードの種類があり、ポイント還元率やポイント利用条件は異なります。ご自分にあったポイント利点のあるカードを食品など暮らしの買い物用に選びましょう。

関連する記事