コストコの巧妙な罠!値段が高い・コスパ悪い商品の法則&実例20商品

コストコといえば、肉・海鮮・缶詰・飲料などの食料品から日用品、衣料品などバラエティ豊富な商品を、大容量で安く売っています。コストコの商品の中にはリピート率の高い商品でもコスパが悪いものや、実は高い買い物になっているものもあるんです。実例をあげてご紹介します。

専門家監修 | コストコマニア コストコママ・Aya
Instagram
週1で通うほどコストコが大好きな関東住みの主婦です!コストコで購入した商品やアレンジレシピ、活用法などを発信していきます!
Instagram
週1で通うほどコストコが大好きな関東住みの主婦です!コストコで購入した商品やアレンジレシピ、活用法などを発信していきます!

目次

  1. 【コストコ】実はコスパ悪い?実例&商品20選
  2. 本当は高い!コスパが悪いコストコ商品【日用品編】
  3. 本当は高い!コスパが悪いコストコ商品【食品編】
  4. 実は高い買い物?食べきれない!コストコ商品【食品編】
  5. 実は高い買い物?使い切れない!コストコ商品【日用品編】
  6. 味に難あり!?コストコ商品
  7. 質に難あり!?コストコ商品
  8. 高い買い物にならない工夫をしよう!

しかしこちらも、人気なのは理由があります。日本のメーカー品に比べてサイズが大きく、厚みがあって破れにくいと評判だからです。質感がやみつきになってやめられない、良品である、と口コミ評価も高いです。キッチンペーパーの質にこだわる人にはおすすめですが、節約重視の人にはコスパが悪いので不向きです。

本当は高い!コスパが悪いコストコ商品【食品編】

コストコで販売されている食料品もついつい大容量にひかれて買ってしまいがちです。節約派の人は単価をしっかり確認してから購入しましょう。

①さくらどり国産鶏もも肉2.4kg入り(単価が高い)

国産の鶏肉で味には定評があるこちらのお肉。国産という点は安心ですね。しかしお値段は2398円(税込)。100gあたり約100円になります。一般的なスーパーで100g80円前後で売られている時もあることを考えると決して安いとは言えませんね。

②たまご(単価が高い)

値段に変動があるので一概には言えませんが、コストコでは卵20個入りで大体300円前後~400円前後。特売日に近所のスーパーで1パック10個入り100円で売っていることを考えると、さほどコスパがいい食品とは言えません。

また、卵は20個入、60個入とコストコならではのまとめ売りをしているため、1~2週間の賞味期限を考えると消費の少ない小人数家族には向かないかもしれません。

③日本製のもの(単価が高い)

出典:https://www.pinterest.jp/pin/538180224220230736/

コストコはアメリカ生まれのスーパーなので、特に海外製のものは大容量で単価を安くして売っているものが目立ちます。逆に日本製のものは海外製と比べると高い印象を受けるでしょう。同じ日本製のものを買うなら節約のためにもコストコではなく、他のスーパーやドラッグストア、ディスカウントストアで買い物することをおすすめします。

実は高い買い物?食べきれない!コストコ商品【食品編】

関連する記事